【結城みさ】名は体を表 – 極上の睾丸性感リラクゼーション

本編はこちらから

極上の睾丸性感リラクゼーション

女優名: 結城みさ

フェチって様々

玉愛撫のエロさに気付いた最初の作品且つ、結城みささんにハマるきっかけになった作品。

この作品の結城みささんの責めは、じれったくていつまでもクセになるし、本当に引退が悔やまれすぎる。

文字通り、男優の性感帯をすべて知っているような責めと、「うんうん、ここ触られると感じちゃいますよね」とか「私に全部まかせてくださいね」とか、感じている男優の甘えさせ方が絶妙。

自分の中では名作(ただし結城さんのシーンだけ)だけど、レビューが低い。

というわけでこのタイトル。

もうちょっと期待したんだけどなあ

V-1さんの意見に同じです。

もっと下品さがほしかったしそれができる女優陣だったのでもったいない気がした

期待ハズレ

やっぱりキンタマリラクゼーションという上品なテーマがイカンのだろうな。

そもそもパンツはいてる時間が長すぎるし、脱がした時には既にビンビン。

これでは、キンタマを弄られてフニャチンがビンビンに勃起していく様子が楽しめない・・・と思う。

大体、こういう作品の時は、外人でもいいからもっとキンタマの大きな男優さんを使おうよ。

こういう女優が脱がなかったりセックスがなかったりする作品って、モザイク越しにでもキンタマやチンポを楽しみたい女性ユーザーもいるんじゃないかな?って思う。

だから、もう少し演出としての色んなテクニックや、映像としてのエロさが欲しかったな。

男優の顔

が映ってる事態もうダメでしょ?男優の顔はフレームからアウトは鉄則。

女優、企画は◎だけに残念。

編集がさいあく

同じ動きアングルの映像が10分単位でえんえんダラダラ続くだけの内容。

睾丸愛撫フェチの私でも堪え難い。

じれったいプレイが延々と続く

チ○ポの事を知り尽くした熟女が3人収録されています。

パンツの上からタマを口や手で愛撫し,チ○ポを勃起させ,フェラへと流れる。

じれったいプレイが延々と続き,正直,興奮しません。

女優にとっても比較的楽な撮影。

定価も高いし,着エロでも,このAVより抜け作品が多いです。

名は体を表

アロマの作品です。

フェチを代表するメーカーですので、いろんなシーンを期待してはいけません。

睾丸を舐めるシーンが多いですし、ましてや本番などありません。

そんな事をされてみたいと思う、男性向きです。

いろんなフェチがありますので、このような類の内容は、見極めと、過度の要求は出来ません。

トータル的には、物足りないかも知れませんが、一部シーンで、いろいろ妄想をダブらせて見ると、まぁ面白いです。

本編はこちらから