【浅井千尋】浅井千尋の苦悶顔が超美形 – ある肛門科女医の憂鬱

本編はこちらから

ある肛門科女医の憂鬱

女優名: 浅井千尋

期待外れ

作品メーカーによる紹介文やパッケージ写真、また変態女優「浅井千尋」の出演ということで大いに期待されたが、やはり大洋図書のこのシリーズものであり、「普通」以上の評価をつけることができなかった。

やはり、製作側や監督がマニアの視点や感覚を理解せずに作品を乱発しているためで、展開やモデルの表情による内面描写、カメラアングルを工夫し変更することで全く異なる出来映えになる筈だ。

出演女優「浅井千尋」の作品に、「全国うんこ紀行~北陸旅情編~」があり、このDMMサイト内でも紹介されているので、彼女のファンなら是非視聴されたい。

大味・・。

最近の 大洋の医療物は大味な物が多いような気がします浣腸しても う○こはでないし。

元からですが現実ばなれ しすぎたストーリが多いかも

浅井千尋の苦悶顔が超美形

浅井千尋の苦悶顔が超美形です。

婦人科の診察台に開脚でのせられて、ドリル責めであえぎます。

(痙攣が激しいので興奮します)その後、カテーテルで浣腸し、最後にピストンで浣腸されます。

「あーっ、痛い」「もうやめて」「もうだめ、出ちゃう」とイジメられて、お腹を押さえられて、さんざん苦しめられます。

まず、おしっこをもらします。

その後、我慢できなくて、肛門から浣腸液がどばーっと出ます。

(浣腸液は黄色でウンチ色になっていますが、ウンチは出ませんので、スカトロが嫌いな人はOKです。

)声がハスキーで、本当に苦しめられます。

感じると痙攣しますので、イクのがわかりやすい女優です。

ヤラレ顔が美形になる珍しい女優です。

肛門科でされたことVOL6ではないシーンがたくさんあり、浅井千尋のみ見たい人も多いので、こちらのほうがお買い得です。

本編はこちらから