【岡田真由香】グラビアの頃の – LOVE OFFICE 岡田真由香

本編はこちらから

LOVE OFFICE 岡田真由香

女優名: 岡田真由香

初AVから1年半が経ってしまった。

岡田真由香はどこに向かおうとしているのか、何を守ろうとしているのか。

次作で終わりでしょうか、それとも本当に商品価値を最大限に延ばしたく、もったいぶっているだけなのか。

ただ確実なのは年齢による肌のはりの衰えだけは待ってはくれない。

四本目でこれって・・・

第四弾ともなるとさすがに前作以上の過激路線を想像する人もいないと思いますが凝りずに購入。

設定は前作までとほとんど変わらず。

ならばせめてH部分でのボリューム増を望んだものの、なんとカラミはたった一回のみ。

プレイは・足コキ・パイズリ+フェラ・ローション+手コキ・カラミ全裸になるのもローション場面のみで、前作までにあったアナルチラ見えや前貼りが確認できるシーンすらなし。

ラストのカラミもまたがってるだけ。

結合部分がまったく確認できないので擬似確定。

フェラもすべて張り型。

少なくとも前作まではカラミの角度に凝ってみたり、腰振りをいやらしく魅せる工夫があり、擬似とはいえ見るべき価値がそれなりにあったのに今回はそういった最低限の見所もなくガッカリ。

よほどの真由香ファンでもない限りオススメできません。

次回作(あるかどうかわからないけど)もこのレベルならさすがにもう買う人はいないでしょう。

韜晦的作品

AVであることを韜晦し続ける、Vシネ的な作風がとうとう4作品まで出てしまった。

どうしてここまでAV女優になることを「躊躇」しなければならないのだろう。

どうして擬似チ○ポばかり相手にしなければならないのだろう。

本作終盤ではキス好きで淫乱なところを一瞬垣間見はしたものの、それは本当に一瞬のことであり、やはりこういったストーリー仕立ての作品ばかりでは岡田真由香という肉体は開放しきれないようだ。

純粋にSEXシーンに特化した作品、そのような制作姿勢のメーカーでの出演を、一刻も早く期待したい。

所詮はビジネスなんだろうが

内容は他の方が正確に伝えているので省略。

着エロの岡田真由香ファンとして声を大にして言いたい。

残念ながら彼女は演技力はない。

女優を目指すのは大間違い。

彼女の魅力はダイナマイトバデー。

他の方が言う通りダイエットなどもってのほか。

それにエロさも他の人気AV嬢とは比較できないレベルなのでどうせ脱ぐなら本番をしっかりやってその臨場感で魅せて欲しい。

ナイスバデーと可愛いワニ顔、それと敷居の低そうな隙の多い性格が魅力で疑似だろうが張り型フェラだろうが予約が殺到して売上は上がるのだろうけれども彼女のファンは本当にうんざりしている。

利益と寿命を秤に掛けて利益を取ったようだが明らかに彼女の人気の寿命は縮んでいる。

真由香

みんな作品の内容が悪いとか、偽物とかいいながら、しっかり見てますね、何回騙されたら懲りるのかな、ここでどうのこうのと、のたまう野郎は、あきまへん、みんな真由香が好きなんやからそれでいいのに、あんたらがいる限り制作側は何ぼでも金儲けやから出しますよ、手品と同じです、いつも騙されるのお客さんですわ、私はこの顔この乳房この乳首が好きで見ています、買いませんけどね。

Kカップバストのお宝作品

オススメします。

なぜなら、グラビア時代のビデオ(DVD)に比較しての前提でいいます。

Aircontrolから素肌 って商品でたんよ。

当時の作品内容では股間も隠れているしヌード画像もジックリ見れない。

しかも、バストのインパクトや豊満な重量感もユックリ見れませんよ。

でもコノ作品はジックリ見れるし股間もサービスで映っている。

私は購入できなくて残念だが再販売してほしい一人デス。

確かに中出しシーンとかは無いけど水着のグラビア画像よりマシです。

水着グラビアや股間隠しのシースルーヌードより価格も適正価格です。

まじ、岡田真由香の事をお嫁に欲しいよ。

グラビアデビューのファースト写真集を見た時から好きでタマラナイよ。

10年以上前でなら確かにAV扱い

あくまで擬似AV10年以上前であれば確かにAVそれのモザイクを薄くした感じ批判的なレビューも多いですが、そこらへんは割りきって観るべきでしょうただ制作側も割り切って、色々と改善すべき擬似チンポを使ってるならモザイクは不要AVを装うとするから中途半端になる巨大ディルドをしゃぶってるだけでも十分興奮するし、最大の「モザイクをかけなくていい」というメリットを、自分たちから潰してしまっていて、もったいないあともっとキスを増やすべき一般ドラマ作品でもアダルト作品でも唯一共通するプレイなおかつ興奮できる要素もふんだんに含まれてる下手にオッパイ揉んだりするってよりかはマシかも

オッパイだけ

似たような作品ばかりでレビューし忘れていたので今更ながらレビュー。

しかし他4作同様、見所は真由香のオッパイだけ。

AVとしての評価は厳しくならざるを得ない。

着エロ以上AV未満の現状

着エロ出身のKカップ女優「岡田真由香」のMUTEKIデビュー第4弾。

過去の「Loveシリーズ」と同様に、社内のトラブルを秘密裏に処理する特命OL「真由香」をヒロインとしたドラマ仕立ての作品。

あってないようなストーリーとあって然るべきお色気シーンがふんだんに盛り込まれた「アダルトドラマ」というべき一本。

AVの尺度で測ると、やや物足りない気もするが、エロに特化したVシネマとして見るならば、十分に及第点はつけられる。

もっとも、彼女と同じく着エロからAVへと転身した女優達がデビュー作から掛け値なしのハードFUCKを見せつけている現状を考えると、さすがに中途半端という印象は拭えなかった。

つまらない

岡田真由香さんのAV4作目は1~3作目同様ドラマ仕立てで今回は社内の不正を暴く特命OLという役処で最後は多発するレ●プ事件の犯人が自社の社員で最後fuckし結局この男も特命社員という落ちでストーリーはコミカルさはありますが岡田&男優陣の台詞も物足りなくて絡みは偽チンや疑似フェラに疑似パイズリ、疑似ザーメンと最後の犯人とのロッカールームでのfuckもレ●プではなく和姦気味で→不満。

終盤のfuckで接写部のガードが固く疑似ぽくて、いいのは真由香さんの巨乳のみで本編も85分と短く→ここも不満。

いつもの内容の悪いMUTEKI作品という感じでした。

スタイル良く美人であるが・・・

まぁ女優のクオリティで☆2だが内容的には☆評価すら付ける必要を感じない位の駄作!この女優の個人的なファンなら良いのかも?だがお勧めするポイントは残念ながら女優以外は全く皆無です。

グラビアの頃の

グラビアの頃のムチムチな体が良かったのになぁ。

ダイエットしすぎでは。

本編はこちらから