【あゆな虹恋】アロマな作り – 【VR】ハチャメチャOL総務部2課

本編はこちらから

【VR】ハチャメチャOL総務部2課

女優名: あゆな虹恋

良い!

キャスター付きのイスにM字開脚で座って、目の前まで迫ってくるというのがたまりません。

モザイク無しのM字開脚パンツを間近に見たい人にはマル。

それ以外にも見どころが多くて良い。

良くも悪くも普通

コレといって大きな不満も満足も無かった作品折角ジム椅子に座って寄ってくるなら、局部モザイクよりパンツの方が良いしモザイクが顔に迫って来ても何だかなぁと下着も今履きました感が強い、少しくらい汚れやしみがあったほうが臨場感でると思います

パンツをアップで見る

抜けないけど楽しめる。

気分を盛り上げていくための作品。

パンツを目の前で見れるところと、机の下フェラと(かなり短い時間の)3人でのフェラは良かった。

ちなみに3人ともノーブラなので下着はパンツのみ。

フェラシーンは基本1人のみで、残り2人はTフェラでのみ参加。

俯瞰いい

ほかの方のレビューにもあります、実際行われている行為を俯瞰で、離れたところから見る。

これは新鮮です。

VRももっとこういうものを増やしてほしい。

透明人間として、人妻の浮気を追いかけるもの(人妻が寝ている間に自分もやっちゃう)や、寝取られ(泥●して寝取られて輪●されている人妻を最初は遠目に見ながら、ほかの男たちにも「やめた方がいいよ。

」などと偽善で止める側のふりして、ほかの男たちがやりまっくて飽きて眠ったころに自分もむさぼるように襲うw今はやりの町内会の忘年会ものや、社員旅行もの、自動車免許の合宿もの、同窓会もの、草野球の打ち上げもの)みたいなものもぜひぜひ見てみたい。

更なる努力研鑽をお願いしたい

内容については、良くも悪くもアロマ作品。

笑いあり、フェチ接写あり、カラミ無し。

内容については過不足無く、ま、こんなもんでしょう。

想像通りだし、こういった作品が好きな人しか買わないでしょうから。

ただしカメラワークには多いに不満がありますぞ。

場面の切り替えが激しく、落ち着かないし目が疲れますぞ。

フェチ最高峰のメーカーとして、この辺はジックリとエロい映像を、腰を据えて届けて欲しいものですな。

せっかくのVR作品、更なる努力研鑽をお願いしたい。

VRでしか味わえないありえない素晴らしい景色。

おまんこやアナルが重なり合って目の前に…アロマ企画ぐらいだよね。

こんなに観察できるの…。

大興奮でした。

もっと、モザイクを丁寧にしてアナルを広げて見せて欲しい。

パンティ好きなら買い

個人的には好きですが、パンティ好きの人じゃないと合わないかも知れません。

ソフィの香り付きパンティライナー(Kiyora)の匂いを嗅ぎながら見ると、現実と錯覚します。

是非やってみて下さい笑個人的な感想篠田ゆう、M字開脚時のむっちり具合とパンティの可愛さが良かった。

あゆな虹恋、可愛くてお尻が綺麗。

あけみみう、ケツが汚い…。

でした。

さすがアロマ!!

ぶっちゃけ画質はあんまり良くないです。

ですが、作品の内容は実にマニアックで他メーカーでは作れそうもない素敵な逸品でしょう。

VRはアロマに1番向いてるのでは?と思うとともに、将来性を感じさせられました。

貴方がカトウさんなら、星1つ追加

同メーカーの「図書館でバイト中に~」が好きな人なら買いです!(力説)別に本番があるわけでは無いですが、女性陣の「キャハハ感」や「○○からの~♪」など、本気で下らない掛け合いは、観てる方も思わず笑顔になってしまいます(汗)あと、女優さんが本気で恥ずかしがっているシーンに人間味を感じましたw

アロマ企画っぽい

鼻がつきそうに感じる接写具合と女の子におもちゃにされっぷりがアロマ企画っぽいです。

場面切り替えの第三者視点がVRに合わなくて残念。

あと三人同じことをしたり、二人重なって陰部を見せて一人することなくなっているあたり、二人でも良かったのではないかと思ってヤキモキすることも。

アロマ企画らしさが出ていました

プレイのスタートは客観的に見ている所から。

似た作品が続く中で新鮮な構成でした。

距離感が素晴らしく、3人から遊ばれている感じが良かったです。

キスや挿入は無くても下着とアナルの接近で充分に楽しめました。

良いです

VRの特徴をうまくいかした演出、カメラワークが非常に良いです。

さすがアロマさんですね。

迫ってくる股間は必見です。

また新しいの期待してます

アロマな作り

アロマらしさが十分に出てますM字の女の子が座ってる椅子を引いたり目の前まで迫ってきたり笑えるけどエロい!アナルとおま○んこもくっきり見えます。

ボリュームも結構あるんですがシーンが目まぐるしく変わるのでVR酔いに弱い人は気持ち悪くなるかも?
本編はこちらから