【きみと歩実】でかい – 課外性奴 きみと歩実

本編はこちらから

課外性奴 きみと歩実

女優名: きみと歩実

ウグイスの谷渡り

4つのシーンで構成されております。

個人的に2つめのシーンが印象に残り他のシーンは普通といった印象1お仕置きSEX。

手マンに尻ビンタ、イラマに頬ビンタ、イラマ散歩、首締めSEX2緊縛玩具責め~フェラ抜き。

後ろ手拘束ハイレグレオタードにバイブ固定された状態でのイラマからのウグイスの谷渡りピンホイール責め~フェラ抜き3調教SEX首輪とパンティを身に着けた状態での舌出しながらの四つん這い歩き、イラマEX、手マンイラマ、自分首締め強要SEX、ブリッジSEX4仕上げの玩具責め椅子にM字拘束された状態でのバイブ固定や電マ責めピンホイールに首締めで本番がなく物足りない。

なんでそのアングルなの??

女優はがんばってます。

だがジャケ写にある軟体ポーズは数秒で終了し、お決まりの体位のオンパレード。

あとイラマチオ、仰向けイラマチオの時になぜ画面の半分が男のケツを占めるようなアングルにするのか?とくに仰向けフェラの時は女の下顎しか見えなくても、顔を失ってトルソのようになった女の裸が醍醐味なんで、逆さになった顔ばかり撮影しても意味がない。

しかも画面の半分は男のケツ。

きみと歩美は巨乳ではないが仰向けで胸を張ったときの姿が美しく、仰向けフェラにうってつけの女優なのに。

だいたいこのポーズが好きな男は顔がなくなることに燃えるということを監督やカメラマンはわかっていない。

だって実際その行為をする人は女の顔は見えてないでしょ?じゃあなぜやるの?別に顔は見たくないからなんだよ。

なんでもかんでも顔だけ撮してればいいと思っている制作者は本当に浅はか。

または実践の経験が少ない半童貞。

よって☆一つ。

タラレバは無いのだが残念…。

如何せん巨大で濃すぎるケシがマイナス。

照度が無さ過ぎる点も然り。

内容が良かっただけに、尚更残念。

アリスではなく「脅迫in~」であったならば、恐らくフルマークであっただろう。

内容的には脅迫スイートルームそのものです。

最近の脅迫スイートルームが、凌●系の老舗という感じの女優ばかり使い目新しさが全く無いので、このシリーズと「カミングアウト本当の私を見てください」シリーズなどへ移行した感じでしょうか。

新鮮さという観点で昔の良い頃のスイートルームという作品です。

後々、このシリーズに出た女優を複数出すこともあると思いますが、その時は奴●を競わせ、点数をつける嗜好が面白いですね。

犬這いレース、裸踊り採点、股綱渡レース、乳首&マンビラ綱引き、男いかせ&ごっくんレースなどなど見世物にして徹底的におとしめる内容にして欲しいですね。

負けた方にはとんでもない罰ゲーム与えるとか・・今回の作品は少し物足りない面もありましたが、今後の期待感を込めて星5つです。

涙ぽろぽろ、えづき汁ありのイラマが良し!

女優にはそんなに期待していなかったのですが、ハード嫌い、SM嫌い、涙の出るイラマ好きという立ち位置の小生には、ぴったりの作品でした。

本作には、イラマチオと軟体プレイという2つの見どころがあります。

まずは、イラマ深さはないものの、喉奥に当たった時の反応が良い!小生にとって深さは全く重要ではないし、えづきあり、えづき汁あり、涙が一粒ではなく何粒もこぼれるのが最高に良かった。

一回のイラマで涙が4~5粒見られるなんて、なかなかないです。

本作では少しですが、イラマの時に女の子とは思えぬ声が出たり、オロオロと言う音が出るのも良い。

こういうイラマが好きです。

そして、軟体プレイ最近は歩実ちゃんの作品でも軟体プレイが無い物もありますが、本作ではきっちり、しかも、ちょっとS要素を入れた変則的な軟体体位で良かった。

ソファーでの軟体首絞め(?)バックは、尻肉や開脚が楽しめてかなり良し。

(余談ですが、軟体のプレイでもブリッジはパワー系なので嫌い。

SM要素がソフトなので小生には見やすく、きみと歩実ちゃんをそこまで好きじゃなかったのに、かなり抜けました。

抜ける要素がきっちりある良作品だと思います。

素晴らしい

全くこの女優に興味無かったのですが、一気に好きになりました。

ここまでハードに攻められマゾメス化した姿を観れたのは素晴らしい作品です。

ラストのプレイはリバースするのではと思うほどのイラマチオで興奮しっぱなしでした。

女優のドM度と軟体変態ポーズが最高に興奮する

この娘の従順に服従するドMさがいい。

バレエをやっていただけあって、大開脚だったり、がに股的なポーズだったり卑猥な恰好が興奮する。

立ったままY字開脚のように方足をまっすぐ上に伸ばさせ、そのまんこを嬲って、快感に耐えるところがいい。

ドMのバレエ経験者は最高!「つま先!」とつま先姿勢を命令・強●し、従順にどんな恰好でもつま先立ちの何とも卑猥なポーズのままハメられたりイラマされたりと変態的。

「ブリッジしろ!」と命令され、ブリッジの前と後ろとで口とまんこを●すのも斬新で、軟体ブリッジを必死に維持しているところがドMで健気。

欲を言えば、これだけの軟体を持っている女優なので、思いっきり恥ずかしいがに股で腰振りマンずり、腰振りダンスとかの卑猥で恥ずかしい恰好を増やしてほしい。

今回もっとも最高な場面は、ブリッジで後ろからハメられているなか、男が口の中に思いっきり足を突っ込んで、そのまま逝ってしまうところ。

目一杯足を突っ込まれるという最高の屈辱と酷い扱いであるがそれでも逝ってしまうマゾ。

いかにもSM的に痛めつける作品は山のようにあっても口に足を突っ込むという単純に酷いことをする作品は何故かほぼないので、個人的には最高に興奮できる場面だった。

この場面だけで何度も抜けた。

もっともっとこういった酷い扱いをする作品が増えれば嬉しい。

でかい

内容は悪くない。

きみと歩実ファンとしては、まずまずの出来です。

やはりショートヘアが一番似合う女優さんです。

しかもしなやか体と、愛らしく可愛い容姿、最高です。

しかし、今回は、モザイクがデカ過ぎ君、というのが一番の感想でした。

本編はこちらから