【竹内梨恵】益戸育江(高樹沙耶)似の色白巨乳熟女 – 淋しんぼ母さん 過剰な愛情欲情セックス 竹内梨恵

本編はこちらから

淋しんぼ母さん 過剰な愛情欲情セックス 竹内梨恵

女優名: 竹内梨恵

好きな女優。

好きな女優なので内容に多くを求めてしまうがこの作品は秀逸。

汗まみれでのカラミは一見の価値あり。

謝る母親

竹内梨恵の母親役作品ではこれが一番好きだな。

顔面騎乗位で息子にクンニさせるシーンと中出しシーンが良い。

最初の近親SEXが終わって母親から強引に関係をもった事に対する罪悪感から息子に謝る所が背徳感があって良かった。

男優が「瀧口」でなければ・・・。

竹内さんの素材は勿論逸品ですし、演技もよく出来ています。

全裸のシーンも多く、美白肌に汗も滲み、とても美しい。

珍しくカメラワークも評価できます。

竹内さんの最高傑作に充分なりうる作品でした。

ただ…よりによって、息子役が「奇形肉棒」の瀧口。

ドラマシーンではムリに「息子らしさ」を出そうとオーバーな演技。

本番シーンでは拒否する演技が求められているのに、進んで乳房やま○こにむしゃぶりつく。

「母さん、ダメだよ」と言いつつ、一歩前へ進んでバックから突っ込む。

ストーリーを全く理解していない。

折からの男優不足と、女優から支持を受けているかもしれない肉棒で、運よく熟女系作品に居場所を得ただけの男優。

女優さん・制作陣がこのハンデをよく乗り越えましたね。

高評価を与えてもいい作品です。

益戸育江(高樹沙耶)似の色白巨乳熟女

夫と離婚した「竹内梨恵」。

高校生の息子「明」(瀧口明宏)に「一緒に寝てもいい?」とねだられて、「もうしょうがないわねぇ」と呆れつつも、喜んで布団に迎え入れる。

ところが、学校で女の子に告白されたと打ち明けられる。

スマホで彼女とデートを約束する明を見やって、嫉妬心に駆られる。

子供部屋のベッドで浮かれる明に、「母さん、最初は明に彼女ができて、うれしいと思ってたんだ。

でも、だんだん明が母さんのところから離れていくのが、辛いの」「母さん……」「お願い、私、あなたがいないと、どうしていいかわからないの。

だから、どこにも行かないで」と激白。

唇を奪って、手を胸に導く。

馬乗りになって陰部を勃起に擦り付ける。

半袖シャツとブラを取って、乳房で顔をなぶる。

手をスカートの中に導く。

箍の外れた明に、乳を揉まれて乳首を吸われる。

スカートをまくられて股間に口を着けられ、さすられ、尻をしだかれる。

ショーツの足ぐりに手を挿れられる。

ショーツを下ろして顔面騎乗し、指マン。

マンズリしながら、乳頭や陰茎や睾丸をしゃぶる。

騎乗位で筆下ろしし、後背位で突かれる。

正常位で「あぁん、いい、いい、明、んんっ、いいよ、出して、出していいよ、あぁっ」「イッちゃう」「中に出していいから」「あぁっ、イクッ、んんっ」と膣内射精。

ソファで洗濯物を畳みながら、明を想って胸を揉む。

長袖シャツをたくし上げ、ブラをはだけて生乳を揉み、乳首をつまむ。

シャツとブラを取り、ミニスカをまくって股間をさする。

ショーツの股布をずらしてマンズリし、ウェストに手を挿れる。

ショーツを下ろして指を膣に突っ込む。

明に盗み見られる。

浴室に乱入した明と、湯船で向かい合う。

洗い場で乳や陰部を手洗いされる。

湯船で手コキで胸射させる。

布団に入るが、眠れない。

乱入した明に、「彼女と昨日、別れだんだ」「ええっ、急に何で?」「やっぱりさ、彼女とどっかに遊びにいくよりさ、母さんと一緒にいたほうが楽しいんだもん。

だから、これからもずっと一緒にいようね」と肩を掴まれる。

舌を絡め、胸を揉まれ、腋の下を舐められ、股間をさすられる。

スリップをはだけられて乳首をつままれ、吸われる。

ショーツの股布をずらされてクンニ。

ショーツを下ろされて尻をしだかれ、指マンで潮を噴く。

乳頭や陰茎をしゃぶり、69。

正常位、前座位、騎乗位、後背位、後座位、松葉崩しで汗だくになり、正常位で中出し。

本編はこちらから