【吉田楓】ハメ撮りがエロかった – あの雨上がりの駅前で僕らは一生忘れられない人妻と出会ったんだ。 吉田楓 30歳 最終章 「この温もりこの感触…」やみつきになるナマ中出しの快楽に溺れ他人精子を何度も子宮に注ぎ込む2児のママ

本編はこちらから

あの雨上がりの駅前で僕らは一生忘れられない人妻と出会ったんだ。 吉田楓 30歳 最終章 「この温もりこの感触…」やみつきになるナマ中出しの快楽に溺れ他人精子を何度も子宮に注ぎ込む2児のママ

女優名: 吉田楓

ちゃんとした奥さん

清楚だし脱いだ服もちゃんと綺麗に畳んである。

きっと家庭でちゃんといてるだろうな、と思える。

あれれの終わり方です

吉田楓さんの本物人妻シリーズ最終章。

そしてこのシリーズお得意の、中出し解禁を披露して刳れました。

ただ展開が強引すぎて、いまいち盛り上がりに欠ける。

そもそも中出しのきっかけが、約束の時間に遅れて撮影に入ったが故に、ゴムが用意されないまま男優と生セックスに及んだから。

余りにも安直すぎませんか。

しかもその後はなし崩し的に、膣内射精の一点張りとはどうしたものか・・・。

最後の最後に、失敗した感が否めません。

たくあん(笑)

この監督か…(笑)最初の絡みは終始上半身脱がないから胸が見えないしダラダラ邪魔!!…上半身着衣でムラムラする奴いんの?  はい!つぎ~貞松がーキタ~~!! パスしました。

www 次は…知らない30前半くらいの男優ハメ撮り期待したが…下手すぎ(^o^)…絡みの半分は自身が気持ちよくなりたいだけ…カメラ放置ばっかり臨場感のカケラもなし…F○2素人以下だなこりゃ。

カメラ持てないならハメ撮りするなよ…背面騎乗の放置撮りとか誰トク?周りの風景のが主役になってんだよカメラ遠いから…正面で普通にカメラ持ってくんない?嫌がらせ?…盗撮ではないから放置撮りって感じ。

 デブ村と鮫島の3Pで終わり… 着衣・貞松・3P…アングルは全部同じでハメ撮りも放置撮りだから臨場感もなく… 発射も引き気味で見づらい。

女優さんは可愛い

危険日近くてアブないって言ってたのに

このシリーズの中出しものの中ではかなりいい出来。

本当の撮影日は2日前だったという設定から入る変則的な台本。

その日、熱を出したわが子を母親に預けてAV撮影に駆け付けた人妻。

そんなにセックスに飢えてる女ならイケると読んだ監督は強引に生ハメ生中出しを強行する。

「危ないです。

危険日近いし、本当に危ないんです」と必死に拒む人妻だが、「じゃあセックス止める?」と返すと黙ってしまう。

無理やり中出しされてあわててシャワーで洗い流す演出がリアルでいい。

その日はそのまま子供の元に帰った人妻だが、半レ●プ中出しによって生の快感を思い出してしまったのか、仕切り直しの撮影日、危ないからやっぱり中出しはダメと一度は拒絶したのに、いざ本番となったらやっぱり生がいいと人妻の側からおねだり。

危険日とか妊娠リスクとか理解してる最初の描写があるから、生の快感が忘れられずに受け入れてしまう人妻のエロさが際立つ。

撮影は数日ごとに分けて行われるのも、だんだん危険日が近づいて妊娠リスクが高くなってるんだろうなというのが察せられる凝った演出。

ただ、孕んじゃうかもしれないスリルを楽しむような変態性まではないのが惜しい。

男優や監督の孕ませ淫語責めもまったくと言っていいほどなくて物足りなさが残った。

序盤に作品の核になる部分が集中していてその後は割と淡泊で普通。

もうちょっと素人妻に中出しするヤバさを丁寧に演出してほしかったかも。

いい

1回目の腕時計したままの行為がなんとも言えない気持ちになった。

すばらしかった

もうこれでお別れなんですね。

あーやっぱり・・でかまわないので、いつかまた。

と思えるほどすばらしかった

ある意味ドキュメントらしい終わり方

最終章で中出しを受ける過程は良かったです。

しっかりと流そうとする対応も当たり前ですが必要な場面だったと思います。

シリーズを通してのテーマのようなものは結局わからないまま終った印象です。

ただ、監督が女優さんに対する思い入れのようなものがあった事が何となく伝わって来たような気はします。

そう言う意味ではドキュメント作品という位置づけが当てはまるように思えました。

やはり最初の中田氏も貞松さんw

楓さん今まで色々な男優とセックスしてもやはり最初の中出しは貞松さんでしたねw結局のとこ貞松さんが一番セックスの相性が良かったんですね。

その次のイケメンゆうきくんとのセックスもいつものラブラブ感がたまらないです。

どこにでもいるような可愛い感じのするママが旦那以外の他人の精液をいとも簡単に膣内に送り込まれる姿はいつもながらエロいですねw

ハメ撮りがエロかった

演出なのかどうかはともかく、子どもが熱出した話は何だったのか?見てる側からすると、いくらリアル感を出すためと言ってもちょっと萎える。

それが無ければ、存分に堪能できた作品である。

本編はこちらから