【水卜さくら】個人的にストライクが過ぎる。 – 地味な教え子のノーブラ、ポロリ、透け乳首 着衣巨乳の再会でゲス勃起 水卜さくら

本編はこちらから

地味な教え子のノーブラ、ポロリ、透け乳首 着衣巨乳の再会でゲス勃起 水卜さくら

女優名: 水卜さくら

ニッチな性癖の人向けの作品(イチモツをおっぱいにペシペシする)

ミトちゃんの乳首は陥没気味なのでパケ写のニット姿の乳首ポッチはニプレスかと思いますが、作中ではきちんとナマの乳首が透けるシーンが多々あり、着衣&濡れ透け系の作品です。

ミトちゃんの全裸が一切無い点は物足りないかもしれません。

ミトちゃんの台詞で「先生って機械オンチなんですね。

ここをクリックして~こうして~インストールするんですよ」といったセリフがあり、このパソコンに詳しいインテリっぽい描写はミトちゃんの作品では初めてか。

男優さんは高校時代の恩師である「先生」のみで、この先生の性癖が個人的にちょっと謎なので、視聴者的には先生への賛否が分かれるかと思います。

全5シーン中、最初の2シーン目はミトちゃんが「先生やめて」ぐらいしか言わず、着衣プレイですのでここも少々物足りない。

先生も「水卜ごめん、本当にごめん」「体が勝手に!」みたいな感じでふっきれていない。

3シーン目から先生もミトちゃんも徐々に性欲が解放され、4シーン目の授乳手コキ&着衣パイズリはミトちゃんもかなりノリノリ。

5シーン目ではミトちゃんから最後にもう一度セックスしたいと言い出し、また作品冒頭の伏線回収もあり先生&生徒設定は守られてます。

しかし先生の設定上の性癖が謎で、自分のイチモツをおっぱいに当ててペシペシする、着衣パイズリ&着衣の中でパイズリなど、よくわからない小技がやたら多いのです。

そればっかりやっている印象。

カメラアングルを意識したクンニや手マン等がなく、AVとしてはニッチな性癖の人向け、ということになるんじゃないでしょうか。

(着衣や透け自体はミトちゃんという素材が優秀すぎるので一定の需要があると思うのですが。

)以下脚本・設定について。

AVとしてはあまり重要ではないのかもしれませんが、作品冒頭の描写的にマンションのはずなのですが2階(もしくは2階相当の吹き抜け)があるキレイなお部屋なのでこの先生はかなりリッチで仕事が出来る人なのだと思います。

それが先生の優柔不断なキャラ設定に合っていない。

多分ここは「汚いボロアパートに住んでいる冴えない先生。

でも真面目に頑張っていたら、かつての教え子とセックス三昧できて人生大逆転!」という描写にもっていった方が、臨場感があったのではないかと個人的な意見。

着衣プレイは不評!

地味な教え子に扮する水卜さくらのおっぱいがもう堪らん!堪らん!着衣プレイは不評なのに何故か水卜さくらだけはエロくていいような感じになっている?不思議なエロパワーだな。

ミトパイ…最高!

ゲス勃起と言う言葉にふさわしい作品。

何度も勃起してミトパイに癒やされて…羨ましすぎる!パイズリのシーンが多々あり、めちゃくちゃ素晴らしい作品でした。

パイズリ好きには堪りませんなぁ。

個人的にストライクが過ぎる。

水卜さくらのおっぱいが好きな者として、外せない一作です。

着衣ものだとあくまで生乳を見せない作品もありますが、本作はどちらも味わえます。

時々美味しそうなピンク乳首とプルプルの乳房がご開帳されるのがGOODです。

以下、サンプルをご覧になればわかる内容ですが、チャプターの流れに従って内容を書きます。

チャプター1、乳首の浮いた白ニットに我慢できず揉む。

その後、汗で透けたタンクトップにいよいよリミッター外れて揉みまくる。

勃起してきたところでチンコを横乳や下乳、谷間に擦りつける。

まるでおっぱいとセックスしているよう。

チャプター2、眠っているグレーのニット姿にイタズラ、からのセックス。

体位変換は少なめだが、騎乗位でニットをめくり上げて拝む下乳が神。

チャプター3、風呂場で濡れ透け白ブラウスに興奮してセックス。

主に立ちバック。

ガラスに押しつけてプニプニと潰れるおっぱいが卑猥。

チャプター4、パステルな水色タンクトップでパイズリ。

激しさはないが、焦らされるのが良し。

チャプター5、お別れ前最後にもう1セックス。

ソファも使って背面座位など色々堪能。

すっかりエロ化した教え子をどうぞ。

本編はこちらから