【佐山愛】テクノロジーの無駄遣い – イメージング・ストーリー 感じるほどに、踊る肉体 佐山愛

本編はこちらから

イメージング・ストーリー 感じるほどに、踊る肉体 佐山愛

女優名: 佐山愛

なぜスロー?

発射の所全部スローです。

せっかく男優がいっぱい出してるのに出した後にリプレイでスローなら分かりますがオールスロー発射。

最悪だよこれ

佐山愛は個人的には★★★★★です

佐山愛はむっちりを過ぎて豊満といった感じで好みがわかれるかな。

ハイスピードで撮影されたスローの映像、迫力あります。

が、普通の絡みの間に差し込まれるだけで、消化不良な感じがします。

はっきり言ってしまうと、使いづらい。

冒頭のジョギングと水着着用しての体操なんかまさにイメージビデオっぽい作りでしたが、絡みの場面にこそイメージビデオらしい作りこみを期待したいです。

他シリーズでお馴染みシャワーシーンもありますが、単調です。

見せ方の工夫ということであれば、近作で言えば本田莉子の「あな許」の方がずっと冒険してると思います。

あ、ちなみにストーリーは、「流されやすいOL」みたいな感じですw

揺れる豊満ボディ

愛ちゃんの豊満ボディのエロさは、十分表現されていると思います。

ただ展開が地味というか、愛ちゃんの反応にインパクトがないですね。

照明も雑だし、カメラアングルにも工夫がほしいです。

スローな画像が愛ちゃんの肉体を、より引き立ててましたね。

愛ちゃんの作品を何本購入してきたかわからない程、愛ちゃんラブです。

作中でのレオタード姿やOLの制服姿などはそれだけでも抜けちゃいますね。

飛びっきりの美人じゃ無いですが、何故かそそらせる顔立ち。

豊満な肉体は抱き心地がますます良くなって来ている様に見受けられます。

性的感受性も溜池ゴロー社に出演するようになってからより高くなった気がしますね。

今作はアタッカーズ社の「なぎら健造監督」の監督作品です。

ですから当方のお気に入りの「浴室でのシャワーを浴びながらのフ〇ックシーン」がラストの方で入ってます。

シャワーを浴びながらのHはクセになるほど興奮しますね。

それと今作のタイトルにあるイメージングに相応しいスローな画像。

最高でした。

愛ちゃんのムチムチな肉体をより引き立たせるナイスな演出じゃないでしょうかね?やはり愛ちゃんは「S1」より「溜池ゴロー社」や「アタッカーズ社」に出演する方が合っている気がします。

うーん

佐山愛のファンなのですが、この作品ははずれ。

抜けません。

監督の力不足。

テクノロジーの無駄遣い

高画質カメラを使っているので、寄りのカットはモデルのセルライトや厚化粧を大写しにしているだけ。

それを狙っているのならこのシリーズ自体が無意味。

旧態依然のカメラマンにギャラを払うのなら、三脚に固定して、情報量の多い、引きの映像を記録するほうが益し。

ひねりも知恵も無いスクリプトを映像美で補おうとするシリーズなのだが、撮影者のアナクロなカメラワークと監督の編集力の幼稚さが却って陳腐さを助長している。

機材の進歩を確実に我が物とした制作スタッフよ、出てこいや。

本編はこちらから