【山川青空】田淵とのカラミがエロい – ENJOY HI-SCHOOL 08 山川青空

本編はこちらから

ENJOY HI-SCHOOL 08 山川青空

女優名: 山川青空

コミカルどエロい!

「しょうがないなぁ」「ナイショだからね」「指導してくださいっ」とか言いつつ生徒や先輩教師とエロい事しちゃう教育実習生という王道?設定。

極め付きには「皆さんにおもいっきり精子をぶっかけてほしいですっ、キャッ!」とか言い出す始末・・・と、まぁこういった感じで終始コミカルにそれでいながらどエロいという素晴らしい作品でした。

今回の作品、特に気に入ったシーンは最初の官能小説を朗読しながら・・・の所。

雰囲気というか勢いというか・・・何というか・・・。

のっけからのこのシーンに引き込まれてしまいました。

名作ではないが良作です

このシリーズは以外と毎回工夫していてマンネリ化していない。

女優の役割もそれぞれの個性に合わせて教師や生徒だったりする。

今回は教育実習生。

スーツも良く似合い良い選択だ。

そして本作はややコミカルなタッチ。

過剰演技との評もある女優だがこのタッチと女優は抜群に相性がよい。

こういった作品にはおふざけが過ぎて苛つくものもあるが、これはそんなことは無かった。

そして矢鱈とエロい。

最初官能小説を読みながらパイパンを晒してオナニー。

このシーンでやられてしまった。

職員室でベテラン男優相手に堂々の誘惑エロシーンを展開。

女優の魅力全開で気軽に楽しく見れてしっかりエロい良作。

エロの潜在能力

パケ写ほど美人ではないが、きれいなお姉さん「山川青空」スレンダーなスタイルと、エロエロな雰囲気の演技力もあるエロの潜在能力の高い女優コメディータッチのストーリーでもエロエロな演技は見事色っぽくセクシーな雰囲気&演技が良い。

大量のザーメンをぶっかけられる顔シャ。

吸い付くようなフェラ。

悶えるバイブ責め朗読バイブオナ。

潜在能力の高さがうかがえる。

110分全てが「ピークポイント」。

個人的にも楽しみにしていた「教師役」(厳密には教育実習生)の本作。

既発の作品は後半に進むにつれて盛り上がる事が多かったが本作は序盤の時点で既に最高潮に達し、そのまま最後までトップギアで駆け抜けるような感覚に陥った。

特筆すべき点はやはり冒頭の朗読オナニーだろう。

これが本人曰くアドリブ交じりだったのだからなお驚き。

改めて彼女の【頭の良さ】と【瞬発力の高さ】に感銘を受けてしまった。

言葉攻めが飛び交うフェラや3P、2本のバイブで攻められ喘ぐ姿、そしてもはやカオスと化した2nd以来の連続ぶっかけもチェック必須。

3rd・前作5thは彼女曰く「女性にもオススメ」としていたが、本作も(コメディタッチである事も手伝ってか)性別問わずほのぼのと楽しめる仕上がりになっていると思う。

もともと教師を志願していた彼女。

清楚なスーツ姿がとても輝いて見えた。

移籍バンザイ!

加藤リナが去り朱音ゆい不在で最近のプレステ専属女優から離れていたけど、今更ながらこの娘は良い。

コミカルな雰囲気が絵色千佳を思い出しました。

絵色千佳より顔は劣るがスタイルはこちらが上。

さらにパイパンが光る。

作品の内容もまずまずで、冒頭いきなり生徒たちの前で大胆なオナニーを披露。

ベロチューも積極的、常に淫語を忘れない点も素晴らしい。

明朗快活なエロカワぶり最高! 淫語も効いてる

文字数足りず2パートのみレビュー。

2)ロッカー室で困り顔3連フェラ。

3本フェラ。

高速手コキしつつ、すするフェラ◎。

舌射。

お掃除最高!2人目、高速手コキですすりまくりフェラ。

濃厚な舌射とお掃除最高!3人目「うんうん」言いながらフェラし、「先生の舌、一杯ペロペロしてるの見てぇ」◎。

高速手コキしつつ、すすり、フェラ抜き口内射精。

中身吸い、即お掃除最高!5)ぶっかけお別れ会。

挨拶にあたり、「精子をぶっかけてほしいです。

キャ~言っちゃったぁ」セリフ最高可愛い(笑)「おちんちんの中にあるHな白いザーメン、一杯一杯、先生の顔にかけてぇ」「顔、みんなの精子だらけにしてくれるぅ」最高!舌出しっぱなしでベロベロし「先生のお口に、一杯白いのちょうだい」すするフェラ。

舌射。

丁寧なお掃除最高!立て続けに顔射。

口元や顔にチンポ擦りつけ最高やらしい!お掃除も◎。

総じて、初見でしたが、明朗快活なエロカワぶり最高!淫語も効いてる。

☆7つあげたい大満足作品!!!

田淵とのカラミがエロい

山川青空、顔はあまり可愛いとは言えないが、ボディーはスレンダーでパイパン。

演技もなかなかいやらしい。

最後の田淵とのカラミではチンポスリスリからの挿入部アップが多くエロい。

青空嬢も「すごい固~い。

」を連呼していた。

本編はこちらから