【蓮実クレア】天才です。 – キレッキレにセックス筋肉が発達した極上痴女の騎乗位中出し 蓮実クレア

本編はこちらから

キレッキレにセックス筋肉が発達した極上痴女の騎乗位中出し 蓮実クレア

女優名: 蓮実クレア

筋肉系のアスリート並みの肉体

痴女で肉体がエロければ,興奮度が高いです。

蓮実クレアのボディーは,引き締まったぐびれウエスト,プリケツなど,筋肉系のアスリート並みの肉体です。

このボディーで騎乗され,チ○ポをピストンシゴキされたらタマりませんね!!バストも美しい。

実際,クレアは,騎乗位SEXの高速グラインドを見せていて,かなり性的にタフな女です。

映像的に魅せられるし,クレアを見ながらのオナニーには最適。

何より,絡んでいる男が最高の興奮を覚えるでしょう。

各パーツともド~ンと主張している,素晴らしい肉体美です。

バキバキ,キレキレ,プリンプリン。

筋トレして鍛え上げ,SEXして,肉体美を維持する。

もっと,凄いボディーを作り上げろ,蓮実クレア!!

ぶったまげ!

すんごい!アスリートのようなクレアちゃんの動き、スタイル。

そしてセリフ回しのうまいこと、うまいこと!絡みシーンじゃなくとも、ボディだけで抜けます笑

とても

とてもよかった*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。..。.:*・゜゚・*

スタイル抜群で綺麗な痴女のドS騎乗位SEX

蓮実クレアちゃん。

非常に綺麗な顔立ちでスタイルも抜群の女優さんです。

そんなクレアちゃんが終止騎乗位で痴女ります!引き締まったお尻に長くて綺麗な脚。

程よい膨らみの胸に美女ときたら間違いないでしょう。

顔騎に始まりマ〇コにチ〇コを入れては激しくピストンを繰り返しています。

キャプチャー1では卑猥な言葉で男を手コキで責めます。

責める事に喜びを感じているのか終止笑顔で楽しそうです。

最後はイッた後にも手コキを止めず男優はたまらず男潮吹きまでさせられています。

キャプチャー2では男をのチ〇コを肉ディ〇ド化してやりたい放題。

フ〇ラしながら足では男の乳首を転がし自分のマ〇コまで同時にいぢっちゃう痴女っぷり。

最後は騎乗位で中出しまでさせてくれてマ〇コから流れ出るザ〇メンが卑猥です!キャプチャー3ではディ〇ドを美味しそうに頬張り自分のマ〇コにこすり付け我慢できなくなるとマ〇コにズボズボとディ〇ドを挿入しています。

アングルも良くマ〇コにディ〇ドが出たり入ったりするのが丸見えです!途中から男が出来てきて生チ〇コをしゃぶりながらディ〇ドに騎乗位をキメてます。

キャプチャー4ではたっぷりのローションを使ってテカテカネバネバプレイです。

引き締まったボディーにローションはエロいです!途中主観的シーンで下からクレアちゃんがおっぴろげたマ〇コが見れますよ。

このキャプチャーも最後は手コキからの男潮吹きです。

キャプチャー5では中出し騎乗位SEX2連発!キモイ男をいぢめながら自分が楽しんでいます。

セクシーなランジェリーで誘惑されたらたまりません!男のガマン汁を搾り取っては味わっています。

男がイキそうになると手コキを止める焦らしプレイは是非とも味わいたいと思うプレイですね。

騎乗位中出しの後にマ〇コから流れ出るザーメンを手ですくって自分でマ〇コの中に戻してオナってるシーンは興奮します。

勝手に中出しされたので、もう1ラウンドすぐに開始です。

男をとことん責めて再度騎乗位中出しさせています。

マ〇コから流れ出るザーメンはやっぱり卑猥です!タイトル通り全般的に騎乗位がメインの作品です。

マ〇コの接写シーンが非常に多く、M字開脚での挿入も多いです。

クレアちゃんは脚が長くて綺麗なのでM字開脚もたまりませんね。

綺麗なア〇ルが見れるシーンもたくさんあってこんな綺麗な女優さんの身体を隅々まで堪能出来るとても良い作品でした。

まさに

まさにキレッキレの尻筋ですね。

背面騎乗であの尻が前後、上下に動いたら我慢できませんよね。

しかも、淫語がさらにエロさを増幅させます。

クレアさん最高っす。

まさにキレッキレ!!

パッケージからしてすでにキレてる。

カラダはもちろん、声がきれい。

淫語連発でも癒しの声なので下品にきこえない。

ただ、何故全裸のシーンが全くなかったのか不思議だ。

勿体無い。

天才です。

この女優はかなりエロいです。

もう演技ではなく引くぐらいのエロさです。

AV女優になるために生まれて来たのではないかと神に感謝します。

しかし、何本かこの女優の作品を見て来ましたがここまでこの女優の才能を引き出している作品は数少ないと思います。

やっと監督、スタッフと女優のベクトルやパワーバランスが合致した作品だと思います。

そうなるとここのレーベルはかなりセンスのいい企画が多いのでそれはもう抜けます。

物作りは演者と裏方の息が合って初めて作品になるのです。

これは一つの作品です。

もう迷う必要はありません!
本編はこちらから