【美園和花】腋と胸に期待し過ぎは禁物かも知れません。 – 【VR】腋と乳と美園和花と

本編はこちらから

【VR】腋と乳と美園和花と

女優名: 美園和花

ムチムチ美女!

美園和花さん なかなかのエロムチBODY腋見せもエロくて好きな設定だ!せっかくなので、脇毛も少し生やしてくれてたら、絶対、エロさUPしてたはず><

出ちゃった&潮噴いちゃった

OculusGo+HQにて。

美園和花さんのボディを楽しめる作品だと思います。

騎乗位の場面でハッとすることが…パコンパコンという音から始まり、途中でピチャピチャという音に変わると和花さんが「出ちゃった」と。

さらにビチャビチャとなると「潮噴いちゃった」と。

音が変わる少し前から和花さんの表情も変わり、本当にイッちゃったのでは?表情の変化を見るためには視線を上向きにする必要があり、これぞVRらしさ。

タイトルにあるほど<脇>は楽しめないので☆-1です。

<脇撫で>や<脇舐め>はありません。

おっぱいを強調するために腕を上げて脇を見せているだけです。

脇がツルツルじゃない彼女の作品は多いです。

黒いポツポツが見えたり、片方が黒ポツポツで片方は短い脇毛が生えているものもあります。

腋フェチの方すみません

私個人は腋には興味がございません。

ではなぜこちらを購入したか。

二の腕の内側が好きなんです。

このジャケットのように腕が上にある状態。

最高です。

で、この作品。

最高です。

わずかに位置は違えどほぼ同じ穴の狢。

腋フェチの皆様仲良くしてくださいw

前半途中まで視聴ですが、レビューします。

美園和花ちゃんのVR購入この作品で3本目です。

前の2本は内容は良かったのに、個人的に女優のサイズ感が納得出来ませんでした。

当日まで購入悩みましたが、購入して良かったです、この作品で納得するサイズ感の美園ちゃん見ることが出来ました。

美園ちゃんの腋の剃り跡を間近で見れますし、顔を見ながらオッパイを揉み揉み、乳首をコリコリしたり。

サイズ感の良さで、美園ちゃんのあの大きなオッパイをより堪能出来たと思います。

興奮した唇と興奮した胸

興奮した唇と興奮した胸この 女の子 口が 本当に かわいいです肉感的な体つきありがとう

美園和花さんの身体がたまんない!

剃り残しが残ってるエロ腋マンコです。

こんなに可愛い子がこれでもかと腋を見せてくれるのでたまりませんでした!

星4.5

美園和花目当てで購入して間違いはないです。

充実した脇要素が楽しめます。

特に正常位シーンのカメラ位置/角度が絶妙にイイ。

没入感goodです。

ただ、個人的にほんの若干(拳1コくらい)被写体アップにして欲しかったので-0.5で

ムチムチ

和花ちゃんの、体の魅力が伝わる作品となってます。

画質、距離感はバッチリです!ワキフェチのかたも、ムッチリ好きな方も大満足出来ると思われます。

買って損無しです!

微妙な剃り残しはわざとなのか

ここが評価別れるところかも自分は綺麗なワキが好きなんだけど剃り残し(ジョリワキ)好きとどっちが多いのだろう結構ボリュームある女優さんワキ見せフェラとかワキフェチ作品にあるプレイが体験できます個人的には美ワキで超覆い被さり的な視点があれば星6位ある

オーソドックスながら、新しい

この監督さん、分かってる!和花ちゃんの武器はおっぱい!それを上手く使っていて、飽きないです!変わったことをせず、基本に忠実なカメラワークがツボを押さえてます!!途中の潮吹きも最高で、そこで1回果ててしまいました!!画質も今まで見た中で一番良かった!!

美園和花の乳と腋の下

すごすぎる!!騎乗位・対面座位・正常位の距離感がバッチリでかなりの臨場感が味わえます!!腋とおっぱいをフィーチャーした作品は意外となかったけど、この作品はこれでもか!というくらい見せてくれます。

和花ちゃんのむっちりとしたダイナマイトBODYも最高で、今後何回もリピートする作品になりそうです。

腋と胸に期待し過ぎは禁物かも知れません。

オキュラスゴーHQ視聴。

こちらの女優さんは初めての視聴です。

ストーリーは単調ですが、ムッチリ、おっぱいも大きく見応えのある女優さんなのは確かです。

そもそも腋フェチがきっかけで、目に留まり、購入に至ったのですが、あまり好みの腋ではなかったのが、正直な感想。

肩まわりがムッチリされていらっしゃるので、好物の腋から胸にかけてのラインが画質もあってか霞んで見えました。

照明やオイルなどでコントラストがあれば良かったのかも知れません。

また、騎乗位の覆い被さりの視点の際、結合部から上半身にかけての画質が悪いのもマイナスかなと思います。

せっかくのおっぱいの揺れが楽しめません。

全体的には腋と胸にスポットが当てられている作品だと思いますが、より活かした作品を次に望みます。

本編はこちらから