【小倉奈々】小倉奈々 – 制服痴●バスin小倉奈々

本編はこちらから

制服痴●バスin小倉奈々

女優名: 小倉奈々

期待

思ったより良かった。

この手の単体女優さんは、個人的に期待はずれになることが多いが、いい意味で期待を裏切りました。

潮吹き(放尿)がエロイ。

お掃除フェラがエロい。

この二つが抜きどころでした。

スタイルはいいですが、大きいのとあまり全裸でいいアングルがなかったので分かりずらいです。

感情移入できればOK

小倉奈々さん、もう沢山の作品に出ているので選ぶのに困りますが、この作品は普通ですかね。

まあ、「制服」と「痴●」という組み合わせは最高に似合っています。

現実にはありえない設定と展開なので、感情移入できるかどうかは微妙なところかもしれません。

奈々チャンいいです

1.セーラー服で皆に襲われ指マンされながらフェラ。

小便みたいなすごいしいおふき。

フェラぬき発射2.皆が見てる前で騎乗位ではめ狂い小便垂れて顔射の嵐3.バスの前方で体操着でフェラ。

バックではめ潮吹きまくり口内発射ごっくん全編バスの中での撮影だが小倉奈々ちゃんの演技もすごいがキャストに女をつかったりして冷やかな視線を送るなど臨場感ばっちりである。

セーラー服の奈々ちゃんは本当にかわいい。

痴●ものあまり好きでないがこの作品はなかなかよかった

特別、印象的なシーンはなかったけど

>見て見ぬふりしてる女性客が個人的にツボりましたメーカーの社員なのかな。

ときどき、ギャラリーに女性がいることがあり、シラーッとしていたり、気まずそうにしていたりして、なかなかです。

奈々は痴●されるのが病みつきになり、毎日、ヤラレまくるのかぁ。

いけないJKです。

奈々。

(^^♪1点オマケの「5」です。

設定に無理がある

女子高生・セーラー服といのに文句はありませんただ、バスの痴●でそこまでやるのは無理があるでしょう所詮フィクションなんだからそこまでリアリティを追求するのが無粋なのも承知していますが・・・単純に女子高生路線の作品にしたいなら、「バス痴●」にする必要もないはず。

帰宅途中に襲われるでもいいし、うっかり寝過ごして車庫に向かったバスの中で、ってシチュエーションでもいい正直、Hシーンの合間に入る他の乗客の表情が、見ていて萎えます。

個人的に女優さんは好きです。

小倉奈々が女子高生モノで通用するということはよく分かりました。

イイ女だな

小倉奈々・・抜群のスタイルに、かわいいし美人!イイ女だね。

セーラー服&体育着などでバスの中で男の犯●れている姿が良い・・ちんOを咥えている姿・Hの時の表情もエロいイイ女が犯●れる姿はエロくて良い・・・

制服姿の奈々!かわいい。。。

健康的で明るい笑顔が非常にかわいい!黒髪美人「小倉奈々」JKの制服を着るとかわいさ倍増の女優前半は、制服姿で、バスの中で痴●され、何人もの男に犯●れ、何本ものちんOをくわえさせられ、悶える表情!良い噴水のような失禁シーン!必見後半は、ブルマの体育着姿で、乗客に軽蔑のまなざしで見られながら、男とバスの中での激しいHきれいなカラダを上下にピストンしながらの騎乗位!必見ストーリーなんてなく、バスの中で激しいH。

内容

潮吹きさいこー

バスの窓は目隠ししてあり外は見えない感じだがおれは特に問題なし。

奈々ちゃんのバスの中での潮吹きがポイント高し。

もっと3P4Pで レ●プっぽくやってほしかったかな。

男優もそこそこ若いの使っててもっとおやじでもOKかもヌキどころもそこそこほーく採点83点

JKもいけます

現在人気上昇中のおぐなな。

はつの凌●系。

クラシックな制服と白い綿パン。

いつもは明るい女が多肉棒に上の口も下口もぐちょぐちょに。

バスの中でケツ丸出しで立ちバック。

正常位から抱えられ駅弁に。

波打つケツを眺める周りの男達。

汁まみれになった制服を体操着に着替えての下校バス。

待ち構える一本の肉棒。

尺らされあっという間に乳丸出し。

羨ましそうに見ている男達と蔑むような女達の目。

綿パンの上に割れ目の筋を食いこませ弄る男。

パンティも脱がせまっぱにすると指マンで見事な潮吹き。

周りの大人たちの前で乳ケツ丸出しで見事な片足立ちバック。

最後はノリノリでバスの床に転がされ正常位。

最後の舌上射後も掃除するおぐなな。

出されたものを自ら口に運ぶ始末。

小倉奈々

小倉奈々のAVに限ってはあまりレビューって必要無いかもですね。

どういう状況でも様になるし、期待を裏切ることもない。

ただ痴●行為を見てる人の中でオグ奈々にちょっとさわっちゃた人がいたのはギャラリーに徹して欲しかった。

むしろ見て見ぬふりしてる女性客が個人的にツボりました。

ちょっとオカズにさせてもらいました(笑)
本編はこちらから