【春原未来】偽チンコ・偽ザーメンはいらない。 – 世界で一番喉奥に射精するイラマチオ 春原未来 三原ほのか

本編はこちらから

世界で一番喉奥に射精するイラマチオ 春原未来 三原ほのか

女優名: 春原未来

偽ばっか

もうあえてなんだろうけど、偽ちんこ偽ザーメンばっかり意味不明なゴミ作品

これはひどい

三原ほのかと春原未来ということで、イラマ好きなら期待した人も多かったのではないだろうか。

しかし蓋をあけてみれば中盤以降、偽ち○ぽ、偽ザーメンのオンパレード。

これはひどい。

女優は素晴らしいのに作品が駄作。

いとうあさこ

春原未来が好きで見てみましたが、イラマチオされてる最中時々いとうあさこになるので抜けません。

演技としては一線を越えていて楽しめる作品です。

特に加藤鷹のあと見ると笑える。

モザでも先だけとわかるが謎の透明汁をだし、男優がウオ、ウォオォ!と言ってます。

だけど、俺も参加してみたいと思いました。

くわえるフリしてもらって、あーいい…だめもっと、全部…アァ、アアアア゛!(ずっとくわえるフリ)こんなん笑わせる自信しかない笑

真っ当な評価をすれば間違いなく良作

まずは真っ当な作品の評価をするが、イラマジャンルで活躍する女優2名の競演による傑作である。

異物によるイラマプレイに喉奥大量射精(擬似)が加わり、見応えのある作品となっている。

このシリーズ出演前に森苺莉が引退してしまったのが惜しまれる。

尚、パッケージに記載は無いが、おまけ程度に中出し(擬似)もあり。

さて、ROOKIEの偽チンコ・大量ザーメンの「世界一」シリーズは、この投稿をする時点で、既に8年もの歴史と数多くの作品がある。

そんな歴史あるシリーズであるにも関わらず、2018年になった今、偽だからという安直な理由で最低評価される事を大変残念に思う。

最高に酷すぎる偽ちんこと偽ザーメン、がっかりな作品

女優二人はかわいくて変態ドMでレベル高いが、この作品は最悪。

最初のディルドゥをセルフイラマで喉奥まで突っ込むシーンはいい。

特に三原ほのかの鼻水だらだら垂らして目を見開いて苦しむ顔が最高。

春原未来は鼻水があまり出ない体質だがさすがに少し垂れる。

三原ほのかは毎回鼻水だらだらと流れる体質でこの惨めで不細工になる顔が興奮する。

ディルドゥイラマの時に監督が「そんな偽物のちんこでいいの?」と聞いていたが、後半は明らかに偽ちんこばっかり。

本物のちんこは皆無。

しかも、サンプル映像で胃液が大量に出てると思って期待したが、ただの偽ザーメンが大量に出てただけだった。

萎えてそれ以上見る気もしない。

よくもまあこんな駄作にしたもんだ。

二人の名女優をまったく活かせない最悪の監督だな。

偽チンコ・偽ザーメンはいらない。

①女優歴6年目の春原未来と3年目の三原ほのかのイラマ競演作品。

強力な精力剤を使用し、何発も何発も連続で喉奥発射するというなんとも怪しい企画だが、とりあえず鑑賞開始。

まず、ディルドを用い喉奥の強さを確認。

宝石のようなエヅキ汁・鼻水・涙を惜しみなく垂れ流し、野太い嗚咽のハーモニーを奏でる。

②背中合わせとなり、互いに両手を繋ぎセルフ拘束となった状態でイラマスタート。

逆さイラマでじっくり喉奥を責められると、泡立った鼻水エヅキ汁が顔や髪をつたって流れていく様が良かった。

③開口具を装着させ、喉ちんこを弄くり回すと、堪らず苦悶の表情を浮かべる。

そして問題はここから。

偽チンコ・偽ザーメンのオンパレードとなり、タイトルと作品の関連性が消え去る。

企画はダメだが、とりあえず2人の苦しむ姿は見れたので、星は2つ差し上げます。

本編はこちらから