【原明奈】すごい濡れ方 – パンツが濡れて透けるほど本気で感じた女は挿入した瞬間にイク

本編はこちらから

パンツが濡れて透けるほど本気で感じた女は挿入した瞬間にイク

女優名: 原明奈

シミが出来ております★

キスや愛撫のシーンがメインですが、彼女はスグ濡れてしまいますね。

パンティにもはっきりとシミが付いてます。

パンティーのパターンも4種類くらいあり、グレー色のシミは必見です。

セーラーも上品で似合っていると思います。

構成が新鮮で楽しめた

・手マンセーラー服姿で立った状態で手マンでの潮噴き後のインタビューで「クリはやばかった」と言うのが良かった・おもちゃ攻めスクール水着姿でおもちゃ攻めでのあえぎと失神するぐらいのイキっぷりが良かった・絡みセーラー服姿で、男の舌を吸い込むようなキス、フェラのねっとりした感じとセーラー服姿のままなのが良く、正常位で挿入されたときの唇の震え騎乗位のあえぎ、最後の唇の震えなどが良かった全体的には絡みは1回のみですが、感じさせるように段階を踏んでいく感じの構成が新鮮でなかなか楽しめました

雰囲気が空回りしてたかな

監督は、つのだまいこ、という女性監督女が“心”から感じている様を撮るのが狙いのようです。

原明奈さんは冒頭のインタビューで「本気で感じるにはコミュニケーションがとれていることが必要」と言っていたが、それを実行しようという企画。

男優と徐々にコミュニケーションを深めさせ、お互い十分に打ち解けてから最後の本場につなげる、という構成です。

残念ながらこの企画の狙いは、成功していないと私は思う。

カラミが男優のアドリブらしく、何か緊張してたというか戸惑ってる感じで、カラミに集中できてなかった。

ライブ感も、生々しさも、本気度も伝わらなかった。

普通のカラミでした。

あとは、何と言ってもカメラが良くない。

女が感じてるところを見せようとするなら、顔アップ、股間アップではなく、“全身をよがらせて感じてる様”を撮ったほうがずっとエロくなるのではないかと思う。

すごい濡れ方

ある意味、こういうのが本当の性感開発なのかもしれないですね。

相変わらず彼女はすぐ濡れてます。

個人的には図書館で、声を我慢してイヤイヤしながらも感じてる姿に萌えました。

本編はこちらから