【春咲りょう】お疲れ様でした! – 伝説の超高級サロン 究極のM性感 秘密倶楽部 吹きだす男潮!責めて虐めてイカせまくる! 春咲りょう

本編はこちらから

伝説の超高級サロン 究極のM性感 秘密倶楽部 吹きだす男潮!責めて虐めてイカせまくる! 春咲りょう

女優名: 春咲りょう

真性のドM

いつも受け身な、りょうちゃんがムチを振る姿が見れます。

男優も本物のドMなんだろうなぁと思うような反応をしていて、観ていて痛そうとかではなく気持ちいいのかもと思えてくれる。

お疲れ様でした!

M性感という作品の性質上仕方ないのかもしれませんが、どのシチュエーションもとにかくM役男優の主張がスゴくて、女優さんのセリフとの温度差があり少しうるさく感じてしまう場面が多かったように思いました(笑)観ていてエロに集中できずに笑ってしまうようなシーンも多々ありました。

作品内容自体は春咲りょうちゃんの優しくなだめながらM男を導くようなキャラクターが、女王様というか母性のようなものを感じさせる雰囲気もあり、これまでの作品とはまた少し違ったりょうちゃんの魅力を感じることができました。

最後のチャプターでは4人のM男とのプレイ途中に2人のチンピラ役の男優が乱入して強引に乱交になるという流れで、M性感どこ行ったみたいな感じだったんですけど、何か中途半端な設定な気がしてしまって残念でした。

どうせなら最後までM性感の女王様プレイを貫いた上での乱交に持っていくような展開にして欲しかったです。

春咲りょうちゃんは今作がプレステージ専属としては最後の作品とのことで、個人的には専属当初から作品を観させてもらっていたので、これがラスト作品として観た時には感慨深いものがありました。

デビュー時から成長したと思える部分とまたずっと変わっていないと思える部分もあって、そういう絶妙なバランスが春咲りょうという女優さんの新鮮さを失わせない1番の魅力であったように思いました。

改めてこれまでの作品も見返したくなりました。

本当にお疲れ様でした。

本編はこちらから