【愛音ゆう】アナル – 黒ギャルの高速アナルピストン

本編はこちらから

黒ギャルの高速アナルピストン

女優名: 愛音ゆう

女優のピストン技術向上

バックから、男の腰に抱きついての密着ピストン・男の両腕を持っての深突きなど、今までの女優には無い技が見られる。

あの小さいギャルたちがここまでやるとは。

5パート目がよかったです

最後のパートでギャル3人がかりになったのが盛り上がりました。

しかも最後のM男は豊満なお尻で嗜虐欲をそそりますし。

大きな男尻はギャル集団から弄ばれるためにあるのです。

必ずしも黒ギャルである必要はないが。

愛音ゆう、超ミクロだが、腰使いはかなり優秀。

他の3人はいなくてもいいくらいだ。

愛音だけでレズアナルものを作ってもらいたい。

一戸のぞみレベルのデカ女をこっぴどく犯して欲しいもんだ。

惜しい気するなぁ~・・・もう一つイヤらしさに欠ける。

4人ともギャルらしい腰使いと言った感じで、上手いと言えば上手い。

中でも桜庭ハルは良かった。

☆4つ(1回のみ登場は残念。

)突き方、声質、言葉責め(掛け)など愛情を感じるプレイ。

ただ、声が小さく男の喘ぎ声の方がデカクなるのは頂けない。

これに関しては、制作側の技術の問題が大きい。

予算上、音声マンを付けることは難しいものか?この問題はすべての制作会社の課題である。

早期、改善を求む。

愛音ゆう。

若干、虚勢張ってる?さらにキンキン声で耳が痛いので減点。

ただ、最後のシーンで、終始プレイに気を抜くことはなかった。

そういうところは認めたい。

ピストンもガンガン突く当たりは、間近で見ていた2人にも参考にしてもらいたいところ。

尚、“ギャルの乳を拝めない。

”“ペニバンがしょぼい、はずれる。

”なども減点対象。

総評は“良い”と“普通”の中間ぐらいです。

激しい運動

激しいピストンが好きな人でめちゃくちゃにされたいのなら、良い作品です。

ただ、一人ブスが混じっているので、注意しましょう。

なえてしまいます。

プレイの巧さ+顔の評価です。

男優は空気。

アナル

時に厳しく、時に楽しくアナル掘り。

なかなかの良作。

ラストシーンは良かった。

本編はこちらから