【小泉キラリ(菅野桃)】責められ上手 – 龍縛監禁凌●6 哀虐のラスト ノート 小泉キラリ

本編はこちらから

龍縛監禁凌●6 哀虐のラスト ノート 小泉キラリ

女優名: 小泉キラリ(菅野桃)

責めが甘い

キラリは虐められ美人、はかなげな感じが好き。

でも作品では責めが甘い。

キラリはいいね

やっぱりキラリさんは虐められ役が一番です。

縛られての責めや、放尿シーン、風呂場での責めは興奮しました。

新味ゼロ

キラリと小室と日比野の内輪の学芸会といったところ。

小室の責め女は全身刺青で甲羅のようなピスチェ着て漫画みたい。

いまどき仮装行列でももう少し考えるよ。

裸になるのが当たり前の風呂場で犯してもぜんぜん興奮しないよ。

しかしキラリも小室もそそらないなぁ。

裸でうろうろしてるだけ。

縛りはないし本番はノーマルだし新味ゼロ。

全編早送りの駄作。

羞恥系の責めがいいです。

ストーリーもそこそこ楽しめますが、S女性の羞恥系の責めは、かなりそそります。

キラリちゃんの表情がまたすごくいいですね!かなりおすすめです。

癖になりそう

「今日からここがあんたの家だよ」首輪をつけられ檻に入れられる。

自分が零したおしっこやおしっこのついたブーツを舐めさせられる。

S役女優の虐め方は迫力十分。

本気でコワい。

小泉キラリの虐められ顔は見ていると癖になりそう。

調香師の世界を初めて知った。

地味ながら佳作

小泉キラリは屈伏せず、ラストまで抵抗します。

この点は好みが分かれると思います(私は好きです)。

日比野達郎は冒頭とラストのプレイに登場するだけで、責めの大半は小室芹奈(シャワーでの熱湯責めは小室派の男性社員2人)。

小室芹奈がペニスバンドをフェラチオさせるシーンはありますが、レズ要素はありません。

スパンキングや鞭はけっこうきつそうですが、プレイも演出も全体に地味で、そのかわりネチネチ責める感じです。

イラマチオで胃液を吐いていますが、ほとんど映していないあたり、よくも悪くも一昔前の作品だという感じです。

熱湯責めも、(やけどをしない程度に)熱いお湯を使っているのだと思いますし、小泉キラリの反応もいいのですが、見ていても分かりにくいです。

小泉キラリの出演作を見るのは初めてで、パケ写や冒頭のシーンでは垢抜けないと思ったのですが、プレイが始まるとけっこうかわいく見えます。

なにより、いわゆる演技力が高い点がストーリーとマッチしていて、地味ながら佳作だと思います。

ただし、派手なプレイや刺激を求める向きには薦めません。

S役の芹菜が魅力的

以前はM役として弱々しく縛られていた小室 芹菜が、最近では憎さげなS役で活躍している。

今回も、はちきれそうな衣装で、颯爽とS役を演じて魅力的だ。

キラリの虐められる表情もなかなか良いが、縛り好きとしては、もう一つ二つ後手縛りのカットが欲しかった。

  75点

好きずきだが…

小泉キラリという女優に興味を持って見てみたが、確かにMな女ではあるが、本格的なSMには至っていないらしい。

しかしキラリの可愛さは出ているから、《ノーマルのアブノーマル寄り》の向きには適しているかも。

ライトSMの作品である。

う~ん・・

他の作品ではあまり気にならなかったのにこの作品ではキラリちゃんの頭がやたら大きく見えた。

広角レンズでアップを多用したからか・・・キラリちゃんの苛められ顔は相変わらずそそられるねぇ~最高。

惜しいのは物語をベースにAV作るなら主人公が精神的に堕ちて行くプロセスを責めのメリハリで見せて欲しかった。

責められ上手

小泉キラリ嬢の「ライオンハート」も良かったけど、これもいいですねぇ。

責められるのが上手というか、弄られるのが似合い過ぎです。

女性に責められて、イカされ堕されていくのが好きな私は責め役の女性に拍手喝采です!
本編はこちらから