【舞咲みくに】いい女の卑猥なセックス – First Impression 舞咲みくに

本編はこちらから

First Impression 舞咲みくに

女優名: 舞咲みくに

緊張してるのが伝わってきます

笑顔がとってもかわいらしいですが、恐らく緊張から来ている笑顔なのでしょう。

テクニックもまだまだこれからという感じです。

ただBODYは絶品!肌もキレイです。

これからそそる女優さんに成長していけば大器晩成すると思います。

AVデビュー作

どこにでもいそうな飾りっ気のない普通のお顔をした20歳の舞咲みくに。

美乳の極上ボディーをひっさげ,AVデビューです。

フェラテクは普通ですが,潮を吹き,口内発射を受けるシーンは,エロさがある。

喘ぎ声は可愛い。

ローションボディーで,さらにエロさはアップ。

絡みに気を取られ,撮影中はわからなかっただろうけど,アナルもバッチリとカメラに撮られています。

総合的に平均レベルですね。

みくにさん新人時代の超レアな恥態発見

某〇修正サイトでお世話になってきたみくにさんが新人としてDebutした頃の作品か。

性格の明るさは変わらないけど、メイクもナチュラルで、素人っぽさが伝わります。

脱いでもらうと見慣れた天然の巨乳が画面一杯に迫ります。

パンティも下ろすと上品で薄く柔らかい直毛ヘア。

お尻を開いて大写しになるアナルの周りにチロチロ生えた超マイクロ秘毛がオスの劣情を刺激してやみません。

〇修正サイト同様に笑顔を絶やさない明るいセックスを繰り広げてくれました。

ただ、私の目を釘づけにしたのがみくにさんがこれまで見せたことのなかったアナル舐め。

男から「お尻の穴も舐めてくれる?」に笑顔で受諾。

ちんぐり状態の臭そうな肛門を躊躇なく舐め尽くす極めてハードルの高い破廉恥行為。

四つん這いのパターンでも尻の双丘に口元を埋めて従順にアナぺろしてくれます。

これDebut作品で結構目につくけど、新人の頃って求めると割と応じてくれるのかなぁ。

これからも交渉お願いしたものです。

というわけで、私にとっての大物舞咲みくにさんの貴重なお宝作品としてコレクション入り決定です。

綺麗な身体

大きく形のいいおっぱいに、くびれたウェスト。

ナイスBODYです。

全身舐めや、フェラの時に、おっぱいを写してる撮り方もよい。

感じ方、喘ぎ声も可愛いのでいいと思います。

今後の活躍に期待。

普通としか

性格も良さそうだし、身体もいい。

けどイマイチ突き抜けてるところもないし、イキっぷりも地味め。

盛り上がりにもかけてるし普通以上とも普通以下ともいえない。

今後、この娘が慣れてきたころにもう一度みてみます。

いきなり胸にいきたいのはわかるけど・・・

まず最初はキスでしょそれを省略するとか考えられないこの作品に限らず、監督の宇佐美忠則はキスに対するこだわりがなさすぎる考えを改めてもらいたい

AVデビュー作、SM風な攻めもあり~ファックも濃厚で◎

舞咲みくにさん20歳.T160.B85cmとスタイルもよくて乳も大きくて→美乳でマン毛ふつう顔→バケ写と同じで可愛くてインタビューで緊張気味といい新人らしくて○。

AVデビュー作です5場面構成で1.3.5(3P)本番があり見所は後半でF&Hも好きそうで◎。

見所?では(29分)~小田切と絡みで結合部と(47分)フェラ→鏡で見せられ恥ずかしがる所→いい。

?では手コキの指捌き+舌使い上手く→顔射で濃いザーメン掛けられ○?~ちんぐり返しアナル舐め.バック→チ○ポ咥え?以降→指マンで潮吹きやfuckの体位も多くて?では椅子で拘束М字開脚→玩具攻めとМもあり?では3Pでローション.まんぐり返しでW(ローター+指マン)攻めや(105分)~角度の違うWフェラや色々な体位fuckと中身も濃くて舞咲さんのデビュー作中々良かったです。

今後に期待

顔も可愛く、スタイル抜群、パイズリプレイ・手コキからの顔射も決め最初としてはOKだと思います。

今後はテクを磨いて、パイズリには気持ちよさそうな胸なのでパイズリものでも出てくれたら最高です。

親近感

個人差はあるが 顔・スタイル・声・演技 総合していい所が多ければ 評価高いこの子 スタイル・顔・声の順にいいとお思うだから とりあえず 評価する実際 こんな子 まじかにいたら 誰でも・・・・

ストーリーがつまらないし貞松が出てる見る価値観無し

ストーリーは話にならないので男優について愚見を少し太る前の小田切が出てるがもう太りそうな体型になりつつなってるここで摂生するかトレーニングすれば今みたいな腹にならなかったのに今からじゃ遅いしでも貞松みたいにだぶだぶでないからまだ良し

いい女の卑猥なセックス

Gカップ女優「舞咲みくに」のAVデビュー作。

美形のルックスと芸術的な巨乳の持ち主で、まさに「上玉」という言葉がぴったりくる。

初脱ぎシーンでの「恥じらい方」もまた絶妙。

そして、全裸になった勢いで、そのまま(フルヌードで)初本番へと突入する。

挿入前のフェラチオシーンはなく、フィニッシュ後、「お掃除フェラ」という形でチ○ポを(カメラの前で)初めて咥える事になる。

中盤のフェラチオ奉仕は、自身の「おしゃぶり姿」を鏡で見せつけられるという羞恥プレイ。

さらに、後半の関西弁FUCKでは、騎乗位&バックでたっぷりとチ○ポを堪能する。

メインは、ローションを大量に使ったぬるぬる3P。

「いい女の卑猥なセックス」という、実にストレートかつ理想的な一本である。

本編はこちらから