【奥山ゆら】もっと激しさが欲しかった – 真・異常性交 五十路母と子 其の拾四 失恋息子を身体で慰める純朴母 奥山ゆら

本編はこちらから

真・異常性交 五十路母と子 其の拾四 失恋息子を身体で慰める純朴母 奥山ゆら

女優名: 奥山ゆら

もっと激しさが欲しかった

スタイルのいい、きれいな母親という役がぴったりの奥山さん。

セーラー服を着て、失恋した息子を元気づけようとしたことをきっかけに、息子が母を女として意識しだすという少々ぶっ飛んだ設定ですが、セーラー服での絡みはなぜか、父親というのはもったいない気がします。

両親のセックスを見て、抑えきれなくなった息子が襲い掛かるシーン、台所でのニンジンを使った攻め、雑巾がけする母にバケツにおしっこをさせるなど、その要求はエスカレート、いずれも淫らな設定で、見どころ十分です。

ただ、結局最後は、欲情してしまった母とノーマルなセックスという展開で、どうせなら、セクシーな下着を着けさせて、母に奉仕させたり、我慢できなくなった母が、欲情をぶつけるような激しいセックスというような展開があったらよかったのにと思います。

本編はこちらから