【茜笑美】篠田ゆうの顔 – 目の前で痴●されている女子校生とずっと目が合っていた

本編はこちらから

目の前で痴●されている女子校生とずっと目が合っていた

女優名: 茜笑美

フニャチン揃いでした

しかし、最近の多人数参加の男優どもはフニャチンが多いですね。

この作品もほとんどフニャフニャでした。

全然興奮しません。

コンセプトはいろんな状況に応用が利きそう

3人の女優さんがみなお気に入りってだけでもポイント高いのに、痴●されてる最中に視線を送り続けるコンセプトも素晴らしい。

内容は痴●行為の流れそのものは平凡でもっと過激な作品はいくらでもあるけど序盤からなかなか視線がこっちを向かないまま痴●がエスカレートしていって、いざ目線が合う瞬間の反応をみなさん上手に演じていてかなり引き込まれた。

またそれぞれの目力のタイプと訴えかける視線のテーマも噛み合っていて予想以上に抜けた。

中でも最後に登場した茜笑美の蔑む視線が一番興奮したかも。

唯一残念なのは目線へのこだわりのせいで顔のアップが多く、絡み全体の見通しが悪いことくらいかな。

野本義明というと素人企画系での飄々としたトークの印象が強くておっぱいコピーみたいな作品で持ち味発揮するのかと思ってたから、レモンハート中島みたいな作風の痴●ものはちょっと意外だった。

もうひと捻り欲しかった。

タイトル通りです。

女子高生が痴●されて「助けて…」という視線を送って来るという主観映像。

アップのシーンもありますが、もうひと捻り欲しかったところ。

自分も痴●隊に加わるとか、電車を降りた後でトイレに連れ込むとか。

逆に火のついた女子校生に誘われてホテルに行くのもありか。

同じようなパターンを3人の女優で行っただけで、目新しくはあるが、企画の限界を感じた。

篠田ゆうの顔

篠田ゆうがやられながらせつない視線を向けているのがまるで自分がいじめているようで抜けます。

本編はこちらから