【本田岬】その乳房、変態なり。 – 乳首イキ痴女の獣パイズリ 本田岬

本編はこちらから

乳首イキ痴女の獣パイズリ 本田岬

女優名: 本田岬

ナイスボディーなんだが・・

本田岬、業界屈指のナイスボディーで息長く活躍しているのだが、本作はわざとらしくて楽しめなかった。

最後の寝取られ3Pも相手が鮫島だったし、、イマイチ。

髪が長い岬嬢は好きなのだが、残念。

売却で。

これが最初のレビューかぁ

本田岬は誰もが認める?極上のnicebodyの持ち主。

乳だけでなく、ともかく身体全体が…。

で、タイトル通り「パイズリ」満開だけど、全体としてはなんかイマイチ感が漂っていて…。

だけどまあ、岬なんで「4」に。

その乳房、変態なり。

そりゃそうだよな、このおっぱいでパイズリにフォーカスする作品がなかったことが不思議なくらい。

乳首とクリトリスが繋がっているような性的感度があるという本田岬。

そんな話を本人が語るシーンだけでも勃起が止まない。

そう、顔がすでにエロいのだ。

結構レビューでは好みが分かれる顔のようだが、個人的にはこんな卑猥な顔はない。

まさにAV顔。

そして女性的魅力に溢れる美裸体。

最初の乳首オナニーでおま○こを光らせ、濡らし、アヘ顔に。

表れた肉棒に満面の笑み、ドエロ。

中毒顔で咥え込み、乳首を捏ねくり、乳首に肉棒を擦り、射精へ、圧巻のオープニング。

揉みし抱き、ローターで刺激し、一人で興奮しまくる変態雌。

真っ白い芸術的おっぱいに肉棒を挟み、タップンタップンと上下させ、自分がイッテしまう変態雌。

当然SEXも乳を揉みながら咲き乱れる。

あぁたまらん。

隣でシコらせながら騎乗位に励む変態雌。

終始おっぱいとともに感じまくってる。

すっげぇドエロい作品。

痴女プレイを男にだけ向けるのではなく、自らの乳房へも捧げる変態性がたまらんわぁ。

今、僕の中で本田岬が激熱。

本編はこちらから