【蒼井さくら】引きが弱いが凌●強●として良作 – 残虐四姉妹物語 工藤美紗 蒼井さくら 中谷美結 佐々木奈々

本編はこちらから

残虐四姉妹物語 工藤美紗 蒼井さくら 中谷美結 佐々木奈々

女優名: 蒼井さくら

総花的な良作

色々なバリエーションのヒロインを登場させ総花的にユーザの要求を満たす事を目的とした、小説などでよくあるプロット。

前半は、真面目でしっかりものの長女と気が強く派手目な次女の其々の2シーン。

力づくでは無い分、屈服を強いられる事に、それぞれに屈辱感を増幅させていいシーンに仕上がっている。

後半は話としては崩れ気味だが、セーラ服の四女のシーンと、四女を守るために(無駄になるが)長女・次女が自己犠牲をする奉仕3Pシーンもそれぞれの好みで嗜好は分かれると思うがよく出来ている。

4人登場する作品はこの後、女子アナものもあるが、断然こっちの方が作りは良い。

末娘の処女喪失?シーンが良かった

少し長すぎる作品だが、末娘(志●未来似)中学3年生か高校1年生)が悪漢田淵に「怖くないよ、痛くしないから、・・優しくしてあげるね・・お●んこ自分の手で拡げろ!お●んこ味見させてもらうよおじさんのもしゃぶれ!お●んこ舐めてあげるね、、、クチュクチュお●んこ拡がってきたね、気持ちよくなったかい?気持ちいいんだね」と最後の田淵のそそり立つ肉棒による強●射精までの延々と続くシーンが何ともエロい、最後の花びらを散らす嬌声が何ともリアル(股間からの処女膜喪失鮮血がなかったのでマイナス1評価)ここのシーンまでしかまだ鑑賞していないが、久々にリアルなアタッカーズで抜けました。

他の3人は並評価なので忙しい方は上記のシーンだけでも見る価値有。

長女

悲壮感が出ていて、色っぽくて、良かったちょっと銃で・・・みたいなシーンがいただけない

引きが弱いが凌●強●として良作

ドラマは場面展開多いが極力無駄を省き、四姉妹を集団強●でなく色々な場所で多彩なカラミで強●しまくり、けっこう凌●感あります。

3時間も結構早く感じられます。

特に私は最後の女優二人に男優一人のカラミが良かった。

三女の展開は好みで無いが、あれだけ無表情なら仕方無いか。

しかし有名でない女優だけでの3時間作品は、本作を視聴させるのに引きが弱いのがこの作品の最大の問題点。

本編はこちらから