【ゆうき真央】マニア必見 – はじめてのAV 01

本編はこちらから

はじめてのAV 01

女優名: ゆうき真央

超可愛い母乳女優、プレイもGood!

女優はとても可愛くてJK並みに肌が若く色白。

また、男優が母乳をちゃんと「揉み搾って」いる。

「乳腺揉み搾り」がちゃんと出来ていない母乳作品が多いが、この作品はそれがちゃんと出来ている。

この作品に出てくる男優はそこがとても良い。

中出しは無いがちゃんと本番をしている。

感じている女優も良い。

欲を言えば、せっかく可愛い女優なのだから、もっとキスシーンがあればなお良いと思う。

ブルセラシーンで拘束をしているのだから、無理矢理キスなどもあったら、もっと萌える。

乳揉み作品としても、母乳作品としてもとても良い作品。

借りて大満足の一本!

若い

最初のインタビューのときはパッとしませんが、だんだん慣れてきます。

母乳もしっかり出てるし、若くてかわいく、映像もそれなりにまとめられているので見る価値はあると思います。

出来は悪くないがプレイがやや単調で冗長

20歳で11カ月の子供がおり、目立ちたいために出演したそうです。

初体験は13歳で今の旦那とは月1回のセックスとの事。

どこまでが本当だかはわかりませんが、色白巨乳の持ち主で胸を揉まれると母乳がびゅーびゅー飛び出ます。

?インタビュー1(約12分)?私服で男優とセックス(挿入時間約13分)?インタビュー2?セーラー服拘束セックス(挿入時間約20分)?インタビュー3、といった構成。

インタビューは?がやや長く、他は短い。

絡みは2回と少ないが尺はその分長い。

?は全裸で、?は制服を着たままだが、胸は完全露出でプレイ。

女優は、一見地味だが感度良好でデビュー作にもかかわらず喘ぎ声は大きい。

バスト90センチの胸は色白できれい。

乳輪はでかい。

2回ある絡みの前半では、胸を揉まれ母乳を大量に垂れ流す。

特に1回目の絡みではカメラが母乳まみれになる。

内容は悪く無いが、男優の責めが単調で挿入までが無駄に長い。

モザイクが・・・

なんだろモザイクが濃かった。

女優はごついが可愛い。

エロい乳首から母乳まで出る。

顔射を嫌がりながらお掃除させられ、そこで素人っぽい一言を言うのが可愛かった。

これは「母乳モノ」に非ず。注意すべし。

「母乳モノ」にある種共通のものが「甘えさせてくれる母性とエロスの背徳感」ではないかと思います。

しかし、この作品は単に「Mっ気女優と本番。

母乳も出るよ」的な作りになっています。

母乳をふくませてくれる訳でなし。

パイズリもなし。

ゴックンもなし。

この女優が勝手に「気持ちイイ!」を連発して何度もイキまくる姿に近年あった育児放棄鬼母事件が思い浮かんでしまい、まったく抜けませんでした。

母乳モノには時折見せる母の顔と「こんなに感じちゃって、いけない私」という恥じらいが見え隠れするのが良いのだと私は思っています。

しかもパケ写とは別人のだらしない口元(歯並びが悪い)から品性が流れ出たバカ女の様に見えるし、モザイクが最悪にでかく、ヘアもアナルも見えないシーンばかりです。

最初のレビューの方が高評価なので見る人を選ぶ様です。

マニア必見

パッケージよりも美人のゆうき真央のデビュー作。

大きく分けて全2編。

絡みは2回。

美少女、巨乳、母乳、セー○ー服、白ハイソックス、凌●とマニア向けのフルコース。

彼女の声はやや低いですが、絡みになるとカン高くなり、良い鳴きです。

絡みも前半は全裸、後半は制服着衣ながらしっかり乳房は見せるので揺れは確認できます。

主演のゆうき真央はルックスもスタイルも良い高素材なので、要注目です。

本編はこちらから