【ゆうき真央】最後のエステシャン同士のレズはいらないよ – しなやかなフェザータッチで感じさせるエステという名のレズ専科

本編はこちらから

しなやかなフェザータッチで感じさせるエステという名のレズ専科

女優名: ゆうき真央

徹底的な焦らし

焦らしプレイが好きな方にはおススメ。

徐々に性感が高まって感じていく様子がめちゃエロい。

ねっとりじっくり、乳首責め好きにもたまらないプレイです。

前半後半と別れているが、前半だけで十分。

というか後半の女優は女子レスラー?というルックスで性欲半減。

前半の女優はめちゃめちゃレズられて感じまくりでGood

作り過ぎ

1人目。

全く感じてません。

始めから最後まで過剰演技で呆れました。

2人目。

古いAV女優さん。

始めからビクビク、ずっとビクビク、最後までビクビク。

何だこりゃ。

最後はエステティシャン同士のレズプレイ。

これも盛り上がりません。

少し考え直さないと、会社つぶれますよ。

もうちょっと

いわゆるレズエステもの。

エステティシャン2人で客の相手をする。

客は2人。

ただピーターズのようなエステティシャンが裸になってカラミだすようなことはなく、ソフトな内容。

最後はエステティシャン同士のレズプレイ。

アロマはビデオ時代からの老舗メーカーで、特にフェチにこだわる作品が昔も今も多い。

ただ、あまり制作費をかけられないようで、今の時代だと物足りない作品が多いのも事実。

それらを分かったうえで買わないとダメ。

最後のエステシャン同士のレズはいらないよ

フェザータッチにアンアン悶えまくるというのはどうなんだろ。

展開とかあるだろアンアンはメインプレイだけでいいよ。

ずっ~~~と声出しっぱなしは興ざめする声を我慢して尚且つそれでも漏れてしなうのがいいのにわかってないね。

1の娘が3秒以上黙っていたのは2回。

うつ伏せから仰向けに体制を変えるときと四つん這いになるときだけ。

キスされながらもずっとアンアン。

ワザトらしい
本編はこちらから