【常盤ゆり子】大当たり – 超巨尻コンプレックスな人妻 常盤ゆり子 Obasan独占AVデビュー!!

本編はこちらから

超巨尻コンプレックスな人妻 常盤ゆり子 Obasan独占AVデビュー!!

女優名: 常盤ゆり子

次回は?

好みの巨尻だし顔でした。

肉厚で大きな尻と腿。

それにやらしい顔!初回作なんでハメは全体的におとなしめ。

この人やJUY-032の真中真奈美さんとか2作目が出ないよね・・・ぜひこの常磐さんは2作目観たいです。

本能的には覗える…。

全てが中年の規範と成り得る要素の持ち主「ゆり子」嬢。

全ての部位での、小振り弛み感がハンパないが、昔のお顔は可愛いかったっぽい。

本イキはできるが本能的に「エロ行為はあまり好きではない」感が覗える。

特に、眉間のシワとお掃除の拒否が顕著ではある。

NGです。

ただの太ったおばさんでした。

最悪なのはいい年したおばさんなのに、無毛という子供っぽさがひどく萎えました。

いい大人が流行の剃毛などして恥ずかしくないのだろうか。

剃毛など、ガキの遊び。

大人の美しい女性は陰毛を穴の周りまでしっかり生やして大人のエロスを醸し出してほしいね。

あとはとにかく太り過ぎで、贅肉が気になって嫌でした。

失敗、騙されました!

すばらしいと思う方もいらっしゃるだろうけど、自分も好みの尻ではなかった、形も良くないし艶と言うかピップアップ張りがない、オバサンのデカ尻、ウエストもそんなに細くない騙された、女優さんが初撮りで素人っぽくて良いんだけど、相変わらず男優はいつもの面子なので新鮮味が薄れる、サバサバした感じで、躊躇せず咥える、もうすごく恥じらいも欲しい

素材としては悪くない

最近のAV女優はスタイルが良く美人なのは当たり前なので、この人のような、目立つような美人でもなく豆タンクに近い体型は普通っぽくて逆に新鮮だ。

それでも隣に居たら気になるレベルの容姿だと思う。

一般人の常識を持ち合わせた、過度な緊張もスレもない、しっかりした話し方に好感が持てる。

感度もテクも何もかもが普通だなぁと思っていたら、最後のChapでオッと驚いた。

黒のセクシー下着でメークも髪もドレスアップして、いいオンナに変身していた。

その姿を見て、この人がオンナの顔を曝け出して淫らになった姿を見てみたいなぁと思った。

AV製作側もこういう素材を生かしてこそ、腕の見せ所のはず。

化けてくれることを期待して、2作目も見たい。

巨尻? どこが?

パケ写を見て、ある程度予測は出来たが、案の定といった感じだ。

みんな、よくこの程度の尻で喜べるな。

なんて心が広いんだ。

こんなの、私に言わせれば全然普通である。

と言うより、女の尻としての最低基準でしかない。

この程度の尻ならAV界にはザラにいるだろう。

まさに「期待はずれ」だ。

しかも撮り方(見せ方)もなってないから、余計に巨尻感が伝わらない。

巨尻女優として印象的だったのは、「美熟女 悩殺BODY3」に出ていた門井瑛子だ。

痩せていて上半身は見る価値も無いが、巨尻は折り紙つきである。

マイナーだからか、作品があまりに少ないのが残念な女優だ。

「超巨尻」と言うからには、最低でもこれくらいじゃないと説得力が無い。

かわいい

超巨尻という事でしたが、どこが超なのかわかりませんでした、よくよく見ると太ももは発達しているように感じましたが、気になりませんでしたね。

顔も可愛くて、優しそうな笑顔が良かったです。

美人顔は飽きが来ますが常盤さんみたいな女性は飽きないですね。

奥さんにするなら常盤さんタイプがいいなぁ

優しい性格と巨尻のアンバランスがいい

育ち良さげで生活に余裕がありそうな、話しぶりにも優しい性格が垣間見えるひかえめ奥様が、脱がされると貧乳、巨尻!このアンバランスがいい!スタジオに入るところから後追いで階段上がるスカート越しの巨尻を撮影し、初対面の若い男優にも宜しくお願いしますとひかえめに好意的な対応をするシーンは豆沢監督こだわりの演出だろうがいつ観ても抜ける。

大当たり

とても可愛い性格よさそうな、しかし生々しい人妻ボディの持ち主突かれるたびにキャンキャンないてくれる攻めがいのある人妻さんラスト田淵氏との絡みはメイクからただのAC女優がじじいとやってるだけと外れ絡みだが、それでもこの人はいい。

生々しいハメ撮り花岡じった沢木和也のように女体を貪るようなセックスでいきまくる様を見たくなる。

本編はこちらから