【川上ゆう(森野雫)】気になった事 – 母子交尾 [黒磯路…冬]

本編はこちらから

母子交尾 [黒磯路…冬]

女優名: 川上ゆう(森野雫)

羨ましい絡み

義理の母子という設定に一抹の不満を覚えたが、それでも最上級。

義理の息子に向ける情愛が、義母役の嬉しそうな表情によく表現されてます。

熱っぽい絡みは見てて引き込まれます。

良かった

川上さん、男優ともに本気印で絡んでくれました。

特に濃厚なキスシーンは圧巻でした。

欲を言えばもう少しテンポ良くしてほしいと思いました。

本番をする名女優

表の女優は本番をやらない、しかし、川上ゆうはそれをやる 本物の名女優。

内容はこのシリーズで義母、息子の関係はあまりないストーリー。

この作品では義母に淡い恋心を持つ義理の息子、義母は息子を愛おしく思うそんな二人が旅行に出て自然と肉体関係を結ぶ。

どちらかと言えばあまりエロ、やらしさを感じさせない川上ゆうの素晴らしい演技であった。

結合している時の息子を見る優しい眼差し、表情が素晴らしく又、カメラワークも良く見入ってしまい最後まで抜かず仕舞い。

これからも良い作品に出て演技を磨いてほしいと思う。

ストリー   A女優、演技  AAA男優 演技  Aカメラワーク A

間違いなく1級のAV女優

亡夫そっくりの義息と暮らす未亡人(川上ゆう)。

引篭りがちな義息を旅に誘うが、宿で「ゆうさんって、いつまで家にいる気なの?」「どうして? 私がいると迷惑?」「迷惑だよ、俺が好きな人が母親として家にいるなんてさ」とキス。

耳朶を舐められ、乳を揉まれ、クンニ、まんぐり返し、指マンされながらアナル舐め。

乳頭を舐め、睾丸や陰茎をしゃぶる。

正常位で交わり、騎乗位、後背位、立ちバックで腰を振り、正常位で「真ちゃんのいっぱい欲しい、欲しい、欲しい」。

露天風呂で舌を絡め、乳頭舐め、手コキ、尻コキ、フェラ抜き。

浴衣の上から乳首を弄られ、耳朶や首筋や乳首を舐められ、フェラ、69。

騎乗位で跨り、前座位でしがみつき、正常位で勢いよく腹射。

背徳感は弱いが、愛の交歓が細やかに描かれている。

肌が綺麗でほどよく脂が乗ったゆうさんは、仕草の1つ1つが男心をくすぐる。

フェラのテクニックも抜群。

間違いなく1級の女優だ。

☆☆素晴らしいエロさ

川上さん熱演。

本気で役になりきっての絡みがすばらしい。

演出、カメラもよかったです。

義母とはいえ、若すぎる。 異母姉弟でも良いのでは ??

川上のポッチャリ顔が「義母」に違和感を持たせるのだが、それは措くとして、二人は熱の入った絡みを見せてくれる。

 本シリーズの短所だった暗い照明も本作では改善されているが、モザイクが他社に比べて粗く、川上のマン筋までは読めない。

 マドンナであればもっとハッキリ見せてくれるのだが、、、。

 寝所に入ってからの会話とイチャツキは本当の恋人同士のようでうらやましい。

 AVとしては絡みが2回で物足りないし、いやらしさが不足である。

 翌朝、疲れ果てた男をもう一度起たせる為にオナニーを見せて迫る、など女の底知れぬ性欲を描けば星5つにしたのだが、、、。

 川上ゆうを意識し過ぎたのか、きれい事で終わってしまっているのが残念。

 本シリーズも回を重ねてきたが、女優を代えただけの同工異曲が多く、そろそろ女優に頼るのを止めてストーリに智恵を出したらどうか。

大当たり

皆さんのレビューの通り大当たりでした。

川上ゆうさんのファンの一人ですが、残念ながら作品により当たりはずれがありますが、この作品は彼女の良さが出ていて良い作品となっています。

ただ残念なのは、これもレビューの通りですが撮影者の影が映っており、一瞬にして気持ちが醒めてしまいます。

まあそれにしても良い作品です。

気になった事

よい出来栄えだと思いますが、2人だけの部屋の机におしぼりが3個ある事、33分過ぎ横にあった下着が勝手に動いて視界から消えた事の2点で最高点は付けません。

本編はこちらから