【伊原詩織】綺麗な人なのに、もったいない – 母子交尾 [渡良瀬路] 伊原詩織

本編はこちらから

母子交尾 [渡良瀬路] 伊原詩織

女優名: 伊原詩織

男を悦ばせるための躰

就職した息子「達明」に初月給で旅行に誘われた「詩織」(伊原詩織)。

大胡駅から宿に向かう途中で、「お母さんのこと女として好きなんだ」と告白される。

抱擁し、キス。

宿の客室で「せっかくキスしてあげたのに、元気ないわね」と言えば、「キスだけじゃなくて、もっといろいろなことしたい」と乳を揉まれる。

「ちょっと、駄目よ」と抗いながら、乳吸い、手マン、クンニ、指マンでイカされる。

乳を吸われながら手コキ、即尺し、口内射精。

勃ちっぱなしの男根を、正常位で挿れられる。

前座位、騎乗位、正常位で「このまま出していい?」と問われ、「駄目駄目」の制止も虚しく膣内射精。

露天風呂で勃起を握らされ、乳を吸われ、フェラ抜き。

浴衣を着、布団で膝枕し、乳を吸われる。

耳朶や首筋や背中や尻や足指や陰核を舐められ、フェラ。

正常位、後背位、正常位で胸射。

偽乳で、アナルも使い込まれた詩織さん。

男を悦ばせるためだと思えば、いじらしい。

綺麗な人なのに、もったいない

パッケージを見るといいプロポーションで、おっぱいの形もいいし、腰のくびれ方もいい、それなりに綺麗な女。

これだけで抱きしめたくなる。

年齢は丁度40?でも、ひざ上のスカートは全然似合っている。

こんなおしゃれがお母さんはいるにはいるでしょう。

息子にキスをしてあげる姿はうらやましくなる。

演技はまあまあで、脱ぐ前のブラが見えるセーター姿がエロい。

息子が飛びつきそれを拒む時の演技はとてもいい。

しかし、なんか物足りない。

これだけ綺麗なんだから、わざわざ偽乳にしなくてもいいのに、と思う。

この人なら例えば小さな胸でもいくでしょう。

そこが残念。

本編はこちらから