【橘未稀(石川麻矢)】モザイクは・・・ – ノーモザイクおまんこ 2

本編はこちらから

ノーモザイクおまんこ 2

女優名: 橘未稀(石川麻矢)

女優を増やして欲しい

少しアップが多すぎた。

前作のようにもう少し表情とか、全身が見たかった。

前作同様、コスチュームと肉付きが確認できるのは良いができれば、6人ぐらいの構成にして欲しい。

★★★★★★感動の1本★★★★★★

これぞ女体の神秘! 割れ目の両サイドに膨らむ「豊肉の質感」が伝わる!! 「布」に閉ざされた肉芽の妄想を抱きながら初めて射精した時の感覚が蘇って来ます(笑)。

アソコを見たいなら「裏モノ」で簡単に解決しますが、「ギリギリまで露出」ではなく、「限界まで隠す」ことに意味がある! 「究極のイメージビデオ」って位置づけで御覧あれ!!

ちょっとガッカリ!

シリーズの他の作品が良かったので期待したが、女優さんはすごく良いのに他のショボいメーカーにありがちのうるさいバカスタッフが一部のコーナーを台無しにしている。

盛り上がってきたところで気色の悪い声でちょこちょこ出てきてくだらない指示をしている。

そんなこと撮影前に女優さんと打ち合わせしておけと言いたい。

もう1つ辛口の評価をするなら、設定に少し無理があるコーナーと映像の悪いコーナーがあること。

厳しいがシリーズの中では最低の評価としたい。

なかなか

おまんこ好きには、たまりませんな~。

パンティーが、喰い込むにつれて、ピンクの恥肉が盛りあがり、むしゃぶりつきたいですな~。

浴衣のヒカルちゃんは、最高!愛液をたっぷりと垂らして、私の愛液もドピュ。

ただ、喰い込みばかりに感じてしまうのは、演出の無さかな?

表情が良い

表情がよくかなりの物です。

しかし局部アップと言った所から、全体がわかりにくい。

設定は良い

過剰な演出があったり、変なちょっかいが入ったりで、折角の「ノーモザイク」という魅力を引き出せていない。

フェチにはたまらない設定のはずなのに。

この「ノーモザイク」の魅力を引き出さない限り、ただのモザイクのないエロビデオという評価は避けられない。

どういう嗜好を持つ人をターゲットにしているのかが、伝わらないのが、本当に残念。

思わず画面に・・・

思わず画面にむしゃぶりつきたくなります。

ノーモザイクエロエロアングルの連続です。

映像の鮮明さ、的確で多彩なアングル、そして股間アップだけでなく、表情やカリ型フェラを交え、股間をさらにいとおしいものにしています。

ノーモザイク万歳!

微妙

ビジュアル的にはおもしろいと思いますが、何か物足りない感じでした。

女優さんの演技、本気度かな。

ノーモザイク!

モザイクなしはいいですね~パターンはほとんど同じなんだけどそれでもやはりいいですね。

パンティーを思い切り食い込ませるってなんかそそります。

ただ女性は感じるんだろうか?って疑問はなお懲りますが、とにかく楽しめました!

なるほどな

AVも色々な事をやってくるなって思いました。

出演者の質も良いし合格点なんだけど、もう少し女優陣の表情も撮ってくれると良かったのに。

いいですよ。

個人的には、橘未稀さんが、こんなに器用な女優さんであったことは発見でした。

彼女のダンスシーンはかっこいいです。

そしてもちろんいやらしい。

見事な映像だと思いますが・・・

超ドアップのアソコの数々。

思い切り引っ張られたパンティーからはみ出してしまったプックリとした柔肉の豊かな表情を見事にとらえています。

今にもヤラシイ匂いが漂ってきそうな映像に最初引き込まれましたが、最後まで匂いを感じることは出来ませんでした。

潤っていないんです。

顔の表情もアソコも。

糸を引くくらいの潤いが欲しかった。

期待のシリーズなので敢えて辛口の評価をさせてもらいました。

食い込みパンティがいいねぇ

パンティの食い込みが、ほんまたまらんね!こういう作品を捜してたんや!最高や!

うまいこと・・・

上手にやっとるなぁ。

というのが第一印象。

あまり期待していなかったけど、なかなかどうして、興奮しましたよ。

モザイクは・・・

かかってないことは確かなんだけど、かすかにボカシが・・・。

とはいえ、モザイクの薄さは他社とは比較にならないほど薄い。

性器、オナフェチなら全作買いでしょう。

本編はこちらから