【皆野あい】強い女が犯●れる – 犯●れた護身術講師 皆野あい

本編はこちらから

犯●れた護身術講師 皆野あい

女優名: 皆野あい

男まさりの護身術講師が「オンナ」に変化する

護身術講師をしているあいだが、挑戦してきた生徒にねじ伏せられ、父親の一番弟子に犯●れ、プライドをズタズタに引き裂かれてしまう。

皆野あい21歳、引き締まった肉体は本当に格闘家のような雰囲気がある。

大きくはないが、形の整った美乳、そして美マン。

強い女が男に力でねじ伏せられてしまうのは興奮する。

ラストのカラミはすっかり女になって一番弟子を受け入れる和姦。

一番弟子は決して悪意があったわけではなく、あいを護身術から解放してあげたかったのではないか。

どんなに技術を磨いたところで所詮は女、本気の男の力にはかなわない。

女はやはり男に守ってもらうのが一番だと。

色々と考えさせられ、興奮もする良作だ。

あいちゃんの表情に惚れる

守り抜いてきたものを破壊され、行き場を失った精神はゆっくりと崩れ落ちながら、破壊者を求める。

自分で開くように命令されてイカされた後に、壊れた視線で肉棒を咥えキスをする。

前中盤の一方的なレ●プは最終パートのためにある。

是非ストーリーも追って欲しい。

最後のツインテールでの本番でカタルシス!

この手のドラマでは、いわゆる「落ちるまで」の過程をいかに描くかが「落ちた後」の効果を高めるために重要なのですが、その点この作品はしっかり作っていると思います。

ドラマ終盤まで基本的に快感に絶える演技が続きますが、これを我慢して見ると最後の本番でカタルシスが味わえます。

「落ちるまで」と「落ちた後」が髪型で表現されているのもよい。

「落ちるまで」はスポーティなポニーテール。

あいちゃん、ポニーテールはあまり似合わないなとか思いつつ見ていると、「落ちた後」でツインテールのあいちゃんが登場するわけです。

ツインテール好きなわけではないですが、これはもう奇跡的にかわいいのです。

しかも、ここで抑制が解除されるので、本番の演技も快感が解放されて全身で感じています。

特に騎乗位がすばらしい。

ただ、個人的に星一つ原点したのは、前半で快感に耐えるあいちゃんを見られたのはよかったのですが、やはりあまり楽しめなかったからです。

前半の犯●れるシーン、快感に耐えるシーンで、演技力の問題か、彼女の魅力があまり引き出されていないような気がします。

でも、最後にもう一度言いますが、ツインテールでの本番だけでも見る価値があります。

レーティング 3:制作者しっかりして

せっかく、かわいい娘を、いい設定にあてているのに、演出がアウト。

もったいない。

皆野女史の魅力でなんとか可

ストーリーが凝ってる

「出会って4秒で合体」から流れて、この作品にたどり着きました。

いきなりハメられる以外のあいちゃんを初めて見ます。

演技力がわかる~と思ってたのですが、う~ん、どうだったのかな? セリフ棒読みというのはなかったような、、、。

エッチの演技はすごかったですよ。

絡みは全部で4つありますが、最初の絡みで、お笑いの小峠がAVに転身?といった風の男優さんに襲われるシーン。

AVの絡みは脚本に「あ~んいや~ん」とかセリフが書いてあるわけではないのでしょうから、男優と女優のアドリブになると思うのですが、このシーンでは、あいちゃんも小峠(AV)も、ストーリーに沿ったセリフを言っているのが見事!演技といえば3つ目の絡みとなる、道場で小峠(AV)が手を押さえ、別の男優が襲うシーン。

あまりに気持ち良かったからか(それはないですか)、あいちゃんの感情が高ぶったのか、寝バックやバックスタイルのときに、ポロポロっと涙を流しますから注目してください。

バンビーノ☆プリン監督の「犯●れた護身術講師川上奈々美」もあるので、見てみようかな。

発射が少量

足をピーンと張って片足立ちバックが良い。

男「イッてもいいんだぞ」女「イク訳ないでしょ。

気持ちよくなんかないんだから」と、相手を睨みつけるのが良い。

少量の顔射。

面白いのは最初のカラミだけ。

オール顔射だが2,3回目はつまらない。

強い女が犯●れる

いかにも強気な女が犯●れるってエロいですよね。

しかも私の好きなスニソのシーンが多くて足映りも良好です
本編はこちらから