【沙月由奈】素晴らしい – 艶々原作長編コミック実写化!! たとえば母がI コミック1・2巻分を特大収録!! 風間ゆみ 松下美雪 沙月由奈

本編はこちらから

艶々原作長編コミック実写化!! たとえば母がI コミック1・2巻分を特大収録!! 風間ゆみ 松下美雪 沙月由奈

女優名: 沙月由奈

悔しい。

艶々さんの原作である『たとえば母が』。

僕を艶々ファンに引き込んだメモリアルな作品がAV化されるという夢のような話に、詳細を知った僕はガッカリした。

美晴役が、ブタ顔で体がタルタルの風間ゆみ...(泣)美晴は青山葵でなければならなかった!!!で、とりあえず見たが...案の定、出だしの台所のシーンで崩れた緊張感の無い垂れ尻がこの作品を駄作にしたことを如実に表していた。

俺は恨む。

『たとえば母が』を二度と見れないものにし、今後新たに映像化されるチャンスをも奪ったことを!!!風間ゆみ以外は、文句がないのでギリギリこの採点にしてみた。

愛読書の原作とのギャップが・・・

艶々先生の作品は、すべてにおいて好きですが、母親は、風間ゆみさんじゃ、作品の良さが半減以下になってしまった。

それと山根っちのキャストもいまいち、確かにエロいけど・・・それよりも、評価を3つも落とす原因は、榊部長役が工藤健太さんであったこと。

原作とマッチしていないビジュアルで、単なる中年じゃんか。

今の男優ではマッチするのが見当たらないのかな?女優も男優も、セリフが棒読みで、原作ものじゃなければこんだけ落ちないと思う。

もっとキャスティングし直してのリメイクを望みます。

長編ながらだれないストーリー、絡みしっかり

コミックとの連携だけにストーリーがしっかり。

風間由美が母親で大学生の息子との二人暮らし。

息子とは環境の違う貧乏学生の息子の友人に同情している間に、あらぬ仲に。

気になる息子はそれを女友達、バイト先の同僚の人妻にSEXしながら、悩みを打ち明ける。

長編ではあるが、絡みのシーンも7,8回あり、あきない。

特に風間の迫力あるボディ、乳房とヒップ。

迫力がある上に白く、年の割には艶がある。

からみをねっとり、ばっちり、実にいやらしく、カメラがねぶっている。

若い女の子も加え、バランスも取れ、結末がどうなるかと最後までしっかり見てしまった。

女優陣の頑張りが光る

全部で5時間という大作だが、脚本がしっかりしているのと製作サイドの工夫で中だるみすることなく話が展開している。

同じ場面でも立場を変えて撮っているので見飽きない。

風間ゆみの熱演ぶりが目につきやすいが、沙月由奈や松下美雪の脇役陣も頑張っていて(特に松下)、同じ相手と何度もセックスするが結構観てしまう。

続編への新しい展開を期待させるエンディングもいい。

最高作

主人公の女性に風間ゆみさんを抜擢したのは大成功。

内容といい演技も素晴らしいですね。

名作ですから、3本通して見ることを進めます。

1作目での沙月由奈のSEXシーンでも抜けますね。

配役の大失敗

マドンナがギャラをケッチたただ長いだけの典型的な駄作だ。

前作の川上ゆうは◎だったのに結城みさあたりとはギャラが折り合わなかったのか?せっかくコミック原作実写なのにもう垂れて不恰好なケツの風間ゆみ婆あのいきなり登場はないよもういきなりチンポが萎えたね、そして出てくる女優が二流三流の「ブス」もう初めの30分でポストに返却。

馬鹿にするなよマドンナ!

風間ゆみさんだからいい。

この作品は主演女優がゆみさんだからいい。

ゆみさんの演技に対すん真剣さ、努力が感じられる。

風間ゆみの人気を益マス上げるきっかけになる作品。

熟女女優で有名なゆみさんが、ゆみさんを知らない若いファンを増やしたのでわないか。

今後のMadonna、風間ゆみの作品に期待したい。

原作には興味ありません

「濡れコミ」には興味ありません。

だから原作など関係なし。

ただ大好きな風間ゆみさんが出演しているから。

レンタルではモザイクが大きいみたいなので通販で購入しました。

レビューの中には、ゆみさんへの酷評がありますが、ファンとしてとても不快です。

嫌いなら購入、レンタルしなければいいだけのこと。

酷評の理由が意味不明です。

彼女を嫌う人より好きな人のほうが圧倒的に多いのですから。

ドラマ好みにはGOOD

長時間のドラマであるが、きちんと作られていて良い。

風間ゆみ以外の女優がちょっとかな。

生理的に受け付けない顔

風間さんだからいいという人もいるけど自分的には風間さんだからダメ。

この人の顔と裸体は見ると全身が萎える。

悪いけどハッキリ言ってブサイク

マドンナがやってくれた!

好きな作品なのでタイトルが出たときには嬉しかったです。

コミックを原作にした作品ですが、原作のイメージを壊すことなく丁寧に作っていると感じました。

母親役の風間ゆみさんはコミックから現実にでたようにピッタリな配役でした。

風間さん以上の配役はないでしょうね。

母親はもちろん。

他の登場人物のエッチもしっかりと描いていて省略していません。

なによりも驚いたのが、収録時間が長いこと。

それでこの値段は安すぎです(笑)マドンナの意気込みをこの作品に感じました。

これから、もっと背徳的な展開になっていくので、ぜひ続編を作ってもらいたいです。

素晴らしい

さすが、風間ゆみ 原作は知らんが、彼女の魅力満載でボリューム満点だし、鼻っから淫乱モード全開で乱れまくりなのでHシーンも全部エロいです。

冒頭の彼女役の沙月由奈もいい味出してるしされに、松下美雪も参戦し、Hしまくり・・・・この息子羨ましな!今回は、憧れの母親とのHはなし、次へ期待!
本編はこちらから