【宮崎あや】痴●ダメ、絶対 – 【VR】リアル痴●は犯罪!でもVRなら合法だ!! 宮崎あや【女子校生編】

本編はこちらから

【VR】リアル痴●は犯罪!でもVRなら合法だ!! 宮崎あや【女子校生編】

女優名: 宮崎あや

微妙

もはや痴●でも何でもない。

作品自体も何も面白みもなく途中から飽きてきました。

「リアル」ではない

リアルっぽさは、最初のみ。

あとは、周りに誰がいようが、いっさいお構いなしの行為。

周りの者も、知らんぷりか寝ているかのどちらか。

よって、電車内のリアル痴●でも何でもなく、1対1の普通のAV動画と何ら変わりがない。

VR動画を幾つか観てくると、ただ「やっているだけ」ではVRの価値がないことに気づく。

電車内リアル痴●のシチュエーションと称するならば、きちんとこだわりをもって欲しい。

リアルではない。がしかし…

最近出始めたリアルVR痴●モノとは異なり、リアルではない。

がしかし、女優さんが可愛いからこれもありかと思ってしまう。

キスシーンがあるのでプラス1点。

この監督は痴●を分かってない

「悔しいでも感じちゃう」が痴●ものの醍醐味なのに途中からは完全に気持ちよくなり、ご奉仕までして、「気持ちよくなってください」とか言い出す。

正直あり得なすぎて萎える。

VRなのにAVを近い距離で見てる感じ

前半は良かったですあー俺痴●しちゃってるって思えたんですが後半が、、まぁAVのお決まりみたいな感じなのかもしれないけど気持ちよくなっちゃって気持ちよくしてくれちゃってそれも大胆なのが良くないね痴●なんだものVRだからこそのこだわりが、あってもいいと思う。

いい感じ

抵抗してる感じが良かったです。

痴●にしては無理な設定でしたがどうせならsexシーンが有ればもっと良かったかな。

キャップの兄ちゃんと目が合ったwww

手マンシーン、宮崎あやちゃんの背後に座っている兄ちゃんと目があったwwwこれもVRならではかなとwフェラで逆に責めてくるときの視線は、宮崎あやちゃんを見つめるのも良いけど、隣のお姉さん寄りの視点の方が個人的にはそそりました。

フェラ音のエロさが倍増することうけあいです!

たまんない!

宮崎あやを痴●したく、この商品で妄想を沈めようと購入。

フェラシーン、抜けました。

人を選ぶ作品

電車というシチュエーションにしては人がいなさすぎて、当然理解してはいるが、撮影感が強すぎる。

出演者は美人であると思うが、正直使いどころがないまま視聴が終わってしまった作品であった。

堂々と公然猥褻

リアル・・・ではないです。

最初こそ抵抗したりして、興奮しました。

周囲の目も気になるしで、結構ドキドキ感がありました。

でも本当に最初のうちだけで、そのうち堂々と公然猥褻(笑い)。

結果、普通のAVと何ら変わらない事になってしまいました。

宮崎あやチャンは何故、痴●に一生懸命サービスしてるんでしょうね?(笑い) 乱暴な言い方をさせて貰えば、どうせエキストラと電車セットでの痴●なんだし、いっそ集団レ●プになっても良かったとさえ思える程です。

電車を降りて逃げ込んだトイレ個室で大胆行為に及ぶなど、もっとコダワリや工夫が欲しいです。

内容はやや難ありで2点ですが、宮崎あやチャンは可愛いのでプラス1点で計3点!

個人差はあると思いますが

VRに求めるリアリティのレベルは個人差があるとは思いますが、自分的には十分満足でもなく、不満でもなく、まぁそれなりに楽しめるものでした。

単にTV画面で鑑賞するAVに比べれば、かなりのめり込めると思います。

痴●というにはいまいち…

企画物なので仕方がないですが痴●と言う割には隠す気ゼロで堂々とやり過ぎだし、痴●されてるのに最終的にノリノリで音立てまくりでフェラしてるので他人の目を気にしながらという緊張感は皆無です。

何度かキスしてる場面もありますが若干距離が遠いです。

隣の女の人のおっぱいが大きいのでそっちにも手を出してほしかったなー。

痴●ダメ、絶対

タイトル通りのVRの痴●ものです。

普段は痴●系の企画AVを見ても「電車内でちょっと触ったぐらいで発情するような女がいるかよ」と醒めた目でみてしまう私ですが、VR視点だと目の前の制服女子にイタズラする所作の生々しさがあり、どきどきしました。

周囲の風景と相まって背徳感がすごいです。

フィニッシュはフェラ抜きで実用性もあります。

終わり際に痴●はダメ、と女優が呼びかけるのも致し方ないと思うぐらいの没入感でした。

本編はこちらから