【山口菜穂】リアリティーゼロ・・・。 – 「そんなに舐め続けられたら私…」夫の部下の舐められ性交に堕ちた上司の奥さん 山口菜穂

本編はこちらから

「そんなに舐め続けられたら私…」夫の部下の舐められ性交に堕ちた上司の奥さん 山口菜穂

女優名: 山口菜穂

山口菜穂美人すぎ! 梅津吉雄、コンピューター園田、橋本誠吾と4P

部下1号の梅津吉雄が山口菜穂を寝取る。

梅津の十八番の激エロいベロチュウに山口菜穂は早速メロメロになる。

リビングで乳首を吸われパンティーに手を突っ込まれると山口菜穂の蒸れ蒸れオマンコはパンティーにいやらしい染みを付ける。

スカートのみ着衣のファックが超エロ。

バックで激しく突かれ逝く山口菜穂。

ここはもっと長時間激しくピストンして山口菜穂を逝かせまくって欲しかった。

フィニッシュは乳射。

その後、山口菜穂は梅津に堕ちる。

部下2号・コンピューター園田と部下3号・橋本誠吾と山口宅を訪れた梅津。

部下3人で寝ているところに山口菜穂が現れ、コンピューター園田と梅津とで3Pに突入。

梅津にオマンコを舐められながらコンピューター園田とベロチュウする山口菜穂。

やがて橋本誠吾も参戦し4Pに!園田と橋本に乳首を舐められ梅津にオマンコを舐められ感じる山口菜穂。

梅津に肉棒を注射され園田のチンポをしゃぶりながら橋本に乳首を舐められる逆ハーレムの山口菜穂。

続いて園田にバックでぶち込まれ、梅津とベロチュウ、下に潜った橋本に乳首を吸われる山口菜穂。

橋本に乳首を吸われながら梅津のチンポをしゃぶり、園田にバックで犯●れる山口菜穂。

今後は橋本に騎乗しながら梅津と園田のチンポを交互にしゃぶる山口菜穂。

橋本に激しく突き上げられイキかける山口菜穂。

園田と橋本に体中弄られながら梅津に立ちバック&片足上げ立ちバックで突かれる山口菜穂。

橋本が乳射、梅津がバックから尻射、園田が顔射してフィニッシュ。

ここは出来れば3連続顔射でザーメンベロチュウして欲しかった。

ピストンがもっと強力ならより興奮出来た。

山口菜穂。

美人過ぎ。

文句なしの星5。

レギュラーとして毎月リリースして欲しい。

非常にもったいない

序盤~中盤にかけての描写は非常にリアルで、男性はもちろん、女性も求めるシチュエーションではないでしょうか。

なので「ありうるよな」と感心したものでしたが、終盤はただのAVです。

うーん・・・

菜穂さん作品の中では、これまでsodから出てた作品も含めて本作が一番いいと思う。

ただ、ストーリー全体に漂うギャグ的要素が強すぎるし、この設定では菜穂さんがあまりにビッチ嫁すぎて私の好みからは外れる。

そもそも不倫物で3Pや4Pすること自体が邪道。

1対1でとことんイカセまくらなきゃ。

そういう意味では前半の梅田だけが相手のうちはまだいいと思うが、不倫をする動機付けとか刹那的なものがないんですよね。

菜穂さんの演技力では辛いかもしれんが・・・

現実のマグロっぽくて良い

前半は、山口奈穂さんのマグロさが、現実にいる流されやすい女性らしさが出ていて、非常に引き込まれた。

後半は何の文脈もリアリティも無いので、このAVには不要ですね。

そういうのだけ好きな人向けに、別のAVが沢山あります。

2人だけの場面はAV史上最高の内容、且つ提言(レビュー4)

1対1の場面は、可能な限りの公平な評価をこころがけてもなお、AV史上最高の作品と言える。

他の方がコメントしておられた、女性にも受け入れられるという件には共感を持つ。

女性向けAVという意味ではない。

複数プレイの場面は1対1の場面に較べれば、ややという気がするものの、丁寧な作りを高く評価する。

それも1対1の場面に比較すればの話であり、一般の他作品群と較べれば非常に高い評価だ。

山口菜穂さんは私と妻が観たbestofbest。

可能な限りの公平な評価でもbestofbestの女優さんだ。

自然で、情感と佇まいのすべてが有ることは素晴らしい。

次作を期待する。

刺激的な演出を避けて戴きたい。

刺激的な演出は、そのときは良いものの、一過性であり飽きる。

女優さんは短命になる。

山口菜穂さんには長く活躍して戴きたい。

5Gの時代には観る側が違いを感じない映像は淘汰される。

違いは無数に知恵を出せる。

知恵と資本力は無関係だ。

違いの一つが質の高い作品作りだ。

当たり前だろうと思い易いが、そのように思うことはモノクルでステレオタイプだ。

例として挙げた。

山口菜穂さんは、お持ちの資質自体が既に貴重な違いだ。

女優さんの資質の意味を制作側は再考して戴きたい。

この作品に出ておられる男優さんたちは評価できる。

なかでも、主たる男優さんを、特に高く評価する。

Netflix全額出資の国産「FOLLOWERS」は独占190か国配信が決まっている。

製作費も潤沢だ。

資本規模の面で真っ向勝負は無理だ。

構造を変えるべき。

DMM創業者が東洋経済で仰せの如く自社の社員が世間から色眼鏡で見られないようにするには原点を。

優先順は新規事業よりもベンチャーキャピタルよりも原点のAVだ。

それは結果としてDMM社員が色眼鏡で見られないことにも繋がる。

AVの利益を新規事業に回し、証券事業のように新規事業は失敗しても、AVが金城湯池なら多角化は容易だが、そしてDMM創業者は、偶然AVで当たっただけと東洋経済で仰せだが、原点の改善は要る。

批判ではなく前向きの進言だ。

また、男優の質量を上げることも要るが大変だろう。

本作品の男優さんの話ではない。

創業者の新型コロナウイルス対策の3Dプリント発信は評価する。

何よりも、人の道に外れることをしないと創業者が仰せを評価する。

リアリティーゼロ・・・。

夫の部下が来て、キャミ1枚で対応する若妻に会ってみたい・・・。

そしてその格好で、マッサージさせる女にも。

本編はこちらから