【真咲南朋(楓モモ、安藤なつ妃)】責めのみ – 猟奇の檻34 真咲南朋

本編はこちらから

猟奇の檻34 真咲南朋

女優名: 真咲南朋(楓モモ、安藤なつ妃)

絶叫です。

ノーブラだけど白い衣服をまとった状態でのじわじわ責めが、割と好きです。

私が思うに、猟奇の檻の見所は、開脚拘束姿でのバイブその他の責めで、いかに狂おしくイッてくれるかという点でしょう。

このお姉ちゃん、合格です。

見て損はないと思いますよ。

膣、尻、尿道の3点責めは前代未聞

開脚椅子拘束が見せ場顔4イキ方3.5イキ回数43点責め5膣、尻、尿道の3点責めに敬意を表し満点尿道からパイプ抜くときの出産みたなヒィヒィ声は必見

目線が遠い所をさまようサマはイイものです

極太ディルドでの2穴責め+蝋燭のシーンが見所でした。

可愛らしい女の子が逝く時に絶叫しながら、遠いところに目線をさまよわせるサマはイイものです。

ただ、折角の見所でお尻のブツブツが目についてしまうアングルになってしまうのが残念。

何を

目指しているのか?安藤なつ妃は、暴力に関する作品が多いですね。

あまりにも悲惨すぎてHさが伝わらない。

違うやり方で表現してみても充分だとは思うが・・

なつ妃は~

~分厚いアヒル唇がチャームポイント。

激しいマジびんた炸裂から、ジャケ写と同じ状態で、何度イっても許されない、激しい二穴バイブ責めが続きます。

悲鳴を上げて涙を流し、口をパクパクさせて喘ぐマゾ娘は見ものです~!~。

責めのみ

責めが延々と続き、なぜそのような経緯に至ったかは描かれていない、責めオンリーの作品。

責め自体はスパンキングあり、股縄あり、開脚バイブ責めあり、蝋燭有りなど一通り揃えてあるが、それほど目新しい映像はない。

途中尿道にゴムホースを入れてそれを抜くシーンが一番良かった。

本編はこちらから