【天海しおり】キスを嫌がる哀しい女優 – 近親相姦 母子受精 天海しおり

本編はこちらから

近親相姦 母子受精 天海しおり

女優名: 天海しおり

笑窪は可愛いが

父親は出張、母親「天海しおり」はカラオケに行き、子供部屋のベッドでエロ雑誌をおかずにセンズリする「修」(瀧口明宏)。

携帯にしおりから着信し、飲み過ぎたので迎えにきてくれと頼まれる。

水色のタンクトップと黒地に白い格子柄のスカートの上に白いジャケットを羽織ったしおりを、連れ帰る。

ソファで潰れるしおりを放置し、自室でセンズリを再開。

缶ビール片手のしおりに乱入され、慌てて雑誌を隠す。

だが、見つかり、「すっごい。

Hね」とからかわれる。

やり場のない性欲をしおりに向け、胸を揉む。

「修、ちょっと、なに、やめなさい」と拒まれながら、スカートをまくって尻を撫で、ショーツの股間に触る。

ジャケットを脱がし、耳朶や首筋を舐め、タンクトップをたくしあげて胸をしだき、ショーツの股間を擦る。

ブラをはだけて乳首をつまみ、吸う。

スカートを下ろしてショーツを絞り上げる。

ショーツを下ろしてクンニ、指マンし、潮を噴かせる。

スウェットパンツを下ろしてイラマ。

正常位で抽送し、「お母さんおかしくなっちゃった。

あっ、あっ、あっ、あっ、イッちゃう。

ね、やめて。

ああ、イクッ」と追い上げる。

後背位、後座位、正常位で「イクよ」「修、やめなさい。

やめ、やめなさいってば。

嫌ぁぁーっ」「ああ、ああイクよ、ああイク、んんんんーっ」と中出し。

翌朝、赤いシャツとピンクのスカートの上に水色のエプロンを着けて、キッチンに立つしおりに、もうあんなことをしないと約束させられる。

ソファで洗濯物を畳むしおりは、修との相姦を思い出し、乳揉み、マンズリ。

しおりの入浴中に洗面所で下着を物色した修は、強引に混浴。

手桶で湯を掛け、背中や乳や陰部を手洗い。

フェラ、パイズリ、手コキさせる。

立ちバックで犯そうとし、突き飛ばされる。

ショーツを穿いてバスタオルを巻き、布団で打ちひしがれるしおりに、迫る。

胸を揉み、耳朶を舐め、キス。

バスタオルをはだけて乳首を吸い、ショーツに手を入れる。

ショーツを下ろしてクンニ、指マン。

フェラされ、69。

正常位、前座位、対面騎乗位で貫き、花時計で背面騎乗位にし、後背位で突きまくる。

正常位で「母さんの中でイクんだ」「駄目よ、駄目よ、やめなさい。

いい子だから、やめて。

お願い、やめなさい。

ああ、お願い、やめなさい」「ああイクよ」「やめなさい」「ああイクッ」と膣内射精。

笑窪が可愛いしおりさんだが、たしかにキスを嫌がる様子が覗える。

キスを嫌がる哀しい女優

この女優さんは最後まで舌が出てきません。

どうやらベロキスを拒否っているようです。

これではどうにもなりません。

本編はこちらから