【初美りえな】これで – デビュー初SEXで男優が挿入前に手コキで暴発!! 手コキの天才人妻(無自覚) 初美りえな 33歳 AVデビュー!!

本編はこちらから

デビュー初SEXで男優が挿入前に手コキで暴発!! 手コキの天才人妻(無自覚) 初美りえな 33歳 AVデビュー!!

女優名: 初美りえな

これはヌケます

手コキは確かに、ツボをおさえてる、という感じ。

単に強くしごけば良いのではないことをわかってますね。

個人的には、冒頭シーンのジーパンを脱がせた後の、面積の小さい白のTバック姿で、ヌケました。

手コキの天才

「手コキの天才」って,どんだけ凄いのかと思って見たけど,そうでもない。

公表,33歳の人妻,初美りえな。

お顔は,ややギャル系で可愛らしい。

また,ピアノの先生らしく,指さばきは,一応プロ。

なので,チ○ポ相手の手コキもテクを磨いたのか,風俗経験者なのか・・・,その技をAVで見せます。

「無自覚,無意識に習得した」としているけど,そんな事はあり得ないね。

その他,舐めフェラやSEXは,並みのプレイぶりでも,男優が,SEX前に,優しい手コキで暴発してしまうのは,情けない。

やはり,高速手コキのほうがエロいので,今後,長時間高速手コキの限界に挑戦してほしい。

うーん、まぁまぁ。

なんか特殊な手コキする人です。

多分どっかのヘルス嬢かなんかで、音楽家っていうのは手つきから連想した設定だろうけどそこはまぁいいです。

可愛いしスタイルもいいし、男優の反応見てるとこの手コキは本当に気持ちいいんだろうけど、個人的に、しごき上げるタイプの手コキが好きなのでこれは合わなかったな。

ルックス フォルムは素晴らしい

かなりの茶髪ではあるけど下品ではなく、色白で胸もあるし、肉付きが丁度いい。

私的には満点の容姿です。

ただ、手コキにシーンが多過ぎ。

 品のいい手の動きは、それなりにエッチではあるけど、なんかソフト過ぎるる。

2作目があるなら、もう少しセックスシーン、顔射、掃除フェラを入れて欲しい。

貞松、黒田のウザいコンビは勘弁して。

全てにおいてエロ過ぎます!

イイ意味でジャケ詐欺です!物凄く可愛らしい女優さんです。

卵型の丸い顔立ち、美白の美ボディ、柔らかくてプリンプリンの美巨乳…タイトルの手コキの天才!とありますが、手コキどころじゃありません!超、超、超、ドエロい女性です!自ら激しく腰を振りまくるグラインド騎乗を見れば分かります!サンプルだと絡みは1回かと思いましたが、中盤とラストにエロエロな絡みがありました。

ラストの絡みでは手コキもさることながら、じっくりゆっくりと時間をかけたフ○ラもあるし、髪もアップに束ねていたのも良かった。

こういった清楚系の女性は髪をアップにしてると更に清楚感がアップします。

顔、身体、雰囲気とどこをとっても抜ける女でした。

3月上旬に発売されてから、次作の予定がないようなので期待は出来ませんね…3Pや複数プレイも観てみたかった(泣)余談ですが、自分は「冴島かおり」や「瀬戸すみれ」などの女優が好きなんですが、彼女も2人に通ずるものがあると思いました。

特に「瀬戸すみれ」によく似てるなぁ…と思いましたね「瀬戸すみれ」の作品は殆ど集めてますが、かなりタイプが似てると思いました。

(身体はコッチの方がキレイかな…)何はともあれ自分にとっては完全にハマる女性ですね…

映像では伝えにくい

女優さんは普通にかわいい美人さん。

すべすべした美白肌だ。

性技全般に長けている。

自身の感度も良い。

ピアノで鍛えた五本の指を内側に曲げて包み込むように、優美にサワサワと動かす手コキ。

男優はそれだけでイッてしまったが、もちろんその感覚は映像では伝わりにくい。

この天才技はAVよりもエステなどの風俗で生かすのが正解だろう。

ボランティアとして、老人ホームなどのお年寄りの性欲処理に活躍してもらうのもいい。

そうすれば、まさに「ゴッドハンド」になるのではないか。

ソフトな手コキw

りえなさんの手コキは素晴らしいですねwお顔の方は好みが分かれますが意外と清楚な感じがしてとても可愛らしいです。

手コキはフェザータッチというんですかねとても滑らかでツボを得ています。

あんなことされたら間違いなく発射します。

りえなさん自身も手コキでいかせることに喜びと自負をお持ちなようです。

新作を期待しているんですけどもなかなか出ないようですね。

別名も探してみますよw

これが手コキ

優しい手コキは女性も必見だと思う。

これは出ちゃいますよ。

彼女に教えたい。

可愛い系です!

思ったよりかわいい女優さんでした。

暴発物だけあり結構Sッ気があるのでMの人にはオススメです!

これで

高速手コキだったら皆さん暴発してるのかなと思ってしまいました。

いらないシーンもありましたが、概ね言うことなしでした。

本編はこちらから