【RION】身体とルックスすべてに最高 – E-BODY10周年記念作品 台本、脚色一切なしの生RION!欲望むき出し乱れイキ野獣性交

本編はこちらから

E-BODY10周年記念作品 台本、脚色一切なしの生RION!欲望むき出し乱れイキ野獣性交

女優名: RION

史上最悪のE-BODY 駄目だろ!

この作品、まったくオススメ出来ません。

E-BODYシリーズが10周年ということでの「生RION」。

なのに一体どこが「生」なのか!?密室ハメ撮りにしても、これってゴムフェラか? と疑いたくなるし、悪いけど、私の好きな男優陣ではなかったので、まったく感情移入が出来ませんでした。

RIONファンで堪らなく彼女が好きだ。

というひと以外には、ぜんぜん駄目でしょ!!

賞に出れば総なめでしょ

最初台本を破り捨てるところからのハメ撮りだが、笑いながらキスをせがむところが普段のRION作品と違って良い。

素の部分を少し垣間見れたけど、もう少し男優がノーマルすぎたんで普通の内容になったのが残念。

Mっぽく変態チックなところも引き出してくれたら最高のハメ撮りになっただろうと思う。

次の吉村、最後の森林。

ここはもう「交じり合い~」のような内容となったけど、「特別企画」とするなら、もう一つ内容に工夫が欲しかった。

他の女優と絡んでるところに強引に入っていって寝とるとか。

そんな特別企画が欲しかったけど、RIONさんのBODY含めてポテンシャルの高さはピカイチなんで企画内容の薄さも帳消しにするくらい素晴らしい作品となる。

明日花キララのような男優を選びマンネリみたいな女優とは違う。

吉村みたいな一癖ある男優とも堂々と絡み最高のエロを見せる。

エスワンでももうRIONがNO1女優になった。

そう思わせる作品ですな。

楽しそうで何より

chapter1は確かに「台本、脚色なし」だけど、後は全部カメラが入っているので全編台本無しなのかは疑問です。

そんなことは置いといて、RIONちゃんが男優さんと楽しそうにSEXに興じている様は、見ているこちらも興奮できました。

男優さんがイッた後も余韻を楽しむようにキスを求めたり、カメラを忘れてペニスに食いつく様もすごく楽しそうに見えました。

「乱れイキ野獣性交」はややオーバーな気もしますが、見ごたえのある1作でした。

よかった!

RIONさんは顔も体も好きでしたが作品を購入するのは初めてでした。

思ってたよりもすごい良かった。

台本無しが台本?

まず特典の写真10枚ってのが凄い(笑)で今回の作品は本能のままにみたいな感じですがAV仕様で手順は守られてますRIONさんが好きなら買って損はしない内容だと思います。

エロい!

いつものE-BODYよりはゆったりした流れですが、すごく気持ちよさそうなSEXが次々繰り広げられ、すごく良いです。

おっぱいが大きく、フェラも上手!エロいです。

おっぱいはさすが

内容は少し物足りないです。

ハードさがもっとほしい!ただおっぱいは流石ですね。

美body全開

とにかくRIONのボディーが美しく、下着や照明がさらにそれを引き立てている。

男優2人が側からカラーボトルでローションを垂らしマッサージするシーンが特に。

題名のような乱れ感は正直あまり感じなかった。

まさに女優さんといったところ。

記念作品として押さえておくにはお勧め。

本能のままの作品はイイです

少しカラダの垂れ具合が気になるところではありますが、まだまだ頑張ってます。

吉村との絡みが相変わらずのネチネチでよかったです。

暗闇での絡みはどうもよくわからない・・・。

普通に良い

ずば抜けて良いわけじゃないけど、いつものS1+RION作品が全然エロくないので凄く久々にまともなものが観れたという感じでした特に中盤の吉村氏との絡みはかなり良かった

最高です

RIONさんの作品で私的には一番です。

特に吉村とのカラミはフィニッシュが最高でした。

E-BODY10周年記念作品

10周年おめでとうございます。

久々に見たが大して期待してないよくぞここまで全体の雰囲気を崩してくれたもんだ何時から始めたかへんてんこりんな設定がないだけマシかもしれんが玉木のハメ撮り、ローション尺八、メイン森林と使えない人は使えんでしょうね。

慣れきったった男優やよく見るソファーや地下室みたいな部屋で台本なしもなにもないでしょうしいて言えば真ん中は吉村らしい絡みはしてますがそれだけじゃないE-BODYにふさわしいって今の作風ではどの女優さんでも宝の持ち腐れ

この向こうにスペンス乳腺ものがあってほしい

RIONの演技は固いし、Hもだいたい固い。

その意味では面白くない。

ただそれは性格でもあるので、性格は変えられず、殻を外すのが大変なのもよくわかる。

最初のインタビューでは少しマシとはいえ、相変わらず殻を感じさせるのだが、Hでは確かに台本なしが功を奏したようで、かなりいい絡みになった。

男優さんが「やれずにはおれない」と乳いじりする場面が何箇所かあって、作ったフェチはなくてもRIONの乳ならばそれだけで圧倒的なフェチ感が出る。

特に貪るような吉村はよかった。

スペンス乳腺見たいなあ。

でもまた、楽な演技に戻っちゃうんだろうなあ…

普通

ジャケットの佇まいはさすがの破壊力、表裏ともに。

♯1ハメ撮りは演出的にミス。

Mで輝くRIONなのに、男優山田の動きを制限してしまうのはいかがかと。

それなりに没頭はしているが普段の作品とそう大差はない。

♯2 吉村との絡みは絶品。

出し惜しみなしでクンニ前に全裸となり大解放。

ソファでのクンニは超エロい。

V字でバックリ開脚され、変態吉村の餌食感がたまらん。

感じまくって両足が伸びきった状態で連続イキ。

絨毯上でのV字開脚正常位もいつもの吉村ドリルでゴリゴリされるのが圧巻のエロさ。

そして耐え切れずに暴発射精してしまい、RIONの美顔にぶっかかかるシーンは激エロ。

♯3 ドロドロローション責め。

ドロッドロにされたボディは抜群にエロいが、残念ながらこれも特別感はなく普通。

♯4 森林との絡み。

後半、腰を持ち上げて突かれまくり、浮かしたままアクメするシーンは良かった。

上半身が浮いてるので神乳の揺れも浮遊状態のよう。

が、全体的には過去作との違いは特に生み出せていない。

E-BODY10周年記念ということで期待したが、びっくりするほど可も不可もない作品。

唯一吉村がRIONの限界を少し突破した程度か。

そりゃRIONなので美しいのは間違いないし、霊長類最高美裸体だから見応えもあるし。

だが、だからこそハードルも高い。

2012年発売の「SSS-BODY 完全ノーカットSEX 麻美ゆま」くらいの野性的で芸術的な仕上がりを期待したが、やはりまだRIONは殻があるなぁ。

身体とルックスすべてに最高

最初にインタビューで台本を破り捨てハメ撮り。

恥ずかしそうにしながらの絡みは初々しくて良かった。

感度も抜群で悪くないが、もう少し二人っきりというシチュエーションを男優が生かしRIONの素を引き出すぐらいしてほしかったところ。

そこだけが残念次と次のシーンは舐めるというのがメーンで、舐め具合は悪くなし。

ただ台本を破り捨てるという割に仕事感が見え隠れしたのが疑問。

ただRIONが舐めまわされてるだけで興奮する。

女優が素晴らしければ、問題無し。

最後はエスワンでの「交わる」シリーズと同じで、キスを猛烈に交わしながらハメまくる。

よく見たシチュエーションだけど、何回見てもRIONの猛烈ぶりは肉体のすばらしさがプラスされて完璧に近い。

最後のほうで「私も好き」と台詞なのか本音なのかは分からないが、ポロっと漏れた台詞が交わる具合の良さを感じさせた。

マンネリを超えるに相応しい言葉だったと。

マンネリといえばマンネリだけど、RIONの無我夢中に絡む作品はどれもこれも素晴らしいので、こういうマンネリは歓迎したい。

次がある事を願う。

本編はこちらから