【伊賀まこ】チャレンジは立派。でも、なんでこうなるの? – 【※異常なる大絶頂】エロス最大覚醒!性欲が尽き果てるまで怒涛のノンストップ本気性交 伊賀まこ

本編はこちらから

【※異常なる大絶頂】エロス最大覚醒!性欲が尽き果てるまで怒涛のノンストップ本気性交 伊賀まこ

女優名: 伊賀まこ

ここまで激しく

なるものですね。

適度な首締めや巨漢に責められ興奮しました。

デビュー見てたので完全にav女優となりました。

演出バッチリ

ガリガリ女のいいスケベさが出てる良作でした。

少しだけ、視聴者が置いてけぼり感ありました。

文句なし

他の作品は必要なし!これだけで何もいらない!そんな最強エロビデオだ

彼女の変態性と耐久性が暴露されるS1の鈴村あいり

ショートカットで 女優の竹〇玲〇似の彼女だが そのエロさは交わる体液くらいから垣間見れてはいたが、今回の作品で完全に そのエロさというか 性癖の変態性とあそこの耐久性をありのままも見せてくれている。

1回戦のしみけんとの絡みが 3回ある絡みの中で ダントツに変態性を見せてくれる。

手足を固定されることで、より変態性をさらけ出す まこ嬢。

秘部から,あふれ出す汁は 滑りをよくするためによく女優が使用するローションでもしこみのメレンゲでもなく 正にまこ汁なのである。

絶叫というより咆哮と言っていいような声をあげ トランスに近い状態に陥るが意識を辛うじて保つ プロ根性。

首絞めをされ 尻を叩かれ 竿を喉の奥に何度も突き刺され 涙を流すほとんど、女優という扱いでなく 肉便器状態だ。

それでも彼女は最後まで、意識を飛ばさず絡みを完遂させる。

2回目は 森原だが 1回目の絡みが凄すぎて 霞んでしまう。

その森原をもってしてもだ。

3回目は 3Pだが ここでも充分な変態性を見せてくれる。

S1でここまで 吹っ切れた女優が過去にいただろうか。

インタビュー時は おっとりとしていて、絡みになると爆発させる様は S1の鈴村あいりと言って過言ではない。

余談であるが 改めてしみけんの男優としての スキルの凄さを思い知らされたここまでやれるのであれば たかしょーとの絡みでも ここまで追い込んでほしいものだ。

細すぎ

内容は物みたいに犯●れてて最高でしたがちょっと細すぎますもうちょい肉をつければ顔もかわいくなるのでは

獣のような変貌ぶりが素敵すぎます

冒頭のインタビューから文字通りのヤル気を感じました。

今までの作風とは違い、徹底的なヤリまくりモードで疾走しています。

個人的には中盤の口内発射後の反応ぶりが良かったですね。

他にも乳首を吸われて、ほんのりと乳首周辺が腫れるまでの感じっぷりもGOOD!汗で肌に貼りついたような髪の濡れ具合や、首を絞められての責め方にも興奮させられました。

喘ぎ声というより呻き声での乱れっぷりもいいですね。

こういう女の子はやっぱりセフレにしたいです。

この作品にはそんな要素を感じさせるエロスが見受けられました。

3Pが貞松では伊賀まこのことを逝かせきれず。今井勇太が大量顔射!

しみけんとファーストスクラム。

壁ドンベロンベロンチュウの後、オイル塗り。

ベロチュウ正常位で余りの気持ちよさに鼻水を垂らす伊賀まこ。

騎乗位、バックでガンガン突かれた後、再びベロチュウ正常位で下をべろんべろんに絡ませ、自らしみけんの顔を舐めまくりながらヨガる伊賀まこ。

しかしせっかく精子大量に出せるしみけんなのに腹出しは勿体なかった。

思いっきり顔射して欲しかった・・。

しみけんとの対戦を終え、シャワーを浴びているとシャワービームをオマンコに当てられヨガる伊賀まこ。

オマンコが綺麗になったところで森林とセカンドスクラム。

背面騎乗位突き上げピスでそこそこ逝かされる伊賀。

正常位からショボ汁顔射・・。

やはり森林でなくしみけんに顔射して欲しかった。

ベロチュウシーンがほとんどなく(森林は無理なのかも)余りエロさを感じなかった。

サードスクラムは伊賀対今井勇太&貞松。

なぜ貞松?。

これでは1対2でも伊賀に勝てないぞ。

貞松のハメでは伊賀まこのことほとんど逝かせられず演技逝き連続。

今井にかけるしかない。

今井の激ピスバックでアヘる伊賀まこ。

貞松が正常位から顔射も口元射で全然ダメ。

今井が正常位から顔全体、髪の毛、肩までぶっとぶ大量顔射。

これは素晴らしい。

3Pに貞松を起用しないで欲しい。

AV女優は,エロ強くあれ!!

体力自慢のAV男優と細身のAV女優のガチ性交。

オイルでテカらせたスレンダーボディーを徹底的に攻められ,激しくイキまくる伊賀まこ。

また,勃起チ○ポでの喉奥フェラも強烈です。

オ○ンコが壊れてしまいそうなピストン攻撃に大絶叫で対応する,エロ女,まこ。

あまりの刺激に口内汁やマン汁を溢れさせ,潮噴きもド派手です。

髪を振り乱したり,肌にへばりつく髪に,プレイの壮絶さを感じます。

可愛らしさ,絶品ボディーも重要だけど,何よりも,AV女優は,エロ強くあれ!!「ますますAVにハマったか,もうこんなプレイはしたくないか」どう思ったんでしょうか,伊賀まこ。

本気性交でまこの喘ぎ声が!?

デビュー作品からレビューしているのですが、当初ソフトプレイで普通な喘ぎ声でしたが、作品が増えていくつれに絶叫系の喘ぎ声になってきました。

表情が豊かで悪くはないですし、小振りというか貧乳と美乳の間のおっぱいなのでたいして揺れはしませんがキライではないですね。

アンダーヘアなしのマンコを観ていても興奮しますし。

いいねぇ!!

まこちゃんの満足した顔が見てみたいです!!あそこまで激しいプレイをしてもまこちゃんはまだ満足してないように感じました。

出来るならまこちゃんのアナルを開発して、まこちゃんのアナルとマンコにぶち込んでドリルバイブとかぶち込んでめちゃくちゃなまこちゃんを見てみたいです!!無理かなぁ?

迫力満点でナイス!

禁欲解禁で超ヤル気マンマンの伊賀まこ。

相当飢えていたようだwその予想通り、イキまくりでビックリするくらいヨガリ狂っていた。

べろんべろんの貪りまくりのベロキスは呆気に取られるほどだった。

ちょっとやばいよ、伊賀まこwギャップ感、ハンパない。

イラマの呻き声は野獣のようだし、もちろん潮吹きまくり!髪を振り乱し、口に手を突っ込まれても首絞めされても身悶え壮絶にヨガリ狂っていた。

痩せ女の呆れるほどの性欲全開、迫力満点でナイス!

異常なる大絶頂過ぎて、ちょっと飽きるかな

【※異常なる大絶頂】エロス最大覚醒!性欲が尽き果てるまで怒涛のノンストップ本気性交伊賀まこ、とあり、中身はタイトル通り、とにかく、イキまくっているが、ちょっと単調な展開のような気がする。

ルックスとのギャップが凄い!

清楚で綺麗なお姉さんって感じのまこちゃんですがインタビューの内容もエロエロだし禁欲して感度が上がっているせいかちょっと撫でられただけでエロい感じで喘いでます。

ねっとり、そして激しくたっぷり責められ凄い声で喘いでくれて男優はさらに興奮するのかなかなか止めないのがイイし最初のマットレスに手足を拘束しておっぱいを舐め回し、クンニ、オイルでヌルヌルにされさらに責められるシーンは最高でした。

次はレ●プ作品で同じように拘束されて犯●れるまこちゃんが観たい~☆5個では足りない激シコの作品です。

とにかくかわいい

とにかくかわいい。

表情が素敵です。

スレンダー好きにはたまりません。

イクときの表情必見です。

まこちゃんの虜になること間違いなし。

チャレンジは立派。でも、なんでこうなるの?

日本のAV界は、女優さんの育成を、どう考えているのでしょうか?若い男のおかずを量産すればいいんですか?やらせまくりで引退して終わりで、それでいいのですか。

一般人で奇麗な女の子の中は、本人がばらさないだけで、実際、千人斬り以上を経験し、さっさとお嫁さんに転身する人がいます。

でも個人の自由ですから、批判などしません。

ただ、この子は、女優さんなんです。

そして、セクシー系、と決めたなら、ファッションやしぐさ、知性、トーク力などを高めて、本当のいい女に仕上げてください。

確かに、技だけなら、この作品にあるように、一般の女の子も実は、したがっているローションプレイもあります。

まこさんが言っている、挿入しながら、やさしくアナルに指を徐々に深く入れてGスポットや子宮を刺激し、女性を宇宙の果てに誘う方法もあります。

ただし、それは互いに相性を確認し、心と心を交わしあいながら、双方が悦びを高める、性愛の極致です。

でも奇妙な電動器具を乱暴に差し込まれるなど論外だと思います。

「抜ける場面」を求めてシーンが早回しされるせっかちな時代。

しかし性愛には理由があります。

そこに心と動機がなくてはいけません。

女の子だって、こんな可愛い子がエッチを探求する姿なら、「こんど彼氏と試してみたい」と思うはず。

女子ファンも、もっと増えるでしょう。

一人の、素朴な女の子が徐々に成長していき感度を超過敏に上げ、同時に、一流の男優さんが思わず声をもらしてしまうような、この子だけには仕事を忘れて夢中になって、両者気を失うような画面が見たい。

最後の顔放出などいりません。

まあ、それが映像として成り立つかどうかはプロの皆さんの腕です。

「隣のお姉さん」「兄と妹」など陳腐なお芝居はこの子に合っていません。

私は一介の求道者です。

青春期に愛した女子大生。

この子から性の原則、深さを思い知らされました。

予測不可能な順番で手や指や舌、唇でそっと刺激しまくられ、様々な方法で静かに快楽の頂点をずっと持続され、あえぎまくって気を失いました。

ある女性は目が上を見て動かなくなるほどぶっ飛び意識が戻りませんでした。

私は放出ぜず、ただ入れたままです。

何回も締め付けられ、吸い上げられているのに、本人は痙攣を繰り返し、勝手に何度も何度も、頂上のまだ上に昇っていきました。

互いを開発しあいました。

まこさんには、その資質があるからこそ、どうしても期待します。

本編はこちらから