【星奈あい】その絡みは妄想かい! – 夫は知らない 〜私の淫らな欲望と秘密〜 星奈あい

本編はこちらから

夫は知らない 〜私の淫らな欲望と秘密〜 星奈あい

女優名: 星奈あい

中出しものなんだからジャンルに中出しを載せようよ

必殺の膣奥責めを決める佐川銀二を星奈あいが密着ホールドして中出し。

個人的にはこれだけで十分金出す価値があるんだけど、全部がいいわけではないので一応は他の部分にもコメント。

夫役が中途半端に年食ってて、くすんだ不健康な肌は女優とバランスが悪い。

別にカラミをさせるわけじゃないんだから、女優に合わせて若夫婦っぽく見える20代のエキストラはいなかったもんか。

妻が欲求不満でセックスしたい設定があからさまだったが、分かりやすくないと理解できないユーザーが少なからずいるのは他作品のレビュー見てても分かるので、作り手としても頭の痛いところだろう。

個人的には婉曲に匂わすほうが好み。

佐川に強引に迫られるたびにセックス直前でことごとく偶発的に夫の邪魔が入るという変則的な演出は面白い。

散々じらされたところで夫の留守中に佐川が訪ねて来る。

玄関のドアを開ければ絶対に犯●れる。

それが分かってるのに葛藤の末に鍵を開ける人妻のエロさが前半のクライマックス。

最初の本番は貧相な顔射がいまいち。

夫への罪悪感から身を引こうとするが佐川に犯●れると逆らえないという筋書きなんだけど、カラミ自体は罪悪感も背徳感もない淫乱セックスであり、このへんは女優の演技の引き出しの少なさ。

もうちょっといけないことしてる罪悪感や被虐感を出せるようになると最強なんだが。

自分を犯した男が奥さんとよりを戻したことへの嫉妬の感情というのはいいアクセント。

夫が酔いつぶれるのはありきたりなご都合主義。

いっそ佐川が睡眠薬盛るのを星奈が黙認するくらいの方がエロい。

最後の本番は夫が寝てるとはいえ、一つ屋根の下で大声出しちゃうのは個人的には緊張感なさすぎて好きじゃない。

中盤は疑似ハメなので本番は2回。

満点には届かないけど、全体的にはよく出来てる。

淫らな若妻

可愛い系を完全に消さず、それでいて若妻役もしっくり来る天才女優。

定番のデニムSEXは相変わらず良かった。

綺麗!

ハスキーボイスでヨガリ声がエロぃ?絡みも濃厚で最後の絡みは最高にエロぃ。

ただ墜ちるのが少し早いのが残念です。

もうひと工夫あっても良かったかも!

隠れた副題「尻」

嫁の尻を攻める姑の銀次。

それを追うカメラワーク。

映像制作の手本となるような作品でした。

女優さんは初見でしたがAV女優を続けてほしいですね。

密着中出しは◎

スレンダー好みなら買って損はなし。

顔に似合わず、悶えかたは激しい。

星奈あいさんの魅力がフルスロットルで展開!

大きな瞳、スレンダーな美ボディ、小っちゃめながら感度抜群の美乳、美尻と美脚、星奈あいさんの魅力が全開です。

童貞の僕が分かった「つもり」で言わせて貰えば「幸せな結婚生活って、逆に言えば、刺激や享楽とは対局にあるもの」なのかも知れませんね。

だから、加山(銀次さん)の、夫にはない逞しい身体、自分を見つめる卑猥な視線を敏感に嗅ぎ取ってしまうんです。

無意識のうちに誘ってしまうんです。

だから、銀次さんの巧みな口技と指技に、いとも簡単に堕ちちゃう、あいさんです。

でも、この時点では、心の中で「あなた、ごめんなさい」と呟いていたんです。

それなのに・・・。

あいさんの官能美に酔いました。

大きな瞳を閉じ、身体を仰け反らせて喘ぐ姿はエロ過ぎます。

最初は夫の居ない、つかの間の火遊びだったのに、夫が酔い潰れているのを見て、神聖な筈の夫婦のベッドで、全裸になり、夫のことなど忘れきって絡み合う姿は「背徳の極致」です。

しかも中出しされちゃうんです。

背徳のSEXが罪悪感を、かき消してしまった瞬間です。

興奮しました!何回もヌケました!勿論、最高評価します。

いい女優だが年齢が本作ヒロインには少し無理がある

本シリーズは不倫・寝取られもので、テーマから見てもヒロインの年齢は20代後半から30代くらいが適当なのではないだろうか。

星奈あいは若手ながら演技力も情感の出し方もベテランに引けを取らないのだが、やはり若すぎるのでは。

相手役男優との兼ね合いもあるが・・。

ストーリー自体は悪くない。

エンディング、ジョギングに出ていく夫と入れ替わるように不倫相手がやって来て部屋で貪るようにセックスする。

まさに「夫は知らない~」が上手く表現されている。

とにかく可愛い!

ストーリー?設定?そんなものどうでもいい!とにかくあいちゃんの可愛さが詰まった作品でした。

かわいい!

旦那のそばでとか、いい所で旦那が来るとか、いいですね段かい踏んで最後に中だし、いいですね

とにかくいやらしい

このシリーズは非常に好きなんですが、あいちゃんのヤらしさが炸裂していて、いつも以上にエロい仕上がりになっています。

相手役の佐川氏も昔はあんまり好きではなかったんですが、最近は結構ねちっこく絡んでくれるし、あいちゃんのエロさに感化されてさらにパワーアップした印象。

あえて言えば、最初の絡みから最後に至るまでの間にもう少し起伏が欲しいですが、あいちゃんのエロさが際立っているので、これはこれで満足しました。

尻フェチにはタマラン

このシリーズは尻がメイン、ピタパンの人妻を寝取るのがテーマ。

また、寝取り男優も中年を使い若妻が段々と落ちていくのが良かった。

その絡みは妄想かい!

最初に襲われるところからノリノリで寝取られていて、抵抗感はほぼゼロ。

ならばこそ、最初の玄関シーンでハメてくれれば盛り上がったのに焦らされて、その後なかなかハメシーンに行かない!途中if展開的な妄想シーンの絡みなどはさんでいるけど、別シチュってことにしたら良かったんじゃ。

ハメ回数が少なく感じてしまうほど、焦らす展開が目立ったので少し残念。

冒頭の玄関シーン(ハメなかったけど)と、ラストの中だしは◎
本編はこちらから