【真中真奈美】男優が酷すぎる – 親戚のおばさん 真中真奈美

本編はこちらから

親戚のおばさん 真中真奈美

女優名: 真中真奈美

天然クロマグロ級の魅惑の豊満ボディ

かわいい美人さんで笹山希さんを少し小型にした感じ。

胸も尻も量感のある天然の豊満ボディ。

お腹の肉感がそそる。

肌の色艶も良く、剛毛も天然そのものでエロチック。

演技はともかく、この魅惑の裸体を見るだけでも価値がある。

東京近県の田舎から出てきたような純朴な雰囲気があり、前作は現役人妻保母というのも頷ける。

パケ写のキャッチコピーに「女としての甘い罠を仕掛ける」「ド淫乱だった」とあるがそういう感じの人ではない。

「裸体千両」の究極の癒し系女優だと思う。

可愛らしい貌立ちで巨乳だが、下腹に脂がついていて、演技も拙い

叔母「真中真奈美」の家から専門学校に通う「弘之」(瀧口明宏)。

入浴中に全裸でシャワー・カーテンを開ける真奈美に、慌てる。

「ごめん、出るよ」「いいじゃない、いいじゃない、ちっちゃいころはよく一緒に入ったでしょ」と湯船に割り込まれるが、退散。

ヴェランダで洗濯物を干す真奈美の、ピンクの半袖カーディガンの襟ぐりから覗く胸の谷間や、白地にオレンジ色の花柄のタイト・スカートからちら見えする白いショーツに、眼を奪われる。

洗濯物を取り込んでリヴィングで畳む真奈美を、手伝う。

「ちょっと、そんなに丸めたら、皴になっちゃうよ」と、背中に密着されて畳み方を手ほどきされる。

掌で勃起を隠せば、「どうしたの、変なところ押さえて」と見つめられる。

たまらず押し倒して胸を揉む。

抗われながら、ソファで太腿をまさぐる。

両腕を挙げさせて手首をつかみ、腋汗の匂いを嗅ぐ。

カーディガンの前を開いて胸をしだく。

カーディガンを脱がして舌を絡める。

白いブラをずりさげて巨乳を揉む。

乳首をつまんで吸う。

タイト・スカートをまくって股間をいじる。

ショーツを脱がして即舐めと指マンで潮を噴かせ、即尺。

後背位で犯して、後座位、正常位、裾野、正常位、杵担ぎで中出し。

我に返ってティッシュの箱を取ってくる。

洗面所でレモン色の半袖シャツと水色のタンクトップと白地に紺の格子柄のスカートと薄桃色のブラとショーツを脱いで、後ろ髪をクリップで留めた真奈美が、浴室の湯船に浸かる。

全裸で乱入した弘之は、真奈美を引き留めて、湯船に入り込む。

手柄杓で湯を肩にかけて、べろキス。

立たせて巨乳を揉み、手マンし、尻コキ、手コキ、パイコキ、乳首コキ。

マンズリする真奈美に、吸茎されて口内射精し、ごっくんされる。

間借りしている部屋のベッドで、「こんなことしちゃって、本当はいけないことだって分かってるけど、もうどうしようもないくらい真奈美さんのことが好きなんだ」「しょうがないわね、弘之」と抱擁される。

舌を絡めて胸を揉む。

白いスリップをはだけ、巨乳をしだいて乳首を吸い、股間をまさぐる。

ショーツに手を突っ込む。

股布を絞り上げる。

スリップを脱がして股間をいじる。

ショーツを脱がして陰核やアナルをねぶる。

指マンで潮を噴かせて、吸茎、パイコキ。

対面騎乗位、背面騎乗位、撞木反り、後座位、後背位、後側位、正常位で膣内射精して、お掃除フェラ。

ひしと抱きしめて、乳首を吸う。

男優が酷すぎる

ダメだこりゃ。

男優がクソ過ぎて全然面白くない。

真中真奈美さんの反応も1作目とは全く違って、ただ台本通りやってるだけって感じ。

売れてる同じ男優ばかりもつまらないけど、ド素人みたいなクズ男優は論外だぜ。

真中真奈美さんが生かされてなくて、ほんと最悪。

本編はこちらから