【麻美ゆま】麻美ゆま – ソープランドに売られた人妻 麻美ゆま

本編はこちらから

ソープランドに売られた人妻 麻美ゆま

女優名: 麻美ゆま

名人芸。

麻美ゆまの真骨頂が観れる作品。

きっちり夫を愛するが為にソープに落ちる様や知り合いに買われる凌●感を見事に演じている。

単に凌●的に演じるのではなく夫を愛するがゆえにと言う部分も演じているのがいい。

麻美のすごいところは挿れられた状況でも作品の世界観を演じきっているのは素晴らしい。

ゆまちゃん気を確かに持ってがんばってね。

ゆまちゃんは今得体のしれん病気にかかっている。

AV男優の1人ぐらいゆまちゃんと余生を共に過ごそうと考えるものがいてもいいはずだ。

AVなんてAV女優があってこそのAVだろうが? ゆまちゃんの望みはAVに復帰したいのかどっちだろう?***当ビデオはゆまちゃんが新人ソープ嬢でベテランソーププレイを行き成り披露している。

かつて、バコバコ風俗でソープ嬢をやってたけど、ベテランソープ嬢でもここまでの魅力はだせませんよ。

誰かのレビューの通り高級ソープ嬢そのもの。

始め設定の家が抵当に取られるシーンは:どいつもこいつも演技臭い奴らだな;とは思いましたが、設定が解かりやすいものだったので、それもアリかとも思います。

最後の3Pは現実のソープでは有り得ません、ドラマだけの設定です。

女2人の3Pなら有ります。

アリスのドラマとしては上出来でしょう?

ソープテクは必見

女優のソープテクニックは勉強していて良かった。

回数を重ねるごとにテクニックが上達している。

カメラのアナルアングルも良かった。

残念だったのは、ソープで働くまでの流れに少し無理がある。

例えば「妻が騙されて借金」や「盗撮されて脅迫」などで夫に内緒でソープで働くなどの方が自然では。

夫からは見えない台所での凌●シーンだったので工夫がほしかった。

迫真の演技

最初のシーンもソープ嬢シーンにも手抜きがなく、迫真の演技を見せるプロ根性を感じました。

エロい女優さんです。

顔騎シーンや、またがりシーンの腰の動きにはそそられました。

カメラアングルもよかったです。

この手の作品、いろいろreleaseされているけど

結構、鬼畜な(?)作品、あります。

アリスは「お上品」なメーカー(?)なんで、その点、物足りないですね。

冒頭に、男優の名前の明記、niceです。

アタッカーズでは、大体、明記されているけど、各社、きっちり明記してほしいものです。

ゆま、新作(?)、久しぶりに見たけど、05年10月にデビューして、今年10月で、まるまる8年かぁ。

なんか、凄いです。

特に印象的なシーンはなく、なんか物足りなかったです。

睨む目とアヌスで演じる極上の泡姫

久々に麻美ゆまの作品を2本続けて(本作と夫の目の前で犯●れて)を鑑賞したが、2本とも甲乙付けがたいが、こちらの方が超お奨めである。

何しろ「ソープ姫」のテクニックが抜群であり、それを映像化するカメラアングルが「非常に良い」中盤以降の「猫ひろし」似の男優との絡みは抜けます。

3pでの「お●んこ!イクッ~~!」のうめき声に絶叫するシーンはもう演技の枠を大きく良い意味ではずして「本気モード全開」である。

デビューして間もない女優とこれからこの世界の女優を目指す人のバイブルにもなりえる一本だと思います。

小川あさ美・西野翔・大橋未久に麻美ゆまを加えての「av女優四天王」の誕生と見た。

テクニックあるなー

麻美ゆまちゃん、ソープテクニックなかなかです。

もともとテクニックあるタイプですが、この作品に向けてまた色々覚えてきたのかな?と思わせる場面があります。

この作品の頃は少し疲れていたのか、肌色があまり良くないのですが、カメラがあまり無理に接写したりせず、まわりの思いやりを感じます。

演技力もあり、ストーリーも良く、合格点です。

トップランナーの実力

夫が作った借金のかたにソープランドに売られた人妻をベテラン女優「麻美ゆま」が演じている一本。

シナリオ自体は「ありきたり」の一語に尽きるが、AVクイーンの彼女にとっては、かえって「腕の見せ所」でもある。

この使いに使い古された「ベタな設定」を抜群のパフォーマンス力で「抜けるAV」に変えてみせる。

今まで数え切れないほど演じてきたソープ嬢役をまるで「初挑戦」かのごとくやってのけるゆま嬢。

幾度の「マンネリ期(停滞期)」を乗り越え、いまだにAV界のトップに君臨し続ける麻美ゆまの「秘訣」が分かる一本。

麻美ゆま

麻美ゆまが好きじゃないからダメでした。

大きな鼻の穴と垂れ乳が・・・。

(※あくまでも個人の感想です)
本編はこちらから