【翔田千里】良い作品だとは思いますが・・・ – 友人の母 翔田千里

本編はこちらから

友人の母 翔田千里

女優名: 翔田千里

興奮することは間違いない。

息子の友人に犯●れ、快楽に堕ちていく千里。

翔田千里当時44歳、胸から上は美人だが、ぶよぶよのお腹は相変わらず。

ファーストレ●プの時点でかなり感じており、ラストの3Pでは完堕ち状態。

まるで媚薬でも盛られたかのような悶えっぷりで、私には少しやり過ぎな感じがした。

ただ、千里の色気が全編にわたって発散されており、興奮することは間違いない。

次々に挑みかかる男の子たちの欲望に牝と化す美熟母

海外赴任中の夫息子は親離れ寂しくて…0:07深夜憧れの美母の寝室を覗く澤地そこには火照る体を慰める姿が!0:20見ちゃったんです押し止め様とするが・・・若牡の懸命な愛撫に理性が失われ秘花を貫かれ噴き上がる雌の叫びついに剛直を愛しげに舐めしゃぶり腰を振っていき狂う0:59澤地君から聞いたんです深夜に部屋に入り込み迫る奥村阻めない…両手を拘束されローターに狂い啼きバイブに白眼を剥く電マによがり啼き男の子の発作を総て吸い尽くしていく1:21炊事中の美母に忍び寄る2人息子がすぐ傍にいるのに…懸命に声を押し殺し身を委ねていく1:30息子がいない時を狙い通う男の子達若い欲望に応え肉棒を咥え舐め扱き秘肉に迎えよがり狂う胎内に迸る獣液に身体が震える熱い噴射に舌を差し出し総てを受け留め穢れた肉塊を咥え残滓まで吸い取っていく

前作とは一変しコミカルな感じで新鮮さがあり○

翔田千里さん久しぶり見ましたが熟女で少しお腹に肉が付きオナニーやfuckの演技は○で前作の澤村さんのが凌●一辺倒って感じでしたが今回は逆に筋も一転してコミカルで前半~お馴染みのパンチラ掃除で始まり息子の友達2人が来て泊まりその一人(澤地)にオナニー見られ「欲求不満解消してやる」と迫られ食台の上で正座→立ちバックや正常位で突き捲られ次.椅子で対面騎乗位で翔田さんが腰振る所は○で中盤~友達の(奥村)が夜●い気味に→翔田の所へ行き手枷.玩具責め→М気味で手コキF抜き。

次キッチンで息子が新聞読む傍らで2人に玩具責めだけ→不満→ここはfuckして欲しい。最後は2人が息子不在時狙い訪れ3Pfuckと評価は分かれると思いますがいつもの筋に慣れた人には物足りなく映るかもしれませんが自分は新鮮味があり良かったです。

良い作品だとは思いますが・・・

翔田千里さん。

美人ですね。

どこから見ても美人。

美人で変に顔や体をいじってないので特に大好きです。

自然体熟女さん。

今作も気合十分で挑んで作品つくりをされたのでしょうが監督さんの意向か随所で“白目”が。

熟女の白目、個人的には好きです。

今シリーズの佐藤みきさんの作品ではレビューの皆さんから“無理しすぎ”とか“やらせっぽい”などの指摘もありけっこう不評をかこっているようですが当方は美熟女様の白目は好きです。

ですがそれは“抜ける”お顔になっているかが重要です。

この作品での千里さんの白目はちょっと“ぶちゃいく”が表現として適しているかと。

無理していると言うよりもせっかくの美人が台無しです。

後半の3P部分でもイキまくりのお顔が何か“クスリ”をやっているかのような逝きっぷり。

しかも白目でぶちゃいく。

逝きっぷりを表現するのなら作品中判の絡みで見せる正常位での挿入で男優の腰に足を絡ませ深く挿入をおねだりして激しく涎を交換するようなディープキスからの激しい腰振りと咆哮を期待したいです。

全般的に翔田さんのムチムチ感を楽しめる作品ですが“逝きっぷり”でちょっと違うかな??と感じました。

本編はこちらから