【嶋田加織】浴槽→ベッド – ピンクの花芯に魅せられて 嶋田加織

本編はこちらから

ピンクの花芯に魅せられて 嶋田加織

女優名: 嶋田加織

感じる雰囲気はよく出ている

小さな体が大きく跳ねるセックスシーンはやや大袈裟な気はするし喘ぎ声も大きい。

ついでにフェラは得意ではないようだ。

しかし無理やりフェラをさせられるシーンの雰囲気は良い。

ストーリー的には展開に無理があり自然ではない。

浴槽→ベッド

嶋田加織は演技力も確かだし同時に初々しさも維持していたこの作品の浴槽における加藤鷹との愛撫からベッドへの流れは白眉だサムネではパッとしないが嶋田加織作品の中ではベストといっていいシーンではないか?
本編はこちらから