【麻生京子】なつかしい – しのび逢い 義姉さんの茂み 麻生京子

本編はこちらから

しのび逢い 義姉さんの茂み 麻生京子

女優名: 麻生京子

まあまあ

麻生さんはいい女でそそられます。

だからシナリオが義弟まではいい。

でも途中の乱入者はいらないと思う。

むしろ壊している。

夫とのからしみはまあいいでしょ。

挿入シーンが結構リアル

こそシリーズ始めてみたが、結構リアルに挿入シーンが見れる。

ただカメラ目線が多いのが弱点だが、それでもマンコに挿入されるシーンは結構リアルで見ごたえがある。

勃起度合い高得点。

見て損はしない作品だ。

麻生さんいい女なんだけどな

せっかくいい女優さんをキャスティングしてるんですから、もう少しシチュエーションに気を遣ってもらえたらよかったのにな。

古典的なストーリーながら良作

ストーリーの展開が非常にうまく、それだけで見る価値があります。

過激一辺倒でストーリー無視の最近の傾向とは確実に一線を画します。

カラミもソフトながらも何となく情愛が伝わってきます。

見る者を釘付けにするのは何も若さと過激さだけではない、そんな見本のような作品でした。

 ただし、途中の乱入者だけがこの作品で唯一邪魔な部分。

この部分さえなければ名作ともなりえた一本です。

華奢な身体

ドラマ仕立てで細部まで丁寧に仕上げている感があり、そこには好感が持てる。

が、肝心のシナリオに配慮が見られない。

ラストで夫婦の絡みがあるのは疑問符だし、唐突な乱入者もシナリオ上の意味を成さない。

義理の弟との関係だけをじっくりと描いて欲しかった。

女優は乳首の色が少し濃すぎますが、ほっそりとした脚が色っぽい美人さんです。

演技は今ふたつかな。

布団攻防

2回目の絡みはなかなか壮絶。

男優に麻生さんが犯られてるって設定のまま攻められているというパラドックス。

「どーだどーだ!いいーだろ?いーだろ?」言っちゃいるけどいつのまにやら厳しい下半身状況に(大笑1回目絡みの「だめよだめよ」から一転、半裸で淡々と布団を引き出す麻生さんもグッドジョブ!麻生さん、いい女でしたよ。

最高のオナニーシーン

麻生京子は、ビジュアルクイーンだった嶋村かおりに似ていて、AV女優の中でも屈指の美形。

彼女が風呂でオナニーをするシーンがあるが、これこそ至極のシーンである。

しのび逢い義姉さんの茂み?

タイトル通りに忠実に物語を展開するなら、後半の夫との絡みは必要無かったと思う。

義理の弟を中心にした関係で押し通せば良かったのに、実際の作品の展開ではこのタイトルは嘘になる。

タイトルを見て興味を抱いたが少し裏切られた感じがした。

カラミ2回

麻生さんのスタイルのよさが楽しめます。

2回のカラミはどちらもエロくていいですが、特に2回目の夫とのカラミが濃厚です。

カラミの終盤で正常位で突かれながら胸を舐め回されて感じる麻生さんに大変興奮させられました。

なつかしい

ドラマ風展開は最近のAVとしては珍しく、しかもフィルム風なので雰囲気があります。

例えるなら、良質のポルノ映画を観たような感じ。

麻生さんもWomanの大根演技よりかはレベルUP!それとタイトルからは想像がつきませんが、愛あるSEXを描いており興奮してしまいました。

本編はこちらから