【夏目彩春】いいです – 舐め犯し 義父の欲望2 夏目彩春

本編はこちらから

舐め犯し 義父の欲望2 夏目彩春

女優名: 夏目彩春

アベチャンに苦言?

男優阿部智弘(アベチャン)の起用は正解と思うがク〇二のオシャブリは良かったが、ア〇ル舐めは疑似っぽい?アベチャンに言いたいのは「麗しの彩春ちゃんの肛門なら、拡げて直に舌を這わせろ?」「毛深いテメーの胸毛と玉袋しゃぶらせたんだろが!ゴラァ!!」www「”花岡じった”なら”ゆうきみさ”の肛門に舌を突き差してたぞ?w」先輩を少しは見習え?と言いたいwww。

禁断の乳繰りあい!!

執拗で粘着質な阿部おやじの舐めに、いかされまくる夏目彩春。

最初こそ拒否っていたが、理性ではダメとわかっていても女芯をうずかせる女を好演。

悲壮感、堕落感など、表現力があり、うまいしエロい。

風呂場での舐め繰りあいは本当に官能的でした。

女盛りの美しい嫁と、邪な欲望ぎとぎとの義父の禁断の乳繰りあい!!なかなかエロく描かれていましたよ。

美貌・スレンダーな美ボディ・艶技力・・最高

夏目彩春さん、今一番旬な女優さんだと思います。

美貌、引き締まったスリムなボディ、艶やかな身体をくねらせ、大きくのけ反って喘ぎ続ける艶技力、僕の股間に直で響いてくるんです。

しかもですよ、僕の大好きな「意識のない女体を舐め回し、触るまくるというシチュエーション」なんだもの、最高評価するっきゃないでしょっ!義父役の阿部さんも、美しく卑猥な嫁に欲望を募らせていく過程を見事に表現してくれました。

義父に犯●れ、脅され、自由にされちゃう流れの中で、性の歓びに目覚めちゃうんです。

この、ごく当たり前の流れの中で、僕が一番興奮したのは、義父の顔に秘所を押し付けるシーンです。

恥ずかしげもなく、クリをグイグイこすりつけるんです。

身体を反らせ大きく口を開けて喘ぎ、義父の舌にクリを押し付けると、クネクネと下半身がうごめきます。

女体の神秘・・童貞の僕には卑猥に震える美ボディを見ることは感動でしかありません。

彩春さん、たくさんの作品を見せて貰いましたが、本当に犯●れ顔の凄い女優さんですね。

ますます好きになっちゃいました。

俺も舐めたい

パート1を凌ぐ出来、久々に夏目の持ち味を生かした作品になっている。

睡眠薬で眠らせて息子の嫁を抱く、ありがちな設定。

微動だしない夏目を●す義父。

だが、夏目の色っぽい表情につい引き込まれていく。

でも、あれだけ乳首やクリを愛撫しても目を覚まさないほど強い睡眠薬なんてあるのだろうかと、設定にやや難はある。

犯●れている途中で気づく夏目、その後は義父の言いなりになって何度も犯●れる。

風呂場での密着感のある愛撫は最高だ。

最後はフエラチオで射精、「息子に気づかれなければ大丈夫」と義父に言われ、何度も抱かれる夏目の落ち方が悲壮感があっていい。

俺も夏目のようないい女を舐めてみたい。

秀麗な美嫁の垂涎の女体が義父の魔の手に

息子夫婦と同居しながら愛想の悪い義父。

しかし普段の態度とは裏腹に密かに嫁の女体を狙っていた…鉄板ながらぞくぞくの展開。

仕事仲間から入手した睡眠薬を●ませて昏●状態にした美嫁の汗ばんだうなじの匂いを嗅ぐ舅。

立ち上る色香に鼓動が高鳴り我が分身も硬化します。

胸元に手を入れて美乳をまさぐり、唇を奪って歯茎をなぞる義父。

興奮を昂ぶらせて股間に潜り、顔を埋めて陰部を舐め尽くすなど、勢いに拍車がかかり手淫して太腿に射出。

確信を得た義父は白昼再決行、座卓に仰向けにし、ぴんくの清楚な下着を脱がし、露わにした下半身を凌●、尻穴も味わった上で生挿入、覆いかぶさって唇を奪われ目を覚ました嫁の必死の抵抗も虚しく、荒々しく中出しされてしまう。

信じがたい暴挙にも一度支配されてしまうと従うしかないのか…「脱げ!」と命じられ、ふたり全裸で浴室に入り、不本意そうに洗体させられながらも「愛撫しろ。

」の指示に、義父の口から首筋に這わせる先尖りで肉厚の舌…ナメクジのような動きに脳幹を撃ち抜かれました。

外見上慎ましく上品な美女の舌とは到底思えない淫らな舌技。

舌裏も使って陰嚢から裏スジまでめっとりと這い尽くします。

私が攻められている錯覚に陥ります。

このシーンだけで何度暴発したことか…。

購入してよかったぁ。

清楚で慎ましい美貌にも薄幸な影をもつ日本女性の鑑のような彩春さん、垂涎のスレンダー裸身は天然の美微乳に引き締まったくびれを挟んで発達した美尻、上品なうす恥毛と申し分のない脂の乗った女体が目に焼きつきます。

「こんな女盛りの身体を放っといて…俺が面倒見てやるよ。

」深夜、夫とのベッドを抜け出し、階下で促されるままに義父の部屋へ。

初老ながら精力絶倫の義父と溢れる性欲を夫に満たしてもらえない美嫁。

背徳心とは裏腹に女体は完全に征服され、美肛まる出しで後ろから突かれて軋む大殿筋にも目が釘づけ。

またもたぎる樹液を受けとめてしまいます。

彩春さんと同じ屋根の下にいたらどんな手を使ってでも思うがままに支配し味わい尽くしたい…義父の悪行にも同じ想いを抱いてしまう私がいました。

新境地

「舐め犯し」というだけあってほぼ全編舐めまくってイカしまくってます。

1シーン目睡眠薬で眠らせただひたすらク○ニしまくり夏目彩春もそれを微動だにしないのが返って興奮度を増します。

2シーン目浴室での丁寧に体を舐めつくしてからのフ○ラは彼女の真骨頂です。

時より「ンッンッ」と声を出して舌をはらせる技は殿堂入りですね。

最後は「攻めダルマ」にこれでもかと舐められ本編では珍しく2度も絶頂に達して「イクッイクッ」と連発する夏目彩春は初めて見ました。

また絡みの最中に何回かどちらかの手を口元にもっていき恥じらう姿はより興奮度を掻き立てられます。

まだまだこれからも期待してやみません。

期待はずれ??

シリーズ前作のジェシカさんが良かったので、かなり期待していたのですががっかりです。

はっきり言って最初の絡みはいらないと思います。

せっかく睡眠薬で彩春ちゃんを眠らせたのに、舐め回して手コキ発射で終わりなんて私には意味不明でただの尺稼ぎにしか思えません。

監督は何を考えているのでしょうか?契約上の大人の事情ってヤツでしょうか?なまじ中盤以降の流れは良かっただけに残念です。

最近の彩春ちゃんの作品って悪く悪く作られているように思います。

せっかく良い女優さんなのにもったいないです。

メーカーさんの努力でなんとかならないものですかね。

夏目彩春の舐め技も見もの

睡眠薬入り珈琲で眠らせて嫁を全身舐め回して●す。

阿部智広が義父の欲望をギラギラと好演している。

AVにおける男優の役割は重要だ。

粗野に見えるが知性も感じさせる阿部なら、その執拗な愛撫で嫁が完堕ちするストーリーにも説得力が増す。

カラダがその快感を記憶してしまった夏目彩春が指示されるまま浴室で阿部の体を洗う(後ろに回って男根を両手で洗うところがエロい)。

さらにそこから舌を這わせて阿部の体を舐め回すシーンが美しく見応えがある。

気品と美裸体に惚れ惚れする。

阿部の含蓄のある言葉責めも味わいがある。

「一度裏切ったら二度も三度も同じだ」と嫁を誘い込んでいく。

夏目の、強要されながらも嫌悪感ではない微妙な心理と表情も見事だ。

夫では満たされないオンナ盛りのカラダは抗えない、という心情がよく出ている。

彼女はいつも最高のものです

私たちは何を言うことができますか?この女優がどんなことをしても、彼女は常にビジネスの中で最高のものになります。

実際、私たちは他のほとんどの女優とはうまく併用できません。

これで十分です。

なぜ彼女はスタジオでより良く昇進していないのか分かりません。

いいです

ストーリーは まぁまぁ~ですが 絵がとっても綺麗で見る価値有です 彩春ちゃんのおっぱいは小さいですが、綺麗です
本編はこちらから