【滝川恵理(有沢実紗)】偽射です。 – 悲しみの嫁と義父 密室の愛玩調教 有沢実紗 34歳

本編はこちらから

悲しみの嫁と義父 密室の愛玩調教 有沢実紗 34歳

女優名: 滝川恵理(有沢実紗)

8 責め甘~!!

乳首は男性もあるけど、やっぱ僕にとっては女性のシンボル。

巨乳なのに小さい乳首(それを目立たす大きな乳輪)が好み。

乳首への洗濯バサミ責めを痛がり「取っていいでしょ」と哀願する女がやがてまんびら更にはクリまで挟めるよう調教するのは楽しいですね-更に洗濯バサミからより強力なクリップに。

さてこの作品、鞭打ちの強さは軽く、回数も少ない(オナニーと普通のセックスは長いし)。

「最終人格破壊」観た後では。

また女優さんも34歳には見えない。

やっぱ低評価になららず得ません、このところ多忙だししばらくAVはお休みかな-刺激的な作品にも出会えなかったし。

評価のハードルも今回高くなってたかも。

SM独特のオドロオドロ感が醸し出されていて楽しめたが…

仕事を探しに行くが、資格もなく三十路過ぎた女に仕事は無かった肩を落とす実紗。

そんな嫁に蔵に来るように告げる…すでに一線を越えていた義理の親子。

オナに更ける一人寝の淋しさ。

そして優しい義父。

生きるため、義父に縋るしかないと悟ったかのように、初めの禁断性交から見ると決意したように、蔵で待つ義父に寄添い、膝に乗せられた状態で麻縄や鞭などを握らされ、静かに首輪をされる命令に従い全裸になった実紗は密室蔵から出て、明るい母屋へ犬のように這って行き、縁側で大きな乳房をモミモミ恥部丸出しでチンチンまで晒すが、転んでしまい蔵でお仕置きされる麻縄で緊縛され蝋で焼かれ、バラ鞭や棒で痣になるほど折●されると泣き叫び、けど耐える実紗は見所ですラストは全裸で飼いならされた牝犬になって終えるがパケの紹介文通りに“義父のペットになりたい”と懇願してからさらに厳しいSM展開が欲しかった残念

オススメの一作

色々な有沢実紗の魅力が詰まっている作品。

先ずは、作品の前段の嫁としての振る舞いで、清楚な雰囲気が魅力的。

続いて、鞭で打たれる彼女の悲鳴はホンモノ。

切迫感が感じられ、素晴らしい体当たり演技。

更に、調教後に義父と交わる妖艶な姿。

最後は、犬になった彼女の笑顔の愛らしさ。

有沢実紗ファンにはオススメの一作。

乳房に蝋涙を垂らされ絶叫

義父(日比野達郎)と暮らす未亡人(有沢実紗)。

就職を申し出るが、義父は貌を曇らせる。

孤閨で乳揉み、マンズリ。

義父に「実紗子さんがいない家を想像すると寂しくてたまらないんだよ」と唇を奪われ、乳吸い、クンニ。

正常位、前座位、後側位、屈曲位、正常位で腹射。

就活に失敗。

「あんたは家にいて俺の帰りを待ってればいいんだ」と言い寄られるが、「お義母さんの代わりにはなれません」と逃れる。

土蔵で「俺と女房の思い出だ」と責め具を示される。

首輪を嵌められ、全裸で引き回される。

縛られて蝋燭責めで悶絶。

吊るされて鞭打たれ、竹竿で叩かれてまた失神。

M字開脚で括られ、クリップで乳首を挟まれ、ヴァイブ攻め。

箍の外れた嫁は、自ら舌を絡め、即尺、69し、肛門や足指をしゃぶる。

後背位、後座位、伸脚後背位、後側位、前座位、騎乗位、正常位で胸射。

義父の愛玩犬と化す嫁。

無駄な台詞を排して表情で見せる実紗さんが素晴らしい。

いいからだしている ほんと!

有沢実紗の裸 満載なので彼女ファンにはいい作品いろいろなアングルから見られます緊縛シーンはろうそく程度で ちょっと物足りませんもうちょっとハードでもいいんじゃないかなぁでも 女優さんの頑張りは立派です

偽射です。

偽射 は許せません。

女優さんががんばっているだけに、男優がいくら年配とはいえ偽では仕事をしたとは言えません。

鞭で打っているシーンは、女優さんがアップだけに真偽のほどがわかりません。

全体的に良い作品だけに惜しいですね。

制作サイドの理由で作品の質を落とすと、いくら有名な女優さんを使っても、見る側はそれを見抜いてそのメーカーや男優が出ているだけで購入しなくなりますよ。

手抜きや妥協は必ずバレます。

本編はこちらから