【樹本つばさ】アラフォーだが、ヌケるボディ – 友達の母親〜最終章〜 樹本つばさ

本編はこちらから

友達の母親〜最終章〜 樹本つばさ

女優名: 樹本つばさ

アラフォー美熟女

アラフォー美熟女,樹本つばさ。

やや,イケイケを感じさせるルックスですが,美顔で,ナイスボディー。

母親の設定で,エロ女の性癖をオナニーや受けのプレイ,攻めのプレイで見せます。

若い娘にも負けないくらいのルックスで,男を興奮させ,イキがいい若い男のチ○ポをテクありのフェラでコキ倒す。

そして,SEXすれば,オ○ンコ覚醒。

喘ぎまくりのオバサン姿を見せて,イキ果てる。

息子を守る設定だけど,実は,チ○ポ好きのつばさは,男を選ばない。

美人で,エロい熟女,樹本つばさ,いいわ。

さすが!のけ反り女王!!やみつきになりそうだ

この男優さん、いいよなあ、一作目「母子受精」に続いて二回もつばささんとセックスしているんだもの。

あちらの作品では実の親子関係という設定でしたが。

さて、つばささんが久々のけ反りを見せてくれました。

まずは服を着ているところからやらしいですね。

おっぱいの形、白いスカートから透けるお尻、下着を脱ぐ時に現れる股間のYの字。

そしてセックスでは顎までのけ反って、ピンと張ったおっぱいは今回は揺れてもいた、紅潮した肌、中年女ならではの揺れる下腹部・・・もう、たまりません!。

ほんとに女って感じでやらしさ10,000倍ですね。

お風呂シーンなんてほんとやらしい。

そしてやっぱりのけ反りのシーン。

私は「母子受精」ではやはり最後ののけ反りで何十回抜いたかわかりませんが、今回もちょっとしばらくやみつきになりそうです。

演技も大分するようになってきて、息の長い女優さんになってほしいですね。

ていうか本当に直にお相手してもらいに行こうかな。

書きたいこといっぱいあるのですけど、この辺にしておきますが、これからもつばささんの魅力である「のけ反り」をたくさんたくさん見せてください!お願いします!!!

息子をいじめる不良に、快感を教え込まれ

「浩司」を恐喝する「吉野篤志」。

自宅に押しかける。

吉野に不審を感じた浩司の母親「樹本つばさ」は、子供部屋に茶菓を運ぶ。

「お金はあげられないけど、私にできることだったら何でもする。

だから、お願い、やめてあげて」「え、何でも?」「うん」「本当に何でもするんですか?」「何でも、うん、するわ」「へえ、そうですか。

それじゃ、ここでストリップしてくださいよ」。

浩司は止めるが、吉野にタオルで縛られる。

黒い半袖セーターと白いタイト・スカートを脱ぎ、黒地に白い花柄のブラとショーツを取ったつばさは、乳を揉まれる。

背後から脚をすくわれてマンズリし、指マン。

ベッドに転がる浩司の上に四つ這いになって、クンニ、指マン。

唇を奪われ、乳首を吸われる。

浩司を床に蹴落とした吉野に、指と舌で追い上げられる。

イラマされ、浩司の視線を気にしながらも、自らしゃぶりつく。

後座位、いすか取り、後側位、後背位、前座位、正常位で膣内射精。

「お前の母ちゃんによ、たっぷり中出ししてやったぜ」と陰部を浩司の眼に晒され、お掃除フェラ。

浩司は吉野の悪友に呼び出される。

吉野に押し入られたつばさは、「もし俺が友達に電話したら、浩司、どうなっちゃうんですかね」と、ソファで胸を揉まれる。

白いノー・スリーヴのセーターをたくしあげられてブラをしだかれる。

唇を奪われ、カップをはだけられて乳首をつままれ、吸われる。

花柄のタイト・スカートをまくられてショーツの股間を舐められ、股布を絞り上げられ、ショーツに手を入れられる。

ショーツを下ろされて指マン。

ローターで乳首や陰核を震わされ、ヴァイブで膣を抉られる。

自慰を強要され、痴態をスマホで写される。

湯船で胸や陰茎を手洗い。

乳房に石鹸を塗りたくられ、ボディ洗いしながら、舌を絡める。

乳首コキ、尻コキ、マンコキ、手コキで舌射、お掃除フェラ。

夫婦のベッドで胸を揉まれ、舌を絡める。

スリップをはだけられて乳首をつままれ、乳頭をねぶる。

スリップを脱がされて乳首や背中を舐められ、股間をまさぐられる。

69で薄布越しに陰部に口をつけられ、ブリーフを下ろして陰茎や睾丸をしゃぶる。

股布をずらされてクンニ。

ショーツを下ろされてマンコキ。

背面騎乗位、撞木反り、後側位、腰高位、いすか取り、後背位、裾野、伸脚後背位、正常位で中出しされ、お掃除フェラ。

アラフォーだが、ヌケるボディ

相当な年齢なのに、しっかり身体の手入れが行き届いているのだろう。

ヌケるボディを晒している。

素晴らしい。

本編はこちらから