【波多野結衣】結衣の、よく発達したクリと小○唇に、オヨヨ – パイパン全裸奴● 夫の部下に剃毛調教された巨乳妻 波多野結衣

本編はこちらから

パイパン全裸奴● 夫の部下に剃毛調教された巨乳妻 波多野結衣

女優名: 波多野結衣

結衣ちゃん+パイパン

波多野結衣のパイパン、これが最後となるかは不明ですが、とにかくヤラシイ事になっています。

結衣さんの出血大サービス「パイパン・オマンタ」大感謝祭です。

モザイクはきめ細かく丁寧に処理されています。

結衣さんの熱血・体当たりperformanseは最高です。

大胆なポーズの「オマンタ」ご開帳が全編に展開されていきます。

主演の男優さんは「ボー」とした風貌ですが、見せ場を良く心得ています。

個別評価は以下の通りです。

1)画質5 2)モザイク処理5 3)女優の美形度5 4)女優のエロ度55)女優の本気度5 6)カメラアングル5 7)体位のvariation5 8)「オマンタ」のご開帳度5 9)結合部分のアップ度5 10)バックからの「オマンタ」丸見え度5 11)ヨガリ声4 12)ヨガリの表情5 13)チンポコしゃぶりの表情414)男優力5 15)監督力5

ハードルは高い

個人的アーカイブ作品レビュー。

パイパン、放尿、乱交、まぁ彼女は容易いでしょう。

女優は良かったが、脚本がリアルさに欠けすぎて・・・

男性の願望だけで作った脚本のようで、現実のリアルさとは、ほど遠い物だ。

これなら別にストーリーが無くても大差がないような感じだ。

不満点・病院での有り得ない脚本(全裸、剃毛、行為、普通のアエギ声、など)・剃毛から日数が経過しても、全く毛が伸びない陰毛(いつも綺麗な土手)・社員宅で、責めている最中で、無いはずの電マなどが登場する(スタッフが渡したのだろう)・社員達の脱いだはずの服などが、いつのまにか無くなっている(スタッフが片付けた)・他、多数

全篇マンコのいたぶり

波多野結衣という大物AV女優の股間をパイパンにして、これ程までにいたぶり尽くした本作はAVの傑作と言わざるを得ない。

 3時間に手が届く長編ながら、開始31分で既に全裸になり剃毛シーンが始まる。

 その後はマンコに照準を定めていたぶり尽くす。

 48分では犬ションのポーズを下から撮り、続いて開脚クンニ、指マンと進みイクッ。

 強●自慰のシーンでは全裸、開脚で指を挿入、抜き差しして見せてくれる。

 3Pに移り、夫の前での絡みが続き、最後は男たちが去った後に夫の眼前で開脚、指を突っ込み、こういう女になった、と言う事を言い聞かせる。

 視聴者にとっては圧巻の映像を提供してくれているのだから星5つは当然の評価なのだが、小生は過去に星6つ、7つを進呈した作品が幾つかあるのだが、本作は星5つどまりである。

 それはストーリに惹かれるものが無く、あのシーンをもう一度見たい、と思わせる箇所がないからである。

 単なる猥褻画像の提供に終わり、エロティシズムを感じさせる作品ではない。

 AVを見過ぎて多少は贅沢になってしまったのかも知れない。

結衣の、よく発達したクリと小○唇に、オヨヨ

近頃は、いっときの「ギリモザ」状態までモザはよくなつて、アップ映像では凹のoutlineが、シッカリ…。

中身的には、どうということ、なかった印象。

2点オマケの「5」です。

本編はこちらから