【原千草】シリーズの趣旨とは違うし、淫乱系の原千草はフィットしない。 – イキ過ぎた着エロ 11 原千草

本編はこちらから

イキ過ぎた着エロ 11 原千草

女優名: 原千草

ソフトだが、しぐさや感じぶり等、愛らしさに満ちている。最後圧巻!

文字数足りず後半中心にレビュー。

3)Hなシーン。

アイス舐め、ディルド舐め等あるが、最後のおっぱいマッサージ◎。

白水着??素敵。

後ろから、サワサワおっぱいなで回し。

胸元に手入れ、もみもみ◎。

シミだらけのマン筋がH!4~6)器具責めや、手でまんこを隠し、オシッコ等。

7)ヴァーチャルSEX。

ナース衣装◎。

オイル胸元にたらし、肌着越しにもみしだき最高!オイルたらし、まんこ界隈や、テカテカのお尻なで回しH!股開かせ、肌着越しにおまんこにチンポ擦りつけ、吸引力ありそうなジュルジュルフェラ良。

「我慢出来なかったぁ」「おチンポ我慢出来ないぃ!早く欲しいの!」「おまんこにぶちこんでぇ、お願いっ!」等、おねだりぶり最高の最高! 騎乗位等。

顔射。

お掃除の吸い込み◎。

総じて、ソフトな部類の作品だが、原ちゃんのしぐさや感じぶり等、愛らしさに満ちている。

最後圧巻!☆5つ!

男子の弱い所

このシリーズはどうしても追っかけてしまう。

やはり、男子願望のグラドルを脱がせたい!裸を見たい!痴態を覗きたい!からだ!で、今作は女子が淫乱でした設定。

刺激された女子がどんどん豹変する様を見せている。

ただ、言いたい。

やはりグラドル(AV嬢だと解ってるが…)設定は残して欲しい。

仮に淫乱爆発でも責めて最初はショックだったり「え?」「聞いてません」「出来ません」設定は欲しかった。

原さん単体で考えれば良作。

ただ、メーカーにお願いだがAVなので責めてSEXは2回は最低でも欲しい。

序盤の撮影等の件は時短でお願い。

イイオンナは見てるだけでもよい

このシリーズ中でも着エロレベルのシーンがかなり長い。

でもイイ女なので純粋に楽しめる。

放尿しちゃうあたりが着エロでも出来ない芸当でも着エロっぽい。

新たな境地かも挿入されてだめって言いながらも電マは離さないあたりがなんともいえないエロさがあります今となってはハードなこともこなす娘だがこれは評価に値する

最初からイキ過ぎた着エロ

着エロアイドルを騙まし討ちでAV出演させるシリーズの第11弾。

今回のターゲットは、Fカップ女優「原千草」。

前半は、極小ビキニでイメージシーンの撮影。

スタンドミラーに固定されたディルド相手によだれ塗れで擬似フ○ラチオを披露する千草嬢。

二プレス着用でおっぱいを揉みしだかれ、下半身からはジュワジュワと愛液が溢れる。

すでにこの時点で「イキ過ぎた着エロ」と化す本編。

バイブを使ったマ○コ責めシーンの撮影後、控え室でこっそりとオ○ニーに耽る彼女。

そして、後半、バスルームでの「全裸放尿(男優の手の中に放尿)」で完全に着エロの一線を越える。

終盤の擬似FUCKでは、撮影途中に自ら男優のパンツを脱がせると、せつない声でチ○ポ挿入(ガチ本番)を懇願する。

同シリーズとしてはかなり「攻めている」内容といえるが、「原千草」というAV女優の特性(魔性の淫乱少女)を考えると、実にぴったりな内容。

がっかり

この作品に何が興奮するかって、アイドル(またはアイドル志望の子)がおかしいと思いながらも、嫌々ながらもこんなことしてしまった、そんなことまでやられてしまったという『設定とシチュエーション』に興奮するのである。

だが今回の子はその設定を忘れてしまっている。

だんだんエスカレートする撮影に疑問を持ったり、拒否反応を示したりする素振りがほとんどない。

そうゆうのがよりリアリティを出すというのに。

最後のHシーンでは興奮して自らヤッちゃう始末。

違う…求めてるのはそういうのじゃない。

アイドル(を目指してる立場)なのにこんなの聞いてないのに嫌なのに…させられちゃうやられちゃう感じちゃう…この作品に必要なのはそうゆう設定とシチュエーションだ。

そこをよく考えて作品を作って欲しい。

後半のイキっぷりが良い

前半のぬるい内容と後半の盛り上がり方のギャップが凄く、その間にオマケの内容をはさんでいる構成が良い。

前半はインタビュー着替えアイスクリーム舐めマジックハンド責めディルドフェラアクリル板キスと着エロらしい構成ですが、後半は電マ・バイブ(挿入はなし)で何度も寸止めされ、性欲を極限まで高めさせらています。

いざ絡みとなっても、チ○ポではイカせてもらえず、最初に電マ・指マンでイカされてしまいます。

そこから合体となるのですが、自分で電マを当てたりして、何回もイってしまっていて、その乱れっぷりと時々発する言葉が最高です。

オマケ程度ですが、控室の盗撮シャワーオナニー放尿とたまにカメラ目線になるのが良かった。

別名 ゆきか・京野ゆめ・尾崎あかり今後にも注目してゆきたい女優です。

シリーズの趣旨とは違うし、淫乱系の原千草はフィットしない。

この子かわいいし、淫乱プレイには見るべきものがあります。

でもこのシリーズが好きな私としては違うなという気分です。

もっとおどおどした雰囲気を持った子でないとね。

本編はこちらから