【周防ゆきこ】かなり?イマイチ作品だな – 隣のお姉さんを犯したあの日…10 周防ゆきこ

本編はこちらから

隣のお姉さんを犯したあの日…10 周防ゆきこ

女優名: 周防ゆきこ

いやよヤメテと言いながら何故かベッドに移動(笑)

男も男なら、女も女。

散々エロくて無防備な格好で半端に男に対して挑発し、さらには、その男に襲われて嫌がる言葉を吐く割に何故か進んでベッドイン。

男は襲っている癖して、欲望をぶつけるそぶりもなく・・・。

これが一回目。

2回目は何故か玄関先で昏倒した女に対し、マスターベーション。

その後何故かまた進んでベッドに移動し自慰。

3回目、玄関前で3度男と出会い、何故かそのまま男を部屋に招きいれてしまう。

散々犯●れ、悪戯された女の取る行動じゃないね。

一応、言葉ではやめてよ!何なのよ!と言いながら何故、部屋の奥へ、さらには奥の畳の上でSEX。

「私の気持ちはどうなるのよ?!」と言いながらも結局、男を受け入れる。

なんなんだこの女・・・。

そしてラストはその自分を犯した男と再会、道を歩いているシーンで終わる。

しかもそれが引っ越して1年後とか・・全てに半端です。

レ●プモノとしても半端、ドラマモノとしては成り立たない。

それにしても周防、歳とったなぁ・・・。

お姉さんには見えないよ。

こんなサイコなやつらに1ミリも感情移入しない

シリーズもので美人な隣のお姉さんに焦がれる若い男の話かと思ったら大間違い。

若い男がかなりなサイコ野郎で女も結構病んでいる。

場景はいつもの感じだが登場人物が病んでいて見ていて気持ち良くない。

意図的にこういう脚本・演出にしていると思うが、期待していた展開とかけ離れ嫌悪感さえ感じる作品。

かなり?イマイチ作品だな

ちょっと前に見た「魅惑の中出しチアリーダー!周防ゆきこ」もreviewがなくて…。

本作も2014/10/07releaseなのに…。

「プレイガール」で見れる周防作品、色々見てきたけど、特別、美人でもなくnicebodyでもないのに、なんか雰囲気があって、お気に入りです。

しかし本作、なんか、ゆきこ、今までの彼女とちょっと違った印象。

2chapterで、アレレ、彼女、こんなに足が長かったっけ?最初の男優、あまり見たことないけど(初めてか?)なんか、モタモタしていて、切れがないです。

ま、それも、悪くはない?けど。

1点オマケの「4」です。

本編はこちらから